2018.11.27 Tuesday: リーディング強化、G2

18:00-18:50            4 students

19:00-19:50            4 students

20:00-20:50            2 students

 

レッスン内容🌷リーディング強化

こんばんは!毎週のように言ってる気がしますが、今年も残り1ヶ月〜!😱😱

ということで皆さんの2019年の抱負をシェアしてもらいました。ちなみに英語ではNew Year’s Resolution です。

さて今回のFans form 11-hour queue at Tokyo Disneyland on Mickey’s 90th birthday!!(東京ディズニーランドの「ミッキーの家」、ミッキーの誕生日当日に最長11時間待ち)えーーーーー、というヘッドラインの記事でした。

“What would you line up 11-hours for?”  (My answer is, NOTHING.)

このニュースを知らなかった方も町中あちらこちらでミッキーとコラボグッズが突然増えたのはこれが理由なんですよ。短編シリーズの映画も公開してましたし!

なぜミッキーの家に人が殺到したかというとパーク側は特にイベントを開催するなどもなかったことからだと思われます、不思議ですね。

 

Phrases of the day

queue(行列), according to (いわく、よれば), at one point(ある時点では), be aware of(把握), in addition, additionally, moreover, furthermoreすべて(加えて)

ちなみに90thの発音なのですが、ninety+thだとnineteen+th (19th)との区別がつきにくいので、nineti+e+thと発音してみてください!

基本的に20th, 30th, 40th…のようなキリのいい数字は「e」の発音を入れることができるので、是非使ってみてください(文字で発音の説明難しいー)

 

レッスン内容🌷G2

今回は「複合関係代名詞」をやりました!

(え、なになにそれ)

要はI will invite whoever wants to come.のような「関係代名詞+ever」の形です。

時にはややこしくなったりしますが、複合関係詞は複合関係「代名詞」と複合関係「副詞」から成り立っていることを押さえとくことが重要だと思います。

代名詞なので主語(目的)を含みます。日本語では常に省略されているので直訳気をつけてください。

ここで、言い換え方もしました!

先ほどの文を言い換えるとI will invite anyone who wants to come. のように「any〜+関係代名詞」の形を使ってください。

 

ではではThank you all for coming~Have a good rest of the day~

広告

2018.11.20 Tuesday: リーディング強化、G2

18:00-18:50             4 students

19:00-19:50             2 students

20:00-20:50             1 student

 

レッスン内容🌷リーディング強化

こんばんは!ここ数回のレッスンでは政治関連のニュース記事をピックアックしていたため、今回はもう少し軽いトピックをチョイスしました!(最終的にはやっぱり政治が絡みましたが。。笑)

ヘッドラインは”69-year-old Dutchman wants to change his age to 49, says it’s just like changing gender” 『オランダの69歳の男性、年齢を20歳の若返り求め申し立て』です笑

世の中には年齢は単なる数字だという言葉がありまが、これは行き過ぎなのでは、、と思ってしまいます。

文中には「この選択の自由(freedom of choice)、名前の変更(choice of name)、性別の自由(freeness of gender)ががあるなら、私は自分独自の年齢を持ちたい。自分のことは自分でコントロールしたい」と強く主張していました!

これは笑い事ではなくシリアスな理由・背景があるに違いない!と思ったらまさかの理由はアメリカなどで人気の出会い系サービスのtinderで68歳、69歳の女性としか出会えないからという思わず突っ込みたくなる背景がありました笑

まあでもelderly discrimination/age discrimination に関しては存在しないとは言い切れませんけどね〜

 

レッスン内容🌷G2

今回のレッスンは「強調のdo」の使い方についてやりました!

例えばI believe. と I do believe.の違い、I did sleep last night. の違い I slept last night.を聞かれたらどう答えますか?

普段do/does/didは不定詞と組み合わせて疑問文を作ったり、否定文を作ったり、動詞を省略したりしますがそのdoとは別です。

強調のdoの基本的なルールは三人称単数で時制が今なら、〈does+動詞の原形〉

過去形の文であれば主語に関わらず〈did+動詞の原形〉

注意すべき点は「とても」のような”程度”を表す強調ではなく、

動詞に対し「本当に〜ですよ」「確かに〜ですよ」というような事実であることを強調する役割を持っています。

 

練習問題の答え

He said he would go there, and he did go.

He rarely speaks, but when he does, it is always to the point.

Who did break the window?

Do stop that noise.

Do come and see me again.

Surely you can stay for dinner, please do.

です。

ではではI want to thank you all for coming to this week’s lesson.

See you all next week!

 

2018.11.17 Saturday: G1

14:00-14:50       4 students

15:00-15:50       2 students

 

レッスン内容🌷G1

こんばんは!今日は代講で久しぶりにG1のレッスンなんです〜笑

今日はテキストを使わず「話法」の分野をしました!

