2/21 Thu (Maiko)

●【G1】

19:00-19:50  2 students
20:00-20:50  3 students

今日は楽しくのんびりレッスンしましたね、みなさん来てくださってありがとうございました!

 

今日は初めにちょっとした情報で、新しい言葉を覚えなくても簡単に使える表現を紹介しました〜

Thank you!

表情のつけ方と、アクセントでいろいろと使えます😀

たとえば、誰かに「こちらこそ!」といいたいシーンが良くあると思いますが、
これはThank you!の「you」を強調して発音することで表すことができます!

私はいつも生徒さんにThank you!と言ってもらえますが、私も来てもらえたことが嬉しいので、Thank ”you”!になるというわけです。

かんたんで、よく聞くフレーズなので使って見てください。
1時間目の文法では、
不定詞の用法で「程度」を表す表現をやりました。

tooにはいろいろな意味があって、

Nice to meet you, too. – 「自分も」の意味

以外にも、

too + <形容詞/副詞>
<形容詞/副詞> すぎる

ただこの場合、基本的にtooは「常識の範囲を超える」というマイナスな意味として捉えられます。

※ただし、日本語でもあえてマイナスな意味を用いた程度を表す表現を使って、いい表現をすることもあるので、絶対ではないのですが・・・!
例:You’re too kind!

2時間目の文法では、
Wantを使った3種類の表現を勉強しました。

ついでに、国の言い方も勉強しました。

I want to eat Thai food.
タイ料理が食べたい。

国名言い方 – 国籍の言い方
Japan – Japanese
Korea – Korean
Romania – Romanian
India – Indian
Turkey – Turkish

オランダはややこしくて、
国名はthe Netherlandsで、国籍はDutchと言います。

Do you want 人 to 動詞?
〜しようか?

May I~? と似たような表現として日常会話で良く使われています。
– Do you want me to drive?
運転しようか?

– Do you want me to leave?
1人にして欲しい?

– Do you want me to pick you up?
迎えに行こうか?

Do you want me to turn off the AC?/heater?
エアコン/ヒーター切ろうか?

簡単で使いやすいので、使ってみてくださいね!
Thank you for coming! Hope to see you very soon!

Maiko🐟

広告

2/19 Tue (Maiko)

●【ゼロから】
18:00-18:50  –  3 students

●【トラベルプラクティス(TP)】
19:00-19:50  –  5 students

●【パターンプラクティス(PP)】
20:00-20:50  –  5 students

こんにちは!
今日は雨の中、レッスンにお越しいただきありがとうございました!
どんなことをやっているか、それぞれのレッスンの内容をお伝えします。

自分の通いやすいレッスンを探してみてください🌷

 

●【ゼロから】

今日は自己紹介のやり方のレッスンを進めました。

まずはよく使われる、「はじめまして!」の言葉

Nice to meet you.
Nice to meet you, too.

の復習をして、思い出してもらった後には

強調の「very」「so」の言葉を足して
It’s very nice to meet you.
It’s so nice to meet you.

少し言い方の違う表現

I’m glad to see you.
をやりました。

また、
ポジティブに「はい!」や「お願いします!」「ぜひ!」と返事する際に便利

Sure!

も発音や使い所の練習をしました。

また、少し発展して
自分の出身地を紹介する方法も紹介しました。

I am from <場所>.
「わたしは<場所>から来ました。」

I was born in <場所>.
「わたしは<場所>で生まれました。」

I was raised in <場所>.
「私は<場所>で育ちました。」

生まれも育ちも同じ場所の時は、

I was born and raised in <場所>.

生まれと育ちの場所が違う時は、

I was born in <生まれた場所> and raised in <育った場所>.

