2017. 9. 30. Saturday: SB

14:00-15:00: 6 students
15:00-16:00: 4 students

今日は一時間目は、have something -edの表現を、二時間目はwhereという関係副詞の使い方を学習しました!

have something -edのという表現は、「~を・・・してもらう」という意味です。例えば、車を直してもらう、はhave one’s car fixedという風に言います。have something checked out で、お医者さんに~を診てもらうという意味にもなってよく使われるので、覚えておくと便利ですよ!

このhaveを使った表現は、人になにかをしてもらうという表現です。なので、I had my hair cut.というと、髪を切ってもらったという意味ですが、I cut my hair.というと自分で自分の髪を切ったという意味になります。散髪をするという表現はhave a haircutという表現で、かなりよく使われます。

二時間目は、whereという関係副詞を学習しました!
みなさんが知っているwhereという単語はどこで~という疑問詞だと思うのですが、この関係副詞という用法でwhereという単語を使うと、「~の場所」という意味になります。

Do you know where I can get a cup of coffee?コーヒーを買える場所を知っていますか?

That is where I used to live. あれが私が昔住んでいた場所です。

このようにwhereのあとに主語・述語を続けて使います。
このwhereの使い方はよく出てくるので、ぜひマスターしてくださいね!

Anyway, thank you for coming!

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中