6/26 (Tue.) Maiko

●ゼロから★
6:00pm – 6:50pm 4 students

●トラベルプラクティス★
7:00pm – 7:50pm 7 students

●パターンプラクティス★
8:00pm – 8:50pm 5 students

最近日が長くなってきて、教室で授業をしていたら西日がまぶしいです!
もう、夏ですね🍨

●ゼロから★

今日は「⑦Whereの回」でした。
疑問詞をゼロからクラスで取り扱う時は、
それぞれの文章が
be動詞の文章なのか、一般動詞の文章なのか
に特に気をつけて勉強をしています。

[be動詞の疑問文]
Where + [be動詞] ~?
~はどこですか?

VELCO is in Osaka. /be動詞肯定文
Is VELCO in Osaka? /be動詞疑問文
Where is VELCO? /whenを使ったbe動詞疑問文

[一般動詞の疑問文]
Where + [do/does/did] + [人(主格)] ~?
はどこで〜しますか?

He works in Japan. /一般動詞肯定文
Does he work in Japan? /一般動詞疑問文
Where does he work? /whenを使った一般動詞疑問文

どこ〜?の質問に答えるときによく使う前置詞も一緒に勉強しておきました。

Where are you now?
– I am in a taxi.
「今どこなの?」
「今タクシーの中だよ。」

Where is the food?
– It’s in the fridge.
「食べ物はどこ?」
「冷蔵庫の中だよ。」

Where are you now?
– I am on the 4th floor.
「今どこなの?」
「4階にいるよ。」

フロアの数え方も簡単な部分だけ触れました。
1st floor
2nd floor
3rd floor
12th floor
11th floor
22nd floor
31st floor

Where is he?
– He is on the couch.
「彼はどこなの?」
「彼はソフアの上だよ。」

●トラベルプラクティス★

今日は
レストランでオーダーする際に、料理の量やついてくるサイドディッシュ等を確認する
というシチュエーションを想定して、それに関連して使いやすいフレーズを学びました。

How big are the portions?
量はどのくらいなんですか?

この聞き方をすると、1オーダーにつきどのくらいの量がくるのかを聞くことができます。
結構海外でお食事をした際、メインよりも大量のジャガイモが来たりびっくりな経験も多いと思うので、おすすめフレーズとして紹介しました!

What does each order come with ?
それぞれの注文に何が付きますか?
※ついてくる – come with A

Is it spicy?
「辛いんですか?」

また、お食事の間に追加オーダなど声を掛けられた際、
どんな返しをすればいいか簡単なものをご紹介しました。

I’m full, thanks.
「お腹いっぱいです、ありがとうございます。」

Enjoy your meal!
Will do!
「お食事楽しんでくださいね!」
「そうします!」

Enjoy the rest of your day!
Thanks, you too!
「残りも一日楽しんでくださいね!」
「ありがとうございます、そちらも楽しんでください!」

こういった呼びかけに対する回答は日本語であまりないので
いざ言われるとどきっとしてしまうかもしれませんが、
その状況に備えて上記の返答をイメージしておけば、必ず自然と返事を返すことができると思います!

●パターンプラクティス★

今日は
「知り合いの癖の話をする」
というシチュエーションを想定して、それに関連して癖を説明するときに使いやすいフレーズを学びました。

学んだフレーズ:
[S] can’t stop ~ing.
~がやめられない。

[S] is always ~ing…
いつも〜している。(※ネガティブな響きで使用されることも多い)

I can’t stop biting my nails.
「爪を噛むのがやめられない。」

He is always tapping his foot.
「彼はいつも足をぽんぽんしている。」

I can’t stop playing with my phone.
「携帯をいじるのがやめられない。」

She’s always rubbing her eyes.
「彼女はいつも目をこすっている。」

身近な動作表現、意外と知らないものも多いですよね。
知っていると状況を説明する際にも言葉が出てきやすいのでおすすめです。
自分が動作をしたとき、「そういえばこれ英語で〜っていうんやったなあ!」
と心で思い出しながら楽しく習得してもらえればいいと思っています💨

Thanks again and I hope to see you very soon!

