2016/08/31 Wednesday トラベル英会話 パターンプラクティス

19:30~20:20 3 students

20:30~21:20 6 students

一回ブログ書いたのですが、なぜか表示されませんのでもう一度書きます。おこです😤(笑)

First of all, I’ve got to say thank you for coming to my classes this month even though I was just a replacement of Taka sensei!

一ヶ月間タカ先生の代講をさせて頂くことで沢山の生徒さんに会うことができました。皆さん来ていただいてありがとうございました!

9月からは日曜にBFも担当するので是非来てください!😊

トラベル英会話

今日はホテル編をやりました。

チェックインのフレーズやWi-Fiについて尋ねるフレーズをシェアしてみました。

Ex)

I’d like to check in. I have a reservation.

予約をしていてチェックインしたいのですが。

What time is checkout?

チェックアウトは何時ですか?

Is there a free wifi?

無料のWi-Fiはありますか?

How do I connect it?

どうやって接続しますか?(パスワードはなんですか?)

Wi-Fiは非常に重要なアイテムなのでしっかりと抑えときましょう(笑)

パターンプラクティス

今日はフレーズを3つシェアしました。

1.way too ~(形容詞)

「あまりにも〜すぎる」と言う意味です。

Ex)

these shoes are way too expensive for me.

この靴は私にはあまりにも高価すぎる。

2.the best~ I’ve ever __

今まで__した中で一番〜だ。

Ex)

this is the best movie I’ve ever seen.

これは今まで見てきた中で一番いい映画だ。

3.you can still make it.

「まだ間に合うよ」と言う意味です。

Make itが「間に合う」と言う意味になります。

So again, thank you so much for coming.

How was that??

I hope you guys enjoyed it.

I’ll see you soon.

Ciao!

Sohshi

 

 

広告

2016.8.31. Wed: SSB

18:30-19:30 (4students)
19:30-20:30 (4students)

Thank you for coming today again♪
Lately we have a few students, so little bit silent here…. Miss my every students always!

最近は忙しいみたいでお会いできる方がバラバラですが、また色々な生徒さんとお話しできること楽しみにしています(^◇^)

今日は主に(2時間目)過去完了の継続について勉強しました。

①継続(今までずっと)

(例)I have studied for two hours(アワーズ).  私は2時間ずっと勉強している。

【「継続」の文で使う語句】

for :~間
since:~以来、から
How long ~:どのくらいのあいだ

(否定文)I haven’t studied for two hours.
(疑問文)How long have you studied ?
Have you studied for two hours ?
(答え) Yes, I have. / No, I haven’t.

 

来週からはSSB全クラス共通教科書を使って文法強化になっていきます♪
みなさんで楽しみながらも有意義な時間になるようKaeがんばります♪

2016.8.30 Tuesday : 発音マスター・パタプラ

パタプラ 19:00 ~ 20:00 5 STUDENTS
発音マスター 20:00 ~ 21:00 4 STUDENTS

★パターンプラクティス★

今日は、典型的に使える5つのフレーズをした後に、
それぞれについて皆様に例文を作って頂きました!

don’t you think/skip/have a day off/mondays
などがその他出てきた単語です!

★発音マスター★

今日はWarm up でpoem を読んでもらいました!
その後には5 sentence で自分をdescrive してもらい、
イントネーションに気をつけてもらいながら読んで頂きました!
最後にRとLの発音をご紹介しました。

Looking forward to seeing you soon 💕

Satoko

2016. 8. 31 Wednesday : SSB and パターンプラクティス

SSB
13:00~13:50 5 students
14:00~14:50 6 students (★1 trial student)

<位置を表す前置詞 in, on, at>

<<in>>
•How many people are there in the house?
まずは、単純に家という入れ物の中に存在する意味から。

•John is in high school.
「高校に在学中です」
学校という場所に属するという視点で見るとしっくりきますね。
少し似た感じで↓
•Janet is in bed.
「就寝中です」

<<at>>
•John is at the door.
「玄関にいる」玄関を一点と捉えています。

•Helen is at her desk.
「勉強中です」
机で行う行動と言えば、仕事や勉強ですよね。

•Janet is at work.
具体的に仕事という言葉を出す表現もあります。

<<on>>
何かに面を接してのonを使って↓
•John is sitting on the floor.
「床座っている」

•His bed room is on the second floor.
「彼の寝室は二階ある」

•The novel is on the bookshelf.
「小説は書棚あります」
inを使ってしまいそうですが、onが好ましいです。

パターンプラクティス
15:00~15:50 4 students

•That sounds like a fun idea.「楽しいアイデア(に聞こえる)だね」
thatを端折って
•Sounds like you had great fun.
だと、もっとコナレタ感じですね♪

“He is out of sorts.”「彼は機嫌が悪いよ」
Doesn’t sound like him.”「彼らしくないね」
というフレーズは使えます!

