2016.9.28.Wed:SSB

18:30-19:30 (4students)
19:30-20:30 (4students)

Thank you for coming♪
教科書使って2回目の授業でしたがなんとか達成できました!笑 よかった~!
今回のテーマで特に注目したのは助動詞の”should” “might” “have to”などです。

授業中でも質問があったのですが、might とかwould の使用方法についてです。

確率的には(仮定法)などで過去形を使うのと同じ感じでおそらく~だろうというニュアンスが強くなります。

I may go. 行くことができる・たぶん行くよ (どちらか曖昧)
I might go. たぶん行くよ!

となります。

Mayにはcanと同じような意味を含みますが、mightはcanの意味は含みません。
過去形なのに間違いはありませんが、意味は異なっていることを注意して覚えましょう。

しかし、みなさん文法や会話練習をしていると

「あれ?習った文法と違う。。。。」と思うことがあると思います。
やはりネイティブスピーカーの感覚があるために必ずしもこれ!という説明が難しいのもあります。
なのでたくさん話す機会を増やしてくせづけてしまうことも大事です!

みなさんで頑張りましょう(´・ω・`)
See you next time!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中