2016. 8. 31 Wednesday : SSB and パターンプラクティス

SSB
13:00~13:50 5 students
14:00~14:50 6 students (★1 trial student)

<位置を表す前置詞 in, on, at>

<<in>>
•How many people are there in the house?
まずは、単純に家という入れ物の中に存在する意味から。

•John is in high school.
「高校に在学中です」
学校という場所に属するという視点で見るとしっくりきますね。
少し似た感じで↓
•Janet is in bed.
「就寝中です」

<<at>>
•John is at the door.
「玄関にいる」玄関を一点と捉えています。

•Helen is at her desk.
「勉強中です」
机で行う行動と言えば、仕事や勉強ですよね。

•Janet is at work.
具体的に仕事という言葉を出す表現もあります。

<<on>>
何かに面を接してのonを使って↓
•John is sitting on the floor.
「床座っている」

•His bed room is on the second floor.
「彼の寝室は二階ある」

•The novel is on the bookshelf.
「小説は書棚あります」
inを使ってしまいそうですが、onが好ましいです。

パターンプラクティス
15:00~15:50 4 students

•That sounds like a fun idea.「楽しいアイデア(に聞こえる)だね」
thatを端折って
•Sounds like you had great fun.
だと、もっとコナレタ感じですね♪

“He is out of sorts.”「彼は機嫌が悪いよ」
Doesn’t sound like him.”「彼らしくないね」
というフレーズは使えます!

•I’d like something cold, like soda.
前述のlikeは、would like=欲しいのlikeですが、
後述は、「~のような」の意味です(‘ω’)

Thank you all for your attendance!
See you next time.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中