9/14 Thursday BF

1930-2030 8students

2030-2130 7students

本日は、クラスの数が少なかったこともあり、多くの方に参加していただけました。

ありがとうございます。

さて、今日も最近話しているクイズのところから話を始めました。

このクイズの形式って単純に参加者が楽しめるものであり、質問する側、説明する側

と別れることで互いの役割も自然とできてきますよね。 そこで様々な話し合いをしてもらうというのが目的です。 会話に必要なのがイエス、ノーだけでは終わらない、会話かと僕は思っています。 なので、質問を繰り返していくというのが会話には必要不可欠だと思っているのでとてもいいかなと思っています。

2時間目は、カナダに実在するモバイルカンパニーの例を使って

そこに来店した人と、そのアイテムを紹介する側に分かれてもらいました。

 

お客様に何かを説明してもらい、納得してもらうためにはやはり話し方に説得力があり

かつ、お客様のニーズを聞き出す必要があるのでここでもたくさんの質問をしてもらいました。

自分の要望に合うものかそうでないのかを考えるときに英語でそれを説明されると

分からないのに イエスと言ってしまう人がとても多いですが、契約ごとなどの時はしっかり

理解する必要があります。 なのでたくさん質問をして、自分のいいたいことを言えるようになれれば最高ですね!

それでは、また楽しいクラスを目指していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

広告

9/7 Thursday BF

1930-2030 4students

2030-2130 4 students

 

こんにちは。

今日は天気が悪い中、来ていただきましてありがとうございます。

今日は先週に引き続き、クイズをしてみました。

これは先週もちょっとしてみたのですが、狙いは 質問を英語で的確に言えるか。

あとは、奇想天外なトピックを出していくのでそれをどう表現できるか

というところですかねー。

 

会話は質問から始まると僕は思っています。 特に相手との間柄がそんなに深くないときはなおさらです。 相手にどのような質問をしていけば相手のことを知れるのか。

それだけではなくて、自分は○○だからあなたはどうですか? といった内容であれば

相手も、答えのテンプレートを知ることができて答えるのが楽ですよね。

 

よく、「英語でこれってなんて表現するんですか?」と僕は聞かれます。

それをクラスの中でバンバン言ってもらえれば、あなたの疑問が氷解すると思います。

 

また、クイズは聞くだけではなく、頭を使う体操と思ってくれたらいいので楽しんで取り組めると思います。

ぜひ、また取り組みたいと思います!

ありがとうございます。

 

8/31 Thursday BF

1930-2030 4students

2030-2130 3 students

 

こんにちは。

今日は新しい取り組みをしてみました。

実は先週も少ししてみたのですが、 AとBに分かれてお互いで意見を言ってみる!

というものですね。 これを取り入れてみた先週ですが、今週はそこに一工夫して

自分とは反対の意見のある人にインタビューをして、それを発表してもらうというのを

してみました。

一人ずつの生徒さんの発言の時間、回数を多く持てればいいかなと思っている取り組みです。

やはり、北米の人と違って自分からバンバン意見をいうというより、従来のスタイルに

合わせて、そして発言回数を増やしてあげたほうがいいのではないかなというところからこうした感じにしてみました。

後半のクラスはというと、 クイズ形式にして僕が用意した題目をいろいろなヒントを出しながら正解を導いていくというものをしました。

問題を出す人に対して、質問をする人の数が多く、自然と質問の回数が増えていくのが

特徴です。

楽しみながら、みなさん参加していただいたのであっという間に終わりましたが

また今度もしてみたいと思います。

また新しい月、英語を楽しんでいきましょう!!

8/24 Thursday BF

1930-2030 5students

2030-2130 4 students

本日もとても暑い中来ていただきありがとうございます。

夜でも暑くて大変な日が続きますね。。

 

さて、本日はAかBかに分かれての意見を出してもらいました。

例えばですが、大きな車と小さな車を選ぶ権利があるとして

どちらの車を選びますか。そしてその選んだ根拠は何ですか

という内容の物でした。

実際、2択のみならず何かを選ぶときというのは根拠が必ずあるはずで

その根拠を相手にいかに伝えるかというのもコミュニケーションの重要な要素です。

 

海外に滞在してまだ間もないころは、本当にこういった意思を伝えるというのは躊躇してしまいがちですが、 日本の人以外は意思を相手に伝えることに慣れていると思うのでちゃんんと白黒伝えてくれますが、どうも日本の人というのはそういったところが初めは苦手ですね。

相手を敬ってみたりした結果、あいまいな返事になり MAYBEを繰り返してばかりになってしまいがちですが、 ちゃんと意思を伝える方が実際は相手を困らせずに済むことが多いです。

言語が違うものを話す時は自分の意思もそれに合わせて動かせれば最高ですね!!