Maiko🐟

広告

6/22 (Sat.) Maiko

●G1★
11:00pm-11:50pm 3 students
●G1★
12:00pm-12:50pm 7 students
●ゼロから★
13:00pm-13:50pm 3 students

●G1★

今日の1時間目のメイントピックは
間接疑問文」と言う分野を取り上げました。
中でも日常で使いやすい、

Do you know S + V~…?
あなたは〜か知っていますか?

というフレーズをメインに、文法の勉強をしました。

この間接疑問文では、疑問詞以下が
S + V
になるため、通常の疑問文とは違った語順になるところが注意点です✏️

Do you know who he is?
「彼誰かわかる?」
※通常はWho is he?だが、間接疑問文のためhe isの語順。

Do you know where the station is?
「駅がどこかご存知ですか?」

Do you know where I can get a map?
「地図はどこでもらえるかご存知ですか?」

Do you know why he is upset?
「なんで彼が怒っているのかわかる?」

2時間目のメイントピックは
比較級表現を使った
日常でよく使われる「〜したい」「〜がいい」を表すことのできる表現を勉強しました。

I’d rather A than B.
私はBするよりはAしたい。
(I’d = I would)

ポイントは、
ratherの後ろに動詞を置くときは「原型
否定形は「I’d rather not …」であることです!

I’d rather eat spaghetti.
「私はスパゲティが食べたい。」
※意外とpastaはイタリア語だから通じないことも多いですよ!

I’d rather go out than stay at home.
「家にいるよりは外に出たい。」

I’d rather walk than drive.
「車を運転するよりは、歩く方がいい。」

I’d rather not.
「できればしたくない。」

I’d rather stay up late than wake up early.
「早起きするよりは夜更かししたい。」
※stay up late – 夜更かしする
※wake up early – 早起きする

早起きが好きな人、夜更かしな人結構いつも分かれますね〜🌚🌞

●ゼロから★

今日は「⑥Whenの回」でした!
疑問詞をゼロからクラスで取り扱う時は、
それぞれの文章が
be動詞の文章なのか、一般動詞の文章なのか
に特に気をつけて勉強をしています。

[be動詞の疑問文]
When + <be動詞> ~?
~はいつですか?

Her birthday is on 9th April. /be動詞肯定文
Is her birthday on 9th April? /be動詞疑問文
When is her birthday? /whenを使ったbe動詞疑問文

[一般動詞の疑問文]
When +<do/does/did> + <人> ~?
はいつ〜しますか?

They work on Tuesday. /一般動詞肯定文
Do they work on Tuesday? /一般動詞疑問文
When do they work? /whenを使った一般動詞疑問文

※主格(〜は)の人称代名詞

私 ー I
あなた ー you
彼 ー he
彼女 ー she
それ ー it

私たち ー we
あなたたち ー you
彼ら/彼女ら/それら ー they

ゼロからのレッスンでは、人称代名詞が間違っていないかも丁寧に確認し、指導します💨

最後に、When~?の疑問文でよく会話に使用される表現も勉強し、アウトプットの時間も作りました!

When do you usually~?
あなたはいつよく〜しますか?

When do you usually study?
「あなたはいつよく英語を勉強しますか?」

I usually study in the morning.
I usually study in the afternoon.
I usually study in the evening.
I usually study at night.
「私はよく朝に/昼に/夕方に/夜に勉強します。」

朝に、昼に、夕方に、夜に
の表現も勉強しました🌄

「ゼロから」は特に少人数のクラスなので、
何度も同じ文章を忘れた頃に口頭作文してもらいました💨

忘れがちな3人称単数の「s」も細かく訂正し、
ついつい忘れているところを再度確認していきましたね〜!

今の世の中、たくさんわかりやすい英語学習動画や教材がありますが、
自分の気がつかないうちにしてしまう間違い、直接訂正してもらう機会は英会話教室ならではのいいところなのかな、と思っています💭

また「なるほど〜!」と思ってもらえるようなちょっとした便利な表現を持ってきますね💼

Thanks again and I hope to see you very soon!

