2/27 Wed. (CHIKO)

G2
7:00pm – 7:50pm 5 students
8:00pm – 8:50pm 1 student

久々のブログです。色々あってまた更新できるようになりました。
毎回更新できるかは不明ですが、できる限り書いていきたいなと思います。

今日は珍しくBoysなクラスでした。ハーレムというやつです。

★今日は、過去完了について★

これを理解する上で必要なのが、現在完了の感覚をマスターすることです。

I finished work.

過去形のポイントは、

①現在とのつながりがない。
②過去のある出来事について話したい。

この人が話したいのは、「仕事がおわった。」ということであり、この文章単体ではそれ以上の意味はありません。意識は、過去の出来事に向いています。

I’ve finished work. (Does anybody want to have beer with me?)

現在完了のポイントは、

①過去のある出来事が「今」につながっている。
②注目してほしいのは、過去ではなく「今」

大事なのは、現在完了の「仕事おわった~!」は、現在の話がしたいための前振りだということ。「仕事おわった~、(どっか飲みに行く?)」とか「仕事おわった~、(さぁ帰ろっと)」のような気持ちが隠れています(その気持ちを言うか言わないかは別として)。この人の意識は、現在に向いているのがわかります。

この【過去——–現在】セットをそのまま後ろへスライドさせたのが、過去完了です。
【過去——–過去】セットです。過去にもいろんな過去がありますね、例えば5年前と1年前とか。これを過去としてひっくるめて過去形でももちろんOK。だけど仕事終わったから→飲みに行く(過去→現在) と同じで、仕事終わったから→飲みに行った(過去→過去) とある行動が、次の行動につながる感じは過去の出来事でももちろんあるわけです。つまり過去の様々な出来事をまるっとひとつかたまりに表現するのではなく、過去の中でも奥行きを出して時系列で説明できるのが過去完了なんです。

I had finished work. (so I went out for a drink with my colleagues.)

過去完了のポイントは、

①過去のある出来事が、「過去の別の出来事」につながっている。
②より注目してほしいのは、手前にある方の過去

「仕事が終わった」は、過去完了形なのでただの過去形よりももっと後ろですね。現在からみると一番距離が遠い。それより手前にあるのが、「飲みに行った」。どちらも過去形にすると現在から同じ距離になり、話の本題はどちらなのかはっきりしませんが、大事な方を手前に、その前振りをより奥に持っていくことで、どこに飲みに行ったの~?とスムーズにこれから話したいピンポイントの過去へ話し相手を連れていくことができます。

上達のカギは、ルールを言葉で覚えないこと。
過去完了は、大過去でどうのこうの~ってなると難しくて、実際の場面で使えません。
実際に話したい出来事を頭で思い浮かべてみて、それを時系列の線の上にひとつひとつ点で並べていくイメージ、そしてその点と点をつなぎたくなったら、そこは現在完了や過去完了の出番だ!と思ってください。

以上、CHIKOでした。
皆さん、お疲れさまでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中