話法の中でも直接話法を間接話法に言い換えたり、逆もしました。

そもそも話法とは…

Max said that he had been crazy about Sarah when he had been a junior high school student. マックスは中学生だった頃サラに夢中だったと言ってました。

Max said to me, “I was crazy about Sarah when I was a junior high school student.”

マックスは私に言いました、「僕は中学生だった頃サラに夢中だったんだよ。」

と、言っていた時の時制と一致させ引用するのが間接話法で、言われたままの時制で引用するのが直接話法です。

その後は英語の間違えやすい(ネイティブの方でも)同音異義語homonymsの穴埋め問題をしました〜

ではthank you all for coming !

\See you next week/

2018.11.13 Tuesday: リーディング強化、G2

18:00-18:50          3 students

19:00-19:50          2 students

20:00-20:50          1 student

 

レッスン内容🌷リーディング強化

こんにちは!とうとう今年も残り一ヶ月半!!はやっ

ということで少し皆さんの2018年そして2019年の新年の抱負New Year’s Resolution について聞きました。私にとって2018年は大学受験もあったことからとてもlife changingな年だったと感じております。

そして話はWho has the best french fries?「どこのファーストフードチェーン店のポテトが一番美味しいのか」決定戦になぜか発展しました笑 I know right, a very legitimate question lol

 

ではでは今日取り上げた記事はMajority of people support bill to accept more foreign workers: Kyodou poll(外国人就労拡大に賛成多数、世論調査)について一文一文解説しながらディスカションしました。賛否両論な意見が出るトピックだと思ってあえてチョイスしました。

今回のキーワードはbill(法案), nationwide poll(世論調査), approved(賛成), opposed(反対), eligible voters(有権者), respectively(それぞれ), critical(批判的), findings(結果、報告) です。

 

レッスン内容🌷G2

今日はeven+〇〇でそれぞれ全く使い方の違う表現をいくつか紹介しました。

主にeven though, even, if, even when, even soですね。

それらの他にもeven自体にも様々な意味がありますが、基本的には「均等」のニュアンスです。

というのは例えば前回友達との約束に自分が遅刻をして、今回は相手が遅刻をした時、

「これでおあいこだね。」という時にNow we’re even.と言えます。

逆にI’ll get even.というと「覚えとけよ。」というような仕返しをして対等にしてやるかのような意味になります。

それでは「割り勘」は・・・?という質問をいただきました。

その場合はsplit the bill (check)というのが一番よく使うのかと思います。

ボーリングで両隅に一本ずつ残って、ええどーやって二本とも倒すの〜っていう時の「スプリット」と一緒です。

他にも偶数・奇数もeven numbers, odd numbersなので何となくどれも「均等」(?)のニュアンスを持っている気がします。

 

ではでは、Thank you all for coming to this week’s lesson.

I hope to see you again next tuesday!

 

2018.11.6 Tuesday: リーディング強化、G2

18:00-18:50              3 students

19:00-19:50              1 student

20:00-20:50             0 students

 

レッスン内容🌷リーディング強化

こんにちは〜!ハロウィンも終え、とうとう11月にも突入し2018年も残り二ヶ月もない(涙)

みなさんの話を聞いていたところ意外とハロウィンを祝う方がいたことに驚きました!

では今日はDay Light Savingについての記事を読んでみました。

デーライトをセーブする?聞いたことありますでしょうか。

実は世界で40カ国もの国が採用している政策で電力消費量を軽減しようと1784に世界で初めてベンジャミン・フランクリンによって提案されました。

誰かわからないけど聞き覚えがあると思った方は「マウントラシュモア国立記念公園」で調べたら一発で出てきます!あの有名なアメリカの建国の父たちの顔が彫られた岩(?)が!笑笑

話が逸れましたが、簡潔にいうとday light savingを行う期間が毎年発表され、その期間中は時計を一時間速めるのです。これをすることで昼間の時間(太陽が出ている時間)を有効活用して電力の消費量を減らすというムーブメントです。

賛否両論だと思いますが、みなさんの様々な意見が聞けて興味深かったです。

 

レッスン内容🌷G2

今日は名詞を修飾する句・節についての授業でした。

特に「分詞の形容詞的用法」ってやつです。笑

前置修飾や後置修飾の使い分け方、及び現在分詞と過去分詞の見分け方などの解説を行いました!

最後に残った時間で英語の発音がほぼ一緒なのに意味が全然違う「同音異義語」に触れました。

例:bear/bear/beer/bare, floor/flour/flower, beside/besides, which/witch/wish/wishなどなど見ているだけで嫌ですねー笑

 

Thank you all for coming!

Hope to see you next week!