Maiko🐟

6/21 (Fri.) Maiko

●テーマ別プラクティス★
15:00pm – 15:50pm 1 student
●パターンプラクティス★
16:00pm – 16:50pm 3 students

本日は代講です〜
ご参加ありがとうございました!

★テーマ別プラクティス

今日は顔メインで体のパーツ、またその単語に関連した言葉を勉強しました!

眉毛 – eyebrow
まつ毛 – eyelash
まぶた – eyelid

女性はメイク道具とかで知っている人も多い単語💄
まぶたは、「目の蓋」という言い方で、日本語のまんまです。

lidフタという意味で使えます。

Close the toilet lid when you flush!
「流すときはトイレの蓋を閉めてね!」

This jar’s lid is too tight!
「このビンのフタかたすぎる!」

口 – mouth
唇 – lips
舌 – tongue

「tongue」の他の表現で、
母語 – mother tongue
も勉強しましたね。

What is your mother tongue?
「母語は何?」

季節的に虫にも刺されやすいので、
体のパーツつながりで動作も交えて勉強しました。

蚊 – mosquito
虫刺され – mosquito bites

I have mosquito bites all over my legs!
「足いっぱい蚊に刺されてる!」

Don’t itch.
「掻いたらダメだよ。」

★パターンプラクティス

今日は
食堂で何を買うか、同僚と話をする
というシチュエーションを想定して、それに関連して使いやすいフレーズを学びました。

I want to get a snack at the cafeteria.
「食堂でスナックを買いたいなあ。」

軽食(おやつとか)は
light meal
の他に、snackともいえます。

フライドポテトや、ポテチの言い方も意外と考える機会が少ないので、一緒に考えてみました🥔

フライドポテト
– fries
– french fries
– chips

ポテチ
– potato chips
– crisps

フレーズとしては
I’m going to get~.
〜を手に入れるつもりだ。

I’m probably going to get~.
(高い確率で)~を手に入れるつもりだ。

を使っていくつか口頭英作文してみました。

I’m probably going to stay at home.
「家にいるつもりだ。」

I’m probably going to visit Taiwan this summer.
「この夏は台湾に行くつもりだ。」

I’m probably not going to sleep tonight.
「私は今夜は寝ないつもりだ。」

今日も何か新しい発見があれば嬉しいです!
日常でそう言えばこれってなんて言うのかな?というようなものや言葉を来週も探してきますね📗!

Thanks again and I hope to see you very soon!

Maiko🐟

6/20 (Thu.) Maiko

●G1★
7:00pm – 7:50pm 8 students

●G1★
8:00pm – 8:50pm 5 students

きょうはかなり暑かったですね。
木曜日のお仕事終わり、おつかれの中一緒に勉強をすすめました!
●G1★

1時間目は
「There構文」を使った文章を、可算名詞、不可算名詞に気をつけながら勉強しました。
他の曜日に受け持っているG1よりもアウトプットの多いレッスン中に、there構文はたくさん出てくるのですが、
なかなかぱっと文章を作るイメージがわかないという生徒さんが数名いらっしゃったため、取り上げました。


There is ~. – 可算名詞(単数形)
There are ~. – 可算名詞(複数形)
There is ~. – 不可算名詞


There isn’t (any)~. – 可算名詞(単数形)
There aren’t (any)~. – 可算名詞(複数形)
There isn’t any ~. – 不可算名詞


Is there (any)~? – 可算名詞(単数形)
Are there any~? – 可算名詞(複数形)
Is there any~? – 不可算名詞

anyをつける場所や形についても話しました。
また、教室で実際に使えそうなフレーズも勉強しました!