など、決まってよく使われる表現の言い方を紹介しました。

 

●【トラベルプラクティス(TP)】

今日は、レストランでお店の人に不満を伝える方法を勉強しました。

まずは日本語での「クレーム」は、英語のclaimと少し違っていること、また、似たような英単語を紹介して、ボキャブラリーを増やしました!

claim – 請求項目、申請
complaint – 苦情
compliment – 褒める

また、お店の人を呼び止める時に便利なフレーズを紹介しました。

Excuse me, ….
I’m sorry to bother you but …

一番は表情や、言葉のトーンですが、前につけると丁寧な印象になりますよ。

レストランでの不満に対して、丁寧に状況を伝えられるフレーズを勉強しました。

Excuse me, the food was quite cold. Could you warm it up for me?
「すみません、料理が冷めてて・・・。温めてもらえませんか?」

Excuse me, this isn’t what I ordered.
「すみません、これ、注文してません。」

あとは、海外では日本よりもお持ち帰りできる場合が多くあります。
もったいないのでお持ち帰り用の入れ物をもらうのはおすすめです。

I’m so full, can I have a box to go?
「お腹いっぱいなので、持ち帰り用の入れ物もらえませんか?」

 

●【パターンプラクティス(PP)】

パターンプラクティスでは、
日常で無意識によく使うなんか」を表す英語表現を3パターン練習しました。

Something to <動詞>
 → 何かVするもの

Do you have something to drink?
「なんか飲むもの持ってる?」
be something wrong with <名詞(人やもの)>
 →<名詞> に何か問題がある
        <名詞> が壊れている
        <名詞> が何か変

There’s something wrong with my laptop.
「なんかノートパソコンが変。/調子が悪い。」

この表現はモノだけでなく、体調にも使えますよ。
throat – のど
tongue – 舌
back – 背中や腰

something A(形容詞)
 → 何かAなこと・もの

I saw something small and black moving so fast!
「なんか黒くて小さいものが早く動くのを見ちゃった・・・」

パターンに当てはめるだけなので、会話の中でチャンスがあったらたくさん使ってみてくださいね。

 

Thank you for coming! Hope to see you very soon!

Maiko🐟

 

2018.12.8 Saturday Pronunciation Master; Free Talking (F3)

Good evening! Tonight we practiced /b/ and /p/ pronunciation and listening skills.
In Free Talking we discussed the origin of the “power button”, public holidays in NZ and Japan, what students spent their New Year money on as children, and spam mail.

2018.11.30 Friday: 中崎町サテライト教室 F2

FIRST CLASS! ヽ(^o^)ノ woot woot

F2
19:00 ~ 20:00 3 Students
20:00 ~ 21:00 3 Students
21:00 ~ 22:00 5 Students

It’s here! It’s happening! My super relaxing, sit back and enjoy free talking class!
All students curiously coming in the class and what a surprise! All ladies~ 👭👭👭

We starting talking about the new space we got to hold this class with all students full of curiosity. “Is this your house?” “Yes it is~! 😛”, “Why are you doing a class here?” “Are you gonna do more than Fridays?” “Who lives here?”
Wonderful curiosity everyone! ❤ (If your curious, come join our cozy class!)

We started our talk with movies! As the new movie about the band “Queen” is out and I myself really love them. Talking about music, yoga lessons, our favorite places to visit, my experiences of living aboard, travelling aboard and the dangers or no dangers I faced.

Just like that, 3 hours pass by in a flash! 😮
Thank you to those who brought snacks and food to keep the atmosphere fun and lively!
We will have ASIAN NIGHT next week and we will talk about travelling in Asian countries, as well as I’ll be bringing Asian food to get the mood!

Can’t wait for a lesson after a long week! Do stop by!
Thank you! unnamed (1)

♥♥♥ ♥♥♥ ♥♥♥ Biny ♥♥♥ ♥♥♥ ♥♥♥

 

2018.12.1 Saturday:イディオムとボキャブラリー強化&リーディング強化

イディオムとボキャブラリー強化
14:00~15:00  3 students

生徒さんからコロケーション(collocation)と熟語は違うんですか?って質問を頂きました。コロケーションに含まれる範囲は広く、take place のように熟語・連語として扱われる場合もあれば、 take a walk(散歩する)のように熟語とは言いにくい例(慣用的に併用される定番の組み合わせ)も含みます。