👋

2018.10.16 Tuesday: リーディング強化、G2

18:00-18:50         6 students

19:00-19:50         4 students

20:00-20:50         3 students

 

レッスン内容😇リーディング強化

こんばんは!今回のレッスンも多くの新しい方が来てくださいました、ありがとうございます〜。まだ私のこのレッスンを担当し始めて2週目なので、皆様からいただく授業に関するご意見などにはいいと思ったらどんどん取り組んでいきたいと思います!

ですので今週は早速少し変えて政治に若干まつわる記事を選ばさせていただきました。

「マレーシア死刑制度廃止」というニュースを皆様ご存知でしょうか?

少し重かったかなーと途中思い始めたりもしましたが、どうでした!?笑笑

 

では今回の記事のキーワードは。。。

abolish(廃止する), carried out(実行する), sentences(刑), degrading(侮辱的な), imprisonment(投獄), for or against(賛成か反対か)

少し重いシリアスなトピックでしたが、知識として知っておいてもいいかな〜と思い選びました!

 

レッスン内容☺️G2

では本日のGrammar 2では「仮定法」をしました!

仮定法好きな人ーーーー!?

・・・。

という微妙な始まり方でしたが、今日は仮定法の中でもIfを使った仮定法に着目しました。

主に If I knew her phone number, I could call her.のような

「If+主語+過去形〜、主語+could/would+動詞の原形」

そもそも仮定法とは<現在>についてのあり得ない内容を「過去形」を使って表現するやつです。

果たしてこの文は仮定法なのか、と困ったときは

①助動詞の過去形が使われている(おっ仮定法かも?)

②be動詞がwere(もしや、これは、、)

③時制がずれている(仮定法だーー)

を意識してみてください!

 

最後の1時間は”hot seat”というゲームをして楽しみました!

生徒さん同士にとっても、私にとってもとてもいいアイスブレイクになったと思うので今後も2コマ中の1コマはゲームなどのアクティビティーもできたらなと思います!

 

Thank you all for coming〜

I had a great time and I hope you did as well!

I’m still not fully used to the new lessons I’m teaching but I hope you still come anyways.lol

Byeee

2018.10.9 Tuesday: リーディング強化、G2

18:00-18:50           5 students

19:00-19:50           3 students

20:00-20:50           3 students

 

レッスン内容👻リーディング強化

こんにちは!今週からいよいよ新しいレッスンが開始しました!ドキドキの初回レッスンには担当したことのない生徒さんばかりだと思っていましたがSSBに来てくださってた生徒さんもちらほら居たことで少し緊張がほぐれました。(本当に少しね笑)

 

今後火曜日のリーディング強化を担当させていただくのですが、レッスンの大体の流れとしては毎回違う英語の記事を用意してきます。まずはプリントを配る前にレッスンの冒頭に耳だけでどのぐらい理解できるかリスニングの練習をします。その後に本文をお渡しし、一文一文見ていきたいと思います!(まだわからないですが。。笑)

授業を受けた後などにまたご意見や感想聞かしてください〜〜😃

 

今回は去年イタリアに初出店したスターバックスについての記事を読みました!

なぜ今までなかったのか?なぜこんなニュースとして取り上げられているのか?イタリア人はどう思っているのか?などについても少しディスカッションしました!

意外とこのニュースのことを知っていた方が少なかったので、よかったです。

 

レッスン内容👻G2

G2(Grammar 2)のレッスンの基本的な流れとしてはSSBの時みたいなテキストがないため、

プリントを用意してきます!しかしやり方としてはSSB同様でその日着目する文法項目の説明を最初にして問題を解きながらさらに細かい解説をしていく感じです。

一番の違いとしては極力英語を話す機会を設けていきたいと思います。(これもまだわからないですが笑)

 

初回のレッスンでは「現在完了」をしました〜

その前に現在完了といえば「過去分詞」!ということで

少し過去分詞のウオームアップをしてから、アクティビティーに進みました。

Tick the correct sentences and cross the incorrect sentences.

  1. Look what Peter has given me yesterday.

2. Everybody has gone home at 10 o’clock.

3. I have written more than anybody else.

とかFill in the gaps questionsとかやりましたね。

イギリスの資料を使っていたためprogramがprogrammeと書かれていたりしていましたが

プログラメーとは発音しないでくださいね笑

 

ではではThank you all for coming!

I will only be teaching on Tuesdays from now on so

I guess I’ll see you all in a week!

 

2018.10.6 Saturday: G1単語編、G1テキスト編

14:00-14:50          2 students

15:00-15:50         3 students

レッスン内容😢G1 単語編

こんにちは!今日は実はSSBのレッスンを担当する最後の日だったんですよ〜笑

今後は火曜日のG2(旧SB)とリーディングを担当させていただきます!