There isn’t any sugar in the jar!
「砂糖入れにお砂糖がない!」

There aren’t any teabags in the box!
「箱にティーバッグがない!」

There isn’t any hot water in the kettle!
「ポットにお湯がない!」

Are there any mugs?
「マグカップはありますか?」

使えそうな表現も紹介しました。

Is there a bank around here?
「この辺に銀行ありますか?」

2時間目は
「until」「till」の使い方を、日常でも使える表現を使いながら混乱しないように練習しました。

until
~まで ”期間”
◎ある時からある時まで状況が続くこと

by
~までに ”期限”
◎ある時に至るまでの時間のこと

I slept until noon!
「12時までねちゃった!」

I have to finish this by Friday.
「金曜までにこれ終わらせないとだめなんだ。」

I played the piano until I was 12 years old.
「私は12歳までピアノを弾いていた。」
※untilは前置詞以外にも接続詞としての使い方があるため、後ろにS+Vをつづけることができる。

He’s not available until 8.
「彼は8時まで不在(対応できない)です。」
※availableの表現についても勉強しました。

There構文は、いろんな形に変化させて幅広い状況で使えることもあって、
勉強になる部分が多いトピックだったと思います🙂
VELCOで使いやすい表現いっぱいご紹介したので、ぜひ使ってくださいね!

Thanks again and I hope to see you very soon!

Maiko🐟

6/18 (Tue.) Maiko

ゼロから★
6:00pm – 6:50pm 3 students
トラベルプラクティス★
7:00pm – 7:50pm 5 students
パターンプラクティス★
8:00pm – 8:50pm 5 students

●ゼロから★

今日は「⑥Whenの回」でした!
疑問詞をゼロからクラスで取り扱う時は、
それぞれの文章が
be動詞の文章なのか、一般動詞の文章なのか
に特に気をつけて勉強をしています。

[be動詞の疑問文]
When + <be動詞> ~?
~はいつですか?

Her birthday is on 9th April. /be動詞肯定文
Is her birthday on 9th April? /be動詞疑問文
When is her birthday? /whenを使ったbe動詞疑問文

[一般動詞の疑問文]
When + <do/does/did> + <人(主格)> ~?
<人(主格)>はいつ〜しますか?

They work on Tuesday. /一般動詞肯定文
Do they work on Tuesday? /一般動詞疑問文
When do they work? /whenを使った一般動詞疑問文

※主格(〜は)の人称代名詞
<単数>
私 ー I
あなた ー you
彼 ー he
彼女 ー she
それ ー it
<複数>
私たち ー we
あなたたち ー you
彼ら/彼女ら/それら ー they

ゼロからのレッスンでは、人称代名詞が間違っていないかも丁寧に確認し、指導します💨

最後に、When~?の疑問文でよく会話に使用される表現も勉強し、アウトプットの時間も作りました!

When do you usually~?
あなたはいつよく〜しますか?

When do you usually study?
「あなたはいつよく英語を勉強しますか?」

I usually study in the morning.
I usually study in the afternoon.
I usually study in the evening.
I usually study at night.
「私はよく朝に/昼に/夕方に/夜に勉強します。」

朝に、昼に、夕方に、夜に
の表現も勉強しました🌄

●トラベルプラクティス★

今日は
知らない土地で通りがかりの人に銀行の場所を聞く
というシチュエーションを想定して、それに関連して使いやすいフレーズを学びました。

Just keep walking straight!
「(ただ)まっすぐ行ってください!」

It’s just around the corner.
「すぐそこですよ。」
around the cornerすぐそこという意味で使えます。

I need to exchange some money.
「幾らかお金を両替したいんです。」
exchange「交換」「両替の意味があります。

便利フレーズとして、
Will do!
(相手の言葉に対する反応で)そうする!
を紹介しました。
カジュアルな表現で、以下は使えるシチュエーションの一例です🌼

Enjoy your stay!
「滞在楽しんでくださいね!」
– Will do!

Have a nice day!
「いい日になりますように!」
– Will do!