Examples of collocation
1.スピーチをする           make(give) a speech
2.散歩をする               take a walk
3.旅行に行く               take a trip / go on a trip
4.朝食を抜く               skip breakfast
5.メモをとる               take a note
6.事故にあう               have an accident
7.日記をつける             keep a diary
8.看板を立てる             put up a sign
9.お金をかせぐ             make money
10.時間がかかる           (It) takes time

このような慣用的に使われる表現は素直にそのまま覚えて下さい。例えば6の「事故にあう」、決してmeet なんかは使いませんので、日本語に囚われずにして下さい。

次に「徐々に~する」という言い回しを尋ねると、生徒さんの中に多い答えは、

「I like ~ little by little」と「little by little」、とかgraduallyという答えが多いと思うのではないでしょうか。これでもネイティブに通じますが、より自然な表現があります。

have / has come to like / love」で「だんだん好きになる」という表現になります。

have / has come to」は「~するようになる」という意味で、始めはあまり好きではなかったものが、徐々に好きになることを表す場合によく使う表現です。

I’ve come to like Velco.(私はだんだんVelcoがすきになった)このように使います。

このように表現すると最初は英語が嫌いだったのが、徐々に英語が好きになったというニュアンスになりますし、ほかにも動詞と組み合わせることで、いろいろ使うことができます。

・I have come to appreciate ~(〜をだんだん感謝するようになった)

・I have come to realize ~(〜にだんだん気づくようになった)

・I have come to understand ~(〜をだんだん理解するようになった)

・I have come to believe ~(〜をだんだん信じるようになった)

・I have come to know ~(〜をだんだん知るようになった)

よく使われる表現で、かつ色々なシチュエーションで使えるフレーズなので、ぜひ「have / has come to」という表現も活用していきましょう!

 

リーディング強化
15:00~16:00  2 students

今日は”My first fast.”というタイトルのエッセイを読みました。「私の初めての絶食」という初めて経験した4日間の絶食とその後の感想を書いたエッセイですが、中々興味深い内容でした。

Vocabularies of the day:

Nutrition(栄養)、fasting(絶食)、negative effects(マイナス効果), processed food(加工食品), easy or extreme(簡単なのか徹底的なものか), supportive(協力的な), skeptical(半信半疑な), sip(すする、チビチビ飲む), torture(拷問), devour(むさぼり食べる、ガツガツ食べる), growl(グーグー鳴る), surreal(現実離れした), gobble down(ガツガツ食べる), mounds of food(山盛りの食べ物), witness(目撃する)。

注)( )内の日本語は当エッセイ文中にて使われている意味で表記しています。

レッスン後生徒さんと雑談したのですが、英語、英会話を学びに来る事自体が目的化してしまっているとの自戒でした。本来コミュニケーションの道具の一つである英語を習得し、その英語で何を語る、若しくわ何に使うのかが本来最も大切な事じゃないでしょうか? 目標は高くもって頑張りましょう~! Good luck!

See you next Saturday.

 

 

2018.12.1 Saturday Pronunciation Master; Free Talking (F3)

Pronunciation Master 17:00~17:50 (5 students); Free Talking 18:00~18:50 (6 students); Free Talking 19:00~19:50 (7 students)

Hi everyone! In pronunciation class tonight we worked on /ck/ and /g/ phonemes, and tested each other’s ability to catch them correctly in sentences read aloud.
In F3 class tonight we discussed childhood games such as bull rush, knucklebones, and similar games and toys in Japan. We also “put on our tinfoil hats” to share conspiracy theories!