また、選んだ根拠をもう一つ出してもらい、その後、もう一つの選択肢を選ばなかった理由を挙げてもらいました。 こうすることで、自分は一つしか選ばない理由を明確化できますね。

確かに、物事の説明はとても難しいのですが簡単な表現でも結構ですので相手に自分の意思を伝えることは重要なんだよ、そして意外と簡単なんだということに気づいてほしいです。

2時間目は

英会話を使うところが、海外や教室だけと思っている人に対して 日本にいても英会話は上達するしむしろ日ごろの生活を英語で考えていければ自然と努力などせずに楽しんで英会話が上達することをわかっていただくために、先週と同じくコンビニでの買い物やデートを日本でのシチュエーションにおいて考えてもらいました。

デートの時の電話での誘い方やコンビニでの商品の買い方を普段のことを英語を通して

考えてもらいました。

どうしても、日本にいると英会話をする場所は多くの人にとっては教室で机があり、椅子にすわってのものになりがちですが、 普通に街を歩いていても目に入ってきたものを英語で表してもいいでしょうし、日本人の友人との会話を全部自分なりに翻訳していってもいいと思います。

 

まだまだ暑いですが、この季節にしか経験できないこともたくさんあるので

そのすべてを英語でどういうのか、ネットで調べるだけでも有意義な時間を過ごせると思います。そしてそれをクラスでもっとシェアしてもらえたら最高ですね。

本日もありがとうございました。

8/17 Thursday BF

1930-2030 5students

2030-2130 4 students

今日はとても暑い中、来てくださった生徒さんが5人いらっしゃいました。ありがとうございました。

 

本日は、他己紹介というものから入りました。

普段は自分のことしか英語で言わないと思いますが、相手のことを聞き出してみんなに発表するのは面白いと思いました。  このクラスではイングリッシュネームを皆さんに持ってもらうのですが、そのキャラクターに合わせて仕事やオフは何をしているかなど、ストーリーを自分で作って話せるという点でまず普段とは違う自分を作れると思います。

あと、そのキャラになりきって英会話を進めていくと、思いのほか早く英語になじむことができます。 面白いキャラならそれなりの話し方になるでしょうし、おっとりしたキャラならそれなりにおっとりと話せると、英会話だけではなく新しい自分の発見にもなってきますよね。

自分に話しかけるという意味からも新しい発見だったのではないでしょうか。

 

その後は、お盆シーズンで起きたことを話していただき

2時間目は服屋の店員とお客様、その後は日本のコンビニでの普段のやり取りを英会話に置き換えて話してみました。

このクラスに来てくれる方はほとんどが日本在住で日本で仕事をされていると思います。

つまり、海外にあまり出かける機会がないと海外での買い物をする場面より普段行っている買い物に焦点を当てたほうが会話がしやすいかなと思ったので、日本での買い物に合わせて

会話だけは英語でしてみました。

普段の会話のはずなのに、英語でどう言うと自然なのかが伝えることができました。

結構皆さん、英語はサラサラ話すのですが、会話になるとちょっと固い表現が多いのでドラマや映画を見続けると、教科書の英語から抜け出して自然な会話がつかめると思います。

ぜひ、会話を楽しむ。そして楽しむために英語にもっと慣れるという行動を起こしてみてください。

 

 

8/10 Thursday BF

1930-2030 3students

2030-2130 4 students

 

本日もとっても暑い中、来ていただいてありがとうございます。

 

本日は、生徒さんがお友達などに英語を教えて!と言われたときはどのように

教えてあげるといいか。。。 というような話から入りました。

 

 

みなさん本当に英語を理解する力が高く、 スラスラお話しなさる人も

とても多いので、周りでこれから英会話を習いだす人にどのような

アドバイスをなさるか気になりました。

 

やはし、それぞれ英会話に興味を持ちだした経緯は違うものでして

それぞれの勉強法があったのですね。 ということを再確認できました。

 

どのような形であれ、みなさんが今の実力をつけてきたことに変わりはないので

自信を持って、これからも英会話を楽しんでもらえたらなーと思い、

本日も少しだけ、会話の中でのリアクションなどを

つたえさせていただいきました。

 

北米に長く住んできた経験より、 いろんなところで僕自身「へー、こんな感じで英語使うんだな」っていう場面などを思い出して本日もレクチャーをしました。

 