●パターンプラクティス★

今日は
会社に遅刻して、その理由を同僚と話す
というシチュエーションを想定して、それに関連して使いやすいフレーズを学びました。

Sorry, I’m running late!
「ごめん、遅れてる!」
※遅れてる最中電話やメールで相手に言う感じ。

Sorry, I’m late!
「ごめん、遅刻です。」
※完全に遅れた状況で、謝る感じ。

I took the wrong bus.
「間違ったバスに乗ってしまった。」

I got a flat tire.
「タイヤがパンクしちゃった。」

また、フレーズとしては
What’s ~…?
を使った日常的表現を紹介しました。

What’s wrong?
「どうしたの?」

What’s the matter?
「どうしたの?」

この2つの違いとしては、
同じ意味ではありますが説明するとすれば、以下の通りでご紹介しました✏️

What’s wrong?
は「wrong」を使っていることから自分から見て様子がおかしいと思って「どうしたの?」

What’s the matter?
は「the matter」を使っていることから、状況として何があったのかを質問する感じで「どうしたの?」

What’s new?
「最近どう?」

他にも、知っている単語の組み合わせでも、justやusuallyなどの副詞を挟むことで一気に自然な表現にできます。

 

レッスン後の復習は何より大切です。ですが、真面目に英語力向上を目指す方で「自宅での復習時間を多く取ろうと思いすぎて、逆に何から手をつけたらいいか混乱して時間が過ぎてしまう・・・」というお悩みをよく聞きます。

お仕事終わりに勉強される方も多くいらっしゃるので、本当に時間がないことは痛いほどわかります!

そんな方には、個人的アドバイスとして、自分のハードルを少し下げてみて、毎日ノート3行でもいいので、1コマのレッスンから1フレーズだけは覚えると決めたりして、ちょっとずつ続けてみる事をおすすめしています・・・。

それができないから、勉強は大変なので安易なアドバイスですが・・・!

今後そんな悩みを持つ方に対してサポート体制が夏以降どんどん整えられるようVELCOでも計画中なので、是非一緒にがんばりましょう!

Thanks again and I hope to see you very soon!

Maiko🐟

6/15 (Sat.) Maiko

●G1★
11:00pm-11:50pm 3 students
●G1★
12:00pm-12:50pm 3 students
●ゼロから★
13:00pm-13:50pm 1 student

今日は足元の悪い中お越しいただきありがとうございました!
少人数でのんびりした午後でした🌼
途中晴れ間が見えたり、ふしぎなお天気でしたね〜☁

以下は今日の内容の概要です。
復習やクラスの様子見に役立てばうれしいです!

●G1★

今日の1時間目のメイントピックは混乱しがちな
tooenoughを取り上げました。

まずほとんどの方がレッスンで1回は聞いたり使ったりする
副詞のvery、tooの違いとして

very – ポジティブにもネガティブにも強調する表現
too – ネガティブに強調する表現

であることを再確認しました。

日常的に様々なシチュエーションで使われる構文ですので、かなり幅広い表現があるのですが、
まずはいくつかの基本的な表現に絞り、口頭英作文等をして練習しました。

S + V + too + + to ~…
Sはすぎて~…ない。

The shirt was too large (for me) to wear.
「そのシャツ/Tシャツは(私が)着るには大きすぎた。」

S + V + + enough to ~…
Sは~…するのに十分だ。

My son was not old enough to ride a roller coaster.
「息子はジェットコースターに乗る年齢に達していなかった。」

他にも遊園地関連で、身長制限のある乗り物が多いことから
身長の高い/低いの表現の仕方も勉強しましたね。

tall(背が)高い – short(背が)低い

ジェットコースターも、英語では

roller coaster

と表現されますよ!

2時間目のメイントピックは混乱しがちな「どのくらい」「いくら」の表現を
日常会話で頻出する
How much…?
How many…?
に絞って考え、練習しました。
同時に、分けて考えることはできない可算名詞や不可算名詞の話も交えました。

まずはmany, muchについて忘れがちではあるが大切なポイントをみなさんと共有することからはじめました。

many – 可算名詞の量を表す
much – 不可算名詞の量を表す

また、疑問文を作る際に忘れがちなbe動詞、一般動詞使い分けも細かく直しながら、口頭英作文をしました。
(※もちろんこれは文法レッスンなのでできるだけ細かく指摘をしましたが、恐れず話して自分で経験することが何より大切です🌼)