•I’d like something cold, like soda.
前述のlikeは、would like=欲しいのlikeですが、
後述は、「~のような」の意味です(‘ω’)

Thank you all for your attendance!
See you next time.

2016.8.31. パターンプラクティス

14:00-15:00 (4 students)
15:00-16:00 (3 students)

I put this blog this late again…
Last Saturday, we didn’t have that much people so we kinda had fun with a few students!

 

土曜日は、使えるフレーズを勉強しました。

1.Disgusting! (不愉快だわ!)
2.Enough is enough! (もうごめんだわ!)
3.Excellent! (すばらしい!)
4.I’m disappointed. (がっかりしました)
5.I’m embarrassed. (恥ずかしいです / 困りました)
6.It doesn’t make sense. ([話の]筋が通らないわね)
7.It doesn’t matter. (気にしないで / 大したことじゃないわ)
8.It touched me. (感動しました)
9.It’s a waste of time. (時間の無駄だわ)
10.It’s depressing. (ユウウツだわ)
11.It’s not fair! (ずるい! / 不公平だわ!)
12.That’s impossible. (そんなことありえないわ)
13.That’s ridiculous. (バカバカしい)
14.That’s silly. (バカげてるわ)

などなど!ぜひ覚えていきましょう♪
See you next time♪

2016.8.27 Saturday : 発音マスター・リアルな日常英会話

発音マスター 14:00 ~ 15:00 6 STUDENTS
リアルな日常英会話  15:00 ~ 16:00 8 STUDENTS

更新したと思っていたら、してませんでした!!
何ででしょう…。笑

★発音マスター★
授業では、X とHの発音をした後、
「4行エッセイ」として、What’s your ideal summer vacation?
というお題でみなさんに自分の思っていることを英語で表現する練習をしてもらいました!
イントネーションにも気をつけて頂いて、何度も声に出して練習していただきました。

★リアルな日常英会話★

今日のテーマは体のパーツと体が入っている表現をご紹介しました!

all ears: fully listening
cost an arm and a leg: be very expensive
get something off one’s chest: tell someone your problems
give a hand, lend a hand: help someone do something
head start: an earlier start
have one’s head in the clouds: be unaware or unrealistic about something
keep an eye on: take care of, watch in order to protect
learn by heart, know by heart: memorise
lips are sealed: promise to keep a secret
sweet tooth: a love of sugar or sweet things

Looking forward to seeing you tmrw:) 💕

Satoko

2016.8.30 (Tuesday) Free talking.

Free talk             – 7 ~ 8pm. = 1 student.

Free talk             – 8 ~ 9pm. = 1 student.

Free talk (star) – 9 ~ 10pm. = 0 student.

A quiet evening, as only one student attended. In the first class, we looked at different ways of expressing feelings of excitement, or anticipation, and also our likes and dislikes. In the second class, Mr. H. asked me to check some ‘3-lined, titles’ for his medical research papers, but I’m afraid I may have been of little help, as the technical words, were beyond my understanding! We also talked about what we liked to look at on the computer, and he told me about a Chinese social network on the internet, and about some popular websites for English students in China. Here are some of the things we looked at this evening…

Cruel (adjective) = If someone is ‘cruel’, he/she enjoys causing pain to other people, or animals, or enjoys making them unhappy, or upset. eg. [A] A cruel parent, boss, teacher, etc. [B] (Cruel to)..The class bully was often cruel to the weaker kids, who couldn’t defend themselves.

Layman (noun) = [1]  Someone who is not trained to a high or professional standard, in a particular subject. eg. He asked me to check his scientific  research papers, but being a layman, I didn’t understand much of the vocabulary. [2] (In layman’s terms) = in words that someone, who is not an expert, can understand. eg. “I don’t understand..can you explain that to me again, in layman’s terms?”

Learning curve (noun) = The rate at which you learn something. (a steep learning curve) = when you have to learn something complicated, in a short period of time. eg. Because he spent six weeks in hospital, he joined the class in mid-term, so he had a steep learning curve, to catch-up, to the same level as his classmates.

Phrases
‘Can’t stand someone/something’ = Used for saying that you really dislike someone, or something. eg. [1] I can’t stand Japanese natto. [2] He can’t stand his girlfriend’s mother. (Can’t stand doing something) eg. She can’t stand commuting during the rush hour. (Can’t stand the sight of something) eg. She can’t stand the sight of blood.

‘Thrilled to bits about/with something’ = Extremely pleased and excited about something. eg. The elderly couple were thrilled to bits with their new grandchild.

‘On the edge of your seat’ = Very excited and interested in something, because you want to know what happens next. eg. The new ‘Indie Jones’ movie kept me on the edge of my seat, from beginning to end.

Enough for today. Mr. H. Thank you so much for coming. See you next time! Rita.