文法についてなども少しずつ会話に入れつつお話ししました。英会話に慣れつつある人でも意外と間違うという意味で

Haveについてレクチャーしました。

 

今までは みた(した)ことはあるのに

今月に限ってはみて(して)いない という時、

HAVE NOT

 

でも、 今までもみた(した)ことが無くて

今月もみた(して)いない場合

NEVER

 

を使いますよー。

 

なんてことを話しました。

 

これって、頭ではわかっているけれど

意外と会話になるとわからない人、

もしくは、

Do didは使い慣れているものHave は使い慣れていない人などに関しても「わかる、知っている」と「使える」が

違うことがちょっと違うことを認識できると思います。

 

ぜひ、毎日HAVEを使うことに慣れていってください。 きっと新しい発見があるはずです!!

 

それでは、今日も明日も暑いですが健康管理しっかりしてくださいね!!

 

本日もありがとうございました。

 

 

 

 

8/3 Thrusday BF

1930-2030 5 students
2030-2130 4 students

本日も結構な暑さの中、来ていただいてありがとうございました。

いつもはお昼に来られるという生徒さんも、暑いので夜にきましたということで

ありがとうございました。

会社で英語を使うので学びに来てくださった生徒さんもありがとうございました。

 

さて、本日はこの前のお休みはどうでした??といったところから話を始めました。

やはり、生徒さんに話していただいてそこから、多くの日本人の方が話す典型的な話し方、

そして北米の人が話す話し方といった形で生徒さんが話してくださる言葉にプラスで情報を付け加えていきました。

 

と、私が尊敬する著者がいるのですがその方の英会話についての考えで私と同じ考えがあったのでここでシェアしてみます。

 

「いきなり左ハンドルの車に乗り込んでください」

というのはちょっと費用的にも時間的にも非現実的なのですが、要するに自分の環境を海外向きにしてみましょうということです!  やはり常々私も思っていますが日本にいながら何か英語に触れる環境を作っていかないと英会話は上達しづらいです。  ですが、そんな環境は中々ありませんよね。。

海外の人が良くくる、バーやホステルによく行く方でしたら違うかもしれませんが(しかも英語に自信がないとなかなか行けないかも、、)

そこで、この著者と私が考えていることで  英語の名前を付けましょうということがあります。

毎度、英語名は私のクラスでつけているので来てくださっている人は知っているとは思いますが、この「アクターになる」という感じで非現実を少し味わってほしいわけですね。

どうも、日本人だけが 自分にイングリッシュネームを付けるのを拒みたがるそうでして、

他のアジア人は普通にイングリッシュネームを確かに持っていますよね。

ジャッキーチェンとか、デヴィスカルノとか、マイケルチャンとか 例をだしたらキリがないほどです。

ですので、あなたもイングリッシュネームを付けていけば、英語を話しているときは

演者だ!!という意識であれば恥ずかしくないし、むしろ演じることが楽しくなると思います。

ぜひ、やってみてください。

 

あとクラスの中で話したことは

日本の文化の言葉は直訳したり、無理に相手に押し付けようとせず

ある程度の説明だけしておきましょう ということを話しました。

「よいしょ」 と掛け声を無意識にいう人はめちゃくちゃ多いですが

「それってどういう意味ですか?」といわれたら説明しづらいですよね。

どういうときに言いますか? というように例をいくつか挙げてあげれば、 相手に伝わりやすくなります。

「重いものを持つときにいうんだよ」

「長時間歩いてきて疲れたとき、椅子に座るときにいうんだよ」

なんて感じですかね。  ボディランゲージで伝えるのが一番なのでぜひ身振り手振りで伝えてみてください。

それでは、暑い日が続きますが 体調管理しっかりしてくださいね!

 

 

7/27 Thursday BF

1930-2030 3 students

2030-2130 3 students

 

今日は 北米のレストランでの入店からドリンクオーダー、 フードオーダー、会計、

そしてお店の予約ということをロールプレイングでしてみました。

もちろん、みなさん頭に描いているウェイトレスの顔も身なりも、店の雰囲気も、バラバラなのでなんとも言えないような設定ではあるのですが

おおむねこうした感じでレストランで過ごせば問題なく楽しい時間を過ごすことができます!というような内容でした。

 

やはり、みなさんアドリブながらもいろいろとイメージしていただけてとてもやりがいがありました!!

こんな感じで話すと自然ですよ!  教科書英語ではなく、こんな感じで話せれば自然に聞こえますよ!  といった感じを主に話していけました!