How many days are there in June?
「6月って何日あるっけ?(6月は何日ありますか?)」

How much time do we have for lunch?
「お昼の時間どのくらいあるっけ?(私達はどのくらいお昼の時間がありますか?)」

How much sugar do you need?
「お砂糖どのくらいいる?(砂糖はどのくらい必要ですか?)」

また、食べ物でも可算名詞、不可算名詞を勉強しましたね。
一部紹介します。

可算名詞:
フライドポテト – French fries, chips
ポテトチップス – Potato chips, chrisps

不可算名詞:
チーズ – cheese
アイス – ice cream
サラダ – salad

ブログ内では書ききれませんが、little/fewについても触れ、文法レッスンらしい授業だったのではないかと思います〜

また、疑問文を作るのは難しいと感じられる方も多かったので、
コツとして
①いちど肯定文を作ってみる
②Yes/Noの疑問文を作ってみる
③疑問詞を頭につけてみる
という順に追うことをおすすめしました!

例:
The painting is 30 euros. /be動詞肯定文
Is the painting 30 euros? /be動詞疑問文
How much is the painting? /疑問詞の疑問文

I want milk. /一般動詞肯定文
Do you want milk? /一般動詞疑問文
How much milk do you want? /疑問視の疑問文

慣れないうちはこうすることで、適切な動詞を忘れずいれることができます。
最初はゆっくりで大丈夫です🌼

●ゼロから★
今日は「疑問詞 what」を使った回でした。
これまで勉強して来た、be動詞/一般動詞の疑問文は、引き出せる答えがYes/Noに限られていましたが、
今回勉強した疑問詞を使うことで、もっと具体的な答えを聞くことができるようになります。

ゼロレベルでは、比較的他のレッスンではあまり触れられない、混在しやすいbe動詞を使った文章と一般動詞を使った文章をゆっくり頭で組み立てながらレッスンを進めています。

(be動詞肯定文) Her name is Hanako.
(be動詞疑問文) Is her name Hanako?
(疑問詞を使った疑問文)What is her name?

(一般動詞肯定文) My mother drinks green tea every morning.
(一般動詞疑問文) Does she drink green tea every morning?
(疑問詞を使った疑問文)What does she drink every morning?

最後に、疑問詞の後ろに名詞をつけることで、意味の幅を絞った簡単な質問がたくさん作れますので、いくつか紹介しました。
What color do you like?
What sport do you like?
What size do you wear?
What color do you want?

少人数クラスなので、何度も同じ文章を忘れた頃に口頭作文してもらい、
「文章の組み立てを考えて発言する」
という段階から、
「ひとつの言葉として口で覚えていく」
にしていく努力を生徒さんと一緒にしました。

やっぱりどうしても英語が死活問題にならない限り、アウトプットの機会は限られてしまうので、VELCOにいる間はいっぱい話して、間違いを知って、少しでも成長が感じていただけるようまたレッスンを用意して参りますね!

Thanks again and I hope to see you very soon!

Maiko🐟

5/28(Tue.) Maiko

●ゼロから
6:00pm – 6:50pm 2 students
●トラベルプラクティス
7:00pm – 7:50pm 7 students
●パターンプラクティス
8:00pm – 8:50pm 11 students

今日は蒸し暑く、久しぶりの雨でしたが、明日は晴れるみたいですね🌻
さて、今日のレッスンのまとめです!

●ゼロから

今日は全12回レッスンの最終回、「⑫疑問詞の回」でした!