 

2016.8.30 Tuesday: BF,★BF

BF

18:30-19:30 3 students

19:30-20:30 6 students

★BF

20:30-21:30 4 students

Thanks for coming today!

Today, we talked about having to wait in line for lunch, and other cultural differences among countries.

Today’s phrase:

Do you have a table for two? 「二人ですが入れますか?」と空席を確認するとき。

 

次回もお願いします!

2016.8.29 Monday: SB&TOEIC800&リアルな日常生活英語

SB
14:00~15:00 2 students
15:00~16:00 2 students

※2週間前の水曜SBと同じ内容です

今日はget to~に焦点を置いてみていきました。

How can I get to the station? 駅にはどうやって行けますか?
I got to VELCO on time. VELCOに間に合った

これらは、皆さんがおそらく一番よく使っている、「着く」という意味での使い方です。
同じように「行く」と訳されることが多いgo to~、get to~の
感覚的な違いはとても大事ですので、ちゃんと押さえておいてくださいね!

I‘ve got to see the new movie. 新作の映画見なきゃ
I gotta go. もう行かなきゃ

I have got to~=I’ve got to~=I gotta~
という風に省略されることが多いですが、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

こちらは「しなきゃいけない」のhave to~とほぼ同じ意味と捉えて大丈夫です。

※I gotta~とI got to~の意味は全く違いますので、発音に要注意ですよ!

 

さて、今日の本題

I got to see the new movie. 新作の映画を見ることができた
I got to meet a lot of people at the party. パーティーで色んな人に出会えた
I get to travel a lot with my job. 仕事のおかげで色んなところに行ける

これらは全て「できる」というニュアンスを持っていますが、
ただのcanとは違います。

今日来られていた皆さんならきっとわかりますね♪

I never get to go first. 私が一番になることなんてない
I met the president, but I didn’t get to shake hands with him. 大統領と会えたけど、握手はできなかった
Did you get to see her? 彼女には会えた?

否定文、疑問文でももちろん使えます。

今日は2人という少人数だったということもあり、
かなりじっくりみていくことができたかと思います!
ありがとうございました~!

 

TOEIC800
19:30~20:30 1 student

大雨のせいか、マンツーマンでした~。

The weather is terrible,
but actually I got to hear some great news which made me very happy!!
Congratulations!!
マンツーだったからこそ聞けた話だと思いますが笑、
こっちまで幸せな気分になれましたありがとうございます♥

ほとんどその話で終わってしまいましたが、一応Part7のトリプルパッセージも解きました!

 

リアルな日常生活英語
20:30~21:30 6 students

こちらのクラスは大雨にもかかわらず、たくさんの方が来てくれました!
Thank you for coming in this rain!

今日は先週に続き、Medicationをテーマにみていきました。

そういえば、日本と欧米では「風邪の治し方」の考え方が結構違います!
日本では、
・gargle
・don’t take a bath
・keep warm
などなどがありますが、
欧米では、
・take a bath
・eat chicken soup
・drink tea with honey
となるわけです。

こういう文化の違いを知ることって、本来大事だと思うんですよね~。
別に優劣をつけるとかではなく、他を知らないといつまで経っても自分のモノサシで物事をはかりがちです。
そもそもどうしてそういった感覚が違うのか?改めて考えてみると面白かもしれません。

ちなみに、なぜ欧米人は風邪をひいたときにお風呂に入るかというと、
逆に普段入らないからですw

今日は症状を言って、それに対する適切なお薬を勧めてもらったり?の
エクササイズもしました。

A: I can’t stop coughing.
B: You should take some cough syrup.

A: I got bitten by a mosquito and it’s getting itchy.
B: You should apply some anti-itch cream.

私はこの夏かまれまくってるので(今も)、
anti-itch creamが手放せないです!!

 

2016.8. 29 Monday:SSB

7:30pm ~ 8:20pm  3 students
8:30pm ~ 9:20pm  6 students

今日、お疲れ様でした。今日は復習の授業なので、随分内容が多くてしんどいと思いますが、皆さんよく頑張りました。ありがとうございました。

まず、今まで勉強した単語について復習しました。fruits と animalsに関する単語と日常会話よく使われる表現を頭に押さえておいてください。そして、形容詞は日常生活でも使い頻度が高いので、頑張って覚えてください。形容詞を覚える時、その反対語も一緒に覚えてください。最後に名詞の複数形のルールについてです。一般的な名詞はsを付けます。s,ss,sh,ch,o,xで終わる名詞は語尾にesを付けます。子音+yで終わる名詞はyをiesに変えます。母音+yで終わる名詞はそのままsを付けます。fかfeで終わる名詞はfかfeをvesに変えます。不規則変化の名詞は特別なので、そのまま覚えてください。

覚えるものがたくさんあるので、大変ですが、頑張ってください。では、またね!^^