ので、よろしくお願いします。

 

今回の単語編のレッスンは木曜日の内容とほぼ一緒なのですが

その内容に加えて今までのSSBの授業で学んできたものの復習をかる〜くしました!

驚く場面で使える表現、、

What a surprise/pleasant surprise/unexpected surprise.

I’m blown away. That is breathtaking.

You almost gave me a heart attack.

That’s the last thing I expected.などなど。。

「驚く」にも英語にはポジティブな意味を持つ驚きもあればネガティブもあり、さらにどっちでも使えるのもあるため全部覚えないとダメ!とは言いませんが区別だけは知っとかないとシチュエーションによっては誤解を生んでしまう可能性があるので、気を付けてください!

過去のレッスンでやったout of the blue/out of nowhereを使って例文を作っていただいたりもしました!

 

レッスン内容😢G1テキスト編

現在講師の方々の中で私が唯一VELCOの文法テキストブックを使っていたみたいなので、

私が違うレッスンを担当するようになったことでテキストブック、、、死亡?!!!笑

ということで今回はイッチバン最後のページの「付加疑問文」を解きました。

もしこれまでやってきたテキストのセクションで答え合わせが終わってなかったところがあって、気になるようであればいつでも行ってくださ〜い♪

後は、少しフリートークトしてハロウィンで仮装をする機会がほぼゼロの日本で

もし仮装パーティーがあれば皆さんなら何になりますか?という質問に対しての皆さんの回答がとても意外でした!笑

 

ではThank you all for coming! Not just today but to SSB!

The class will be called G1 from now on so be careful!

Have a nice rest of the day—-

2018.10.4 Thursday: G1単語編、G1テキスト編

18:00-18:50          5 students

18:00-19:50          4 students

 

レッスン内容🍂単語編

こんにちは!今回は「驚き」を表す時に使える英語表現をいくつか紹介しました!少し紹介するとsurprised, speechless, impressed, blown away, breathtakingなどなど、驚きだけでもシチュエーションによってポジティブな驚きがあったり、ネガティブだったり様々です。

その後はbring(持ってくる)とtake(持っていく)の使い分け方

例えばI’m bringing this laptop with me on vacation. のwithの役割について少し解説も挟みました!

あとはwatch/look/seeの違いについてもやりました。

その中でもlookに着目し、look+〇〇で全く意味が異なる表現をいくつか紹介しました。例えばlook at, look to, look up to, look down on, look for and so on…

レッスン内容🍂テキスト編

今回はテキストのイッチバン最後のページの付加疑問文のセクションです。

付加疑問文とは文字通り「疑問文に付け加えた」ということで

日本語でいうと 〜ですよね? と確かかわからない時に使います。

ここで何故これが英語になると厄介なのかというと、

例文He is Justin, isn’t he?と逆の問い方をします。

第一ステップとしてはHe is Justin.という肯定文を否定文にしてください!

He is not Justin.になりますよね。では

第二ステップは短縮です。この場合is notをisn’tに。

ファイナルステップは守護の代名詞を最後にも持ってくることです。

この場合Heをそのまま持ってくるのですが、もしYokoとかだともちろんsheに変えてください!😉

 

okaaaay That is it for today’s lesson. Thank you all for coming and see you soon.👋

2018.9.27 Thursday: SSB単語編、SSBテキスト編

18:00-18:50              5 students

19:00-19:50               4 students

 

レッスン内容🍂SSB単語編

こんにちは!今回は家の周りの家事を英語でなんというかについてのレッスンでした!

sweep the floor, water the plants, mow the lawn, take out the trash, put away the toysのように一般動詞を使うのに対して、wash the dishesをdo the dishesと言ったり、洗濯物をすると言う時もdo the laundryとdoで置き換えることができます。

そのつながりでI do the shopping. とI go shopping.の意味が同じだと認識されがちなのでdoの役割を細かく解説しました!

 

レッスン内容🍂SSBテキスト編

今回もテキストを使い前回に引き続き前置詞のセクションの問題を解きながら解説しました〜

前回は場所を表す前置詞だったので今回は『『時を表す前置詞』』

基本的な前置詞としてよく挙げられるのがin, on, atだと思うのですが、今回はそれら以外の時を表す前置詞に主に着目しました!

2時から3時までの『まで』にあたる前置詞がby, until(til)なのですが、

byは来週の金曜日までこの書類を提出してね〜の まで で

untilは来週の金曜日までこの鍵預かっといてくれな〜いの まで です。笑

では『の間』にあたるfor, during, whileなのですがthroughも使えたりします!実は

throughの使い方としてはI will stay up through the night.(私は一晩中起きときます)のように一晩を通り抜けますというようなニュアンスで使えます。

他にも『以内』にあたるin/withinの違いについても少しやりました!

 

ではではThank you all for coming and I will see you soon!