今日参加の受講者みなさんが全てを順番に受けられたわけではなかったので、ひとつひとつ思い出しながらゆっくり進めていきました。
(※ですので、全12回制ですが途中から参加いただくのも大丈夫です✿)

復習した基本的な考えとしては、同じ疑問詞を使った疑問文でも、それぞれ
・疑問詞 + be動詞の疑問文
・疑問詞 + 一般動詞の疑問文
となることから、意味によって使い分けする必要があることです。

中でもWhoを使った疑問文については、
Who + ~? の形をとるケースについて、理解を深めました。

My mom ate strawberries. /肯定文
「私の母はいちごを食べました。」

Did your mom eat strawberries? /一般動詞の疑問文
「あなたの母はいちごを食べましたか?」

Who did ×she× eat strawberries? /Whatを使った疑問文
「誰が彼女がいちごを食べましたか?」

ここでsheを入れたら、誰が食べたのかを聞いているのに誰が食べたのかを知っていることになるのでおかしい!このため主語に当たるsheは入れません。
同時に助動詞は主語(I, we, they, he, she, we)がないと使うことができません。

答え:
Who ate strawberries?
「誰がいちごを食べましたか?」

レッスン中では他にもいろいろな例文を紹介しながら理屈ではなく感覚も知ってもらえるよう練習をしました!

生徒さんからよく聞く悩みとして、「会話が続かない」は本当に多いですが、
疑問詞を使った疑問文の作り方の基礎をマスターすれば、会話のキャッチボールに重要な質問する力が鍛えられると思いますので、基礎的なことから復習したい方はぜひご参加くださいね〜!

●トラベル プラクティス

今日は
「電話で予約したレストランに変更をお願いする」
というシチュエーションを想定して、それに関連して使いやすいフレーズを学びました。

レストラン予約時のポイント
日本語の場合は、予約は
」の予約ですが、
英語では「seat」のほか場合に合わせて「table」と表現することがあります。

そこで、レストラン予約時のフレーズとして以下を紹介しました!

I would like to book a table for two.
席を2人で予約をしたいのですが。

フレーズとしては以下をピックアップして練習しました。
Is it possible to~?:
〜は可能ですか?、〜はできますか?

Is it possible to change the time?
「時間(今回のケースでは予約の時間)変更はできますか?」

Is it possible to return this?
「これを返品できますか?」

Is it possible to book a table?
「(レストランなどで)席を予約できますか?」

●パターンプラクティス

今日は
久しぶりに会ったの友達との雑談(スモールトーク)
というシチュエーションを想定して、それに関連して使いやすいフレーズを学びました。

●学んだフレーズ
It has been~!:
現在完了形の継続用法

(基本的にはIt has はIt’sと省略されることが多いです!)

現在完了形には様々な意味があり、日本語訳から考えるよりもより使われているシチュエーションで学ぶ方がわかりやすいということで、レッスン中はロールプレイ、発音練習をしながら進めました!

It’s been a long time!
It’s been a while.
It’s been ages.
「久しぶり!」

I can’t believe it’s been two years!
「2年も経ってるなんて信じられない!」

What have you been?
「どうしてたの?」

Nothing new!
「なにもかわらないよ。」

次回のテーマ形レッスンでも、なかなか参考書では扱われにくい日常に近いシチュエーションを持ってきますので、ぜひゆっくり勉強していきましょう〜!

Thanks again and I hope to see you very soon!

Maiko🐟

19/4/19 Friday: 中崎町サテライト教室 F2

F2
19:00 ~ 20:00 4 students
20:00 ~ 21:00 3 students
21:00 ~ 22:00 3 students

2019.04.17 CHIKO (LAST LESSON 24th)

!!!!!! LAST LESSON ON APRIL 24, NEXT WED !!!!!!

こんばんは、CHIKOです。
VELCOには3年以上お世話になり、たくさんの生徒さんに出会ってきました。
本当に良い方ばかりで、レッスンの度にみなさんとお話するのを楽しみにしていました。
いよいよ来週がVELCOでのラストレッスンとなります。とてもさみしいです!!!!!

英会話の楽しさを忘れず、今後も学習を続けていってください。
みなさんに教えてもらったことを糧に、CHIKOもがんばります!

英会話講師はライフワークなので、またどこかのスクールや道端でばったりお会いするかもしれません。その時はぜひ英語で!(笑)話しかけてください。

来週、少しでも多くのお世話になった方にお目にかかれることを願って・・・

Thank you very much and see you next week!

-CHIKO