2018.12.1 Saturday : G1

14:00-14:50 3 students

“leave”

leave me alone

leave the office / ;eave office

leave a message

leave me alone!

leave it to me

 

15:00-15:50 3 students

“work”

Don’t get worked up

work out

work on

work overtime

 

Best Regards

CHI

2018. 12. 1. Saturday: TOEIC 800

11:00~11:50 1 student
12:00~12:50 2 student(★1 trial student)

<Listening>

耳慣れている
“How much does it cost ….?”
は、”does”を “will” や”would”に置き換えられている
場合が多くあります。
意味に違いはありませんが、すこしスマシタ表現です。

<Reading>

過去進行形は、単純に現在進行形の過去バージョンでしょうか?
次の文章を読んで、じっくり考えてみて下さい。
When my sister opened the door, I was studying.
ドアが開かれるのは一瞬で完結する行為、学習は、それ以前に
始まりドアが開かれた時にはまだ続いています。
過去進行形の示す所は、行動の持続時間の(ある程度の)長さです。
では、次の文章は?
While I was watching TV, my brother was sleeping.
この場合は、二つの異なる行動が同時進行していた事を表しています。

Thank you for you attendance!
See you shortly<3

2018.11.25 Sunday: テーマ別プラクティス、発音マスター、F2

テーマ別プラクティス
12:00 ~ 13:00 3 Students

Our topic today was at the airport ✈

What do you see at the airport?
Check-in counter, check-in kiosk, baggage check, security gate, screening area, ticket agent, arrival and departure monitors, life vest, oxygen mask, etc

What do you do at the airport?
Check-in, show, go through, board, find, stow/store, fasten, turn off, turn on, take off, land, claim, etc

We practiced conversation at the immigration;

Immigration officer: Hello, may I see your passport please?
Passenger: Here you are.
I.O: What’s the purpose of your visit?
P: On business, on holiday, here as a student, visiting a friend, etc
I.O: For how long are you here for?
P: For 5 days, a week, 3 months, etc
O.I: Where will you be staying?
P: At ____ hotel, at my friend’s, with my home stay family, etc
O.I: Thank you.
P: Thank you.

発音マスター
13:00 ~ 14:00 5 Students

We did a warm up with “ai” pronounce.

Then we practiced “ay” sound. Such as;

-Pay -Day -Today -Lay -Stay -Stray -Gray -Way -Anyway

We made fun sentences using these!

F2
14:00 ~ 15:00 5 Students
15:00 ~ 16:00 5 Students

I was in Seoul Korea for 5 very cold days! Everyone was so curious!
So everyone took turns and asked me a question (while we eat Korean snacks) about my trip and what I felt about the city, people, environment, atmosphere, fashion and of course food. 💛

We discussed the differences between Japan and Korea which lead to my experience visiting aboard and living in other countries. Always be careful going somewhere new!

Thank you for your wonderful questions and interest to my trip stories.

-Biny ♥

 

2018. 11. 30. Friday: TOEIC 600

19:00-20:00: 4 students
20:00-21:00: 6 students

Thank you for coming!

今日のポイントは「多読」と「精読」です!

よく、「多読は何をどのように読めばいいのか」という質問をいただきます。、

確かに難しい部分ではありますが、基本的には「自分より少しレベルが上の文章を、できるだけ辞書にたよらずにとにかく読む」ということが重要です。どうしても辞書を使って読み進めていってしまうとだんだん飽きてきてしまいますし、文章の中の知らない単語を文脈から推測するという力がつかないので、とにかく読まれることをおすすめします。意味は文脈から推測して、もしどうしても気になるようであればどこかにメモだけしておいて、あとで調べることをおすすめします。多読の目的はとにかく大量の英文をインプットするということなので、あまり細かい点を気にしすぎるよりは、どんどん読み進めていったほうが良いです。

精読については授業でも扱っているとおり、正確に英文を解釈していくという練習です。どうしても英語を読んでいて複雑な文章に出会うと、知っている英単語と今までの経験などから自分なりの解釈をしてしまいがちですが、実際に分析して意味をつかむと全く自分の思っていた意味と違ったということが多くあります。なので、できれば先入観を持たずに、主語は何か、動詞はどれか、目的語は何か、何が何を修飾しているのかという細かい点を辞書を片手に調べて、飽くまでも「英語に身を預ける」という感覚で解釈していくことをお勧めします!

Kaz