 

2時間目は ロールプレイングとして、

会社の面接の話をしました。   こうして設定を決めておくと話す内容もある程度は事前に準備することができるので、自然と話が展開していただけました。

 

実は、英会話をまんべんなくいろいろなシチュエーションなく学んでしまうよりも

こうして、限定的な状況にしていって、それを数をこなしていければたくさんのシチュエーションに対応できるようになるし、 最終的にはどんなところでもさらっと話せるようになっていけます。

 

あと、毎回クラスで伝えていますが

代替力というのが英会話では必須なのかな、、、と僕は思っています。

クラスで○○って習ったけど、実際どう伝えればいいんだっけ???

と英会話で悩むことはとても多くあります。

 

例えば、 お肉の焼き方はどうしますか?

この言い方を忘れてしまったら、

Do you want Rare, Midium Rare, Midium,,,

と相手にチョイスを与えてあげればいいだけです。

 

つまり、相手に求めているものは一緒ですよね?

(焼き方がどうであるか)という答えをもらえばいいだけですから。

だから、表現の方法は一つではないわけで、それしか伝えられなければ絶望!!なんてことは

ないです。  もっと日本語のバラエティを持てれば、 例えばね、、、なんて形で自分の言いたいことを違う表現で相手に伝えることができれば、この代替力はつきます。

 

そもそも英語と日本語は違う言語なんだから、気軽に楽しんでいきましょ。

 

 

7/20 Thursday BF

1930-2030 4 students

2030-2130 2 students

今日は今まで起きた最悪なシチュエーションということで、

生徒さんにトピックを選んでいただきお話しをしていただきました。

 

本当、みなさんすごい経験をお持ちで、

怖い話も、辛い話もしてくださってありがとうございます。

 

こうして一人ずつにお話しをしていただき、時々ディスカッションのような

形でみんなで英会話のちょっとしたポイントをシェアしていければ、

実践とインプットと両方できていいのかなと思っています。

 

また2時間目は、 海外から日本へ旅行に来ている人に対して

道を教えてあげるというロールプレイングをしました。

 

多くの方が、海外から来ている人に道を聞かれるけど、それに対しての

答えに困るということを言います。

 

だから、わかりやすく、目立つものを教えてあげて

耳からだけの情報ではなく、目からの情報を与えてあげれば伝わりやすいと思います。

 

英会話上達への近道はいろんなところに落ちていて、それに対していかに気づくかということ。そしてそれを愚直にこなしていくことで、一月で見違えるような変化が起きます。

コーチのような人を付けて、指導してもらうことで自分のスタイルを矯正してもらえれば

自分の中では正解だと思っていたことが、実は違っていたこと。

発音の重要性

間違った英会話の幻想、神話

などに早めに気づくことができて、英会話上達の近道へ早くたどり着けると思います。

英会話の上達法はクラスでいろいろシェアしているので、ノートの取り方、覚え方、

いろんなノウハウが付くと思います。

ぜひ、本日クラスで伝えたことを実践してもらえれば満足いくものが身につくと思います。

7/6 Thursday BF

1930-20-30 6 students

2030-2130 4 stundetns

 

今日はディスカッションぽいことをしました。 一人ずつ

トピックに対しての意見を言ってもらいました。

 

みなさんはとてもお話しするのがお上手なので、いろんな意見が聞くことができて

とれも嬉しかったです。

 

不思議とご自身の意見以外も聞きたいなと僕はふと思ってしまいました。

と、いうのもせっかくの英語のクラスですから誰かになりきってもらって

その人の意見というか、 突拍子もないことをディスカッションで話してもらうのも

いいものです。

 

意見をいうというより、会話を楽しむという感じでしょうかね。

それくらいでいいと思っています。

 

僕は英会話をスラスラするための秘訣というのは常に代替することができるかどうかにかかっていると思っています。

そもそも英語って日本語とは違う言語だから、100%日本語と同じ意味で伝えても受け取る側の文化にそれがなければ、全く理解を得られないこともありますので

相手にあわせるというか、 ぼんやりとでもいいので

相手に自分の考えがまずは伝えることができるというのが重要。

そして、もっと話を展開したければ深く話して行けばいいと思います。

一度の質問や回答ですべてを伝えるのではなくて、 例文などもいれていけば

相手に自分の意志を伝えやすくなると思っています。

 

ぜひ、具体例を話に付け加えてみてください。 すると会話もより相手にわかってもらいやすくなると思いますよ!!