4/2 Tue. (Maiko)

●ゼロ
18:00-18:50 1 student
●TP
19:00-19:50 8 students
●PP
20:00-20:50 6 students

今日も、来ていただいてありがとうございました!
みなさんといろんなことを勉強しましたね〜。

●ゼロから
この日は「疑問詞 what」を使った回でした。
これまで勉強して来た、be動詞/一般動詞の疑問文は、引き出せる答えがYes/Noに限られていましたが、
今回勉強した疑問詞を使うことで、もっと具体的な答えを聞くことができるようになります。

ゼロレベルでは、比較的他のレッスンではあまり触れられない、混在しやすいbe動詞を使った文章と一般動詞を使った文章をゆっくり頭で組み立てながらレッスンを進めています。

(be動詞肯定文) Her name is Hanako.
(be動詞疑問文) Is her name Hanako?
(疑問詞を使った疑問文)What is her name?

(一般動詞肯定文) My mother drinks green tea every morning.
(一般動詞疑問文) Does she drink green tea every morning?
(疑問詞を使った疑問文)What does she drink every morning?

最後に、疑問詞の後ろに名詞をつけることで、意味の幅を絞った簡単な質問がたくさん作れますので、いくつか紹介しました。
What color do you like?
What sport do you like?
What size do you want?
What color do you want?
What language do you study?

●TP
この日は、主に旅行先で移動する際によく使うであろうフレーズや、知っておくべき表現を勉強しました。

Am I in the right place to catch the bus?
「バスを待つのはここで合ってますか?」

I only have large bills, where can I break them?
「大きいのしかないのですが、どこで崩せますか?」

large bills – 高額の紙幣(大きいお金、お札とか)
break – (お金を)崩す

Thank you for your help!
Thank you for helping me out!
「(いろいろ教えてもらったあと)ありがとうございます!」

あとは、現地の乗り物に乗るに当たって、見逃さないほうがいいお金に関する表記についても紹介しました。

現金のみです
Cash only
We only accept cash

カードのみです
Credit only
We only accept credit

つり銭のいらないちょうどのみ受け付けます
Exact change only
Use exact change only

exact fareと書いてあることもあります。
fare – 運賃

●PP

enough
を使った表現を勉強しました。

Enoughの基本的な意味として、
ものや程度が十分であり、不足のない状況を表します。

中でも
<形容詞(副詞)>+enough to + <動詞原型>
直訳は「<形容詞(副詞)>は<動詞原型>するのに十分である。
ですが、「<動詞原型>するほど<形容詞(副詞)>だ。
というような意味として考えたほうがわかりやすいかもしれません。
以下はレッスン中に紹介したいくつかの例です。

His English is fluent enough.
「彼は十分流暢に英語を話す。」

She is not tall enough to reach the top shelf.
「彼女は棚の一番上に届くほど身長がない。」

他にも

This is not good enough.
「これはまだまだだ。(十分ではない→まだ改善の余地がある。)」

You’re good enough just as you are!
「あなたはあなたのままで十分(足りないところがない)!」
↑自分や人への励ましにいいフレーズですよね。

Thanks again and I hope to see you very soon!

Maiko🐟

広告

2/26 Tue. (Maiko)

●ゼロ
18:00-18:50 2 students
●TP
19:00-19:50 1 student
●PP
20:00-20:50 2 students
●ゼロ
ゼロレッスンでは「②be動詞の肯定文・疑問文・否定文の回」でした。

am/is/areは、日本語ではない発想(単数/複数)で、使い分けないといけない難しさがありますね。
基本的なルールに従った練習や、be動詞を使った自己紹介などで練習しました。
また、
I am Hanako. → She is Hanako.
We are from Japan → They are from Japan.
と言うように他己紹介することで、be動詞を使い慣れていってもらうような練習もしました。

人の性質を使いながらの練習もしました。
I am kind. → You are kind. → You are not kind. → Is she kind?
She is friendly. → She isn’t friendly. → Is she friendly?
※紹介した人の性質を示す言葉
– mean
– selfish
– polite
●TP
今日のTPでは、旅行中によく聞かれる
Where are you from?
に答えた後、話を少し続けていけるようなフレーズを紹介しました。

I’m from Osaka, Japan.



<いったことのあるパターン>
I’ve been there before, it’s a beautiful place!
I went there with my family.
I went there by myself.
「行ったことありますよ、いいところですよね。」
「家族と行きました。」
「1人で行きました。」

<また今度行ってみたいのパターン>
I’ve always wanted to go!
「行ってみたいと思ってたんです!」

また、オススメの場所を教えてもらった時などにも
Thank you, I’ll go check it out!
「ありがとうございます、行ってみます!」
と言うフレーズも使えますよ。

●PP
try to (動詞原形)
→ 〜することを心がけている
try not to (動詞原形)
→〜しないことを心がけている

I always try to (動詞原形)
I always try not to (動詞原形)

I try to cook by myself.
「自分で料理をするようにしている。」

I try not to eat candies.
「お菓子は食べないようにしている。」

※お菓子の言い方も紹介しました。
sweets
candies
snacks
treats

I always try to improve my English skills.
「いつも英語力を磨こうとしている。」

I always try to look good.
「いつも身だしなみをよくしようとしている。」

look
自体には本当にいろんな使い道がありますね。
授業内で質問がありましたが、
look ~ – (見た目が)~に見える
は、人に対しても使いますし、自分に対しても使います。

You look great in red!
(人に対して)「赤が似合いますね〜」
I look weird without glasses.
(自分に対して)「メガネがなかったら変だな」
You look weird in pictures.
(人に対して)「写真写り悪いね」
I look better in the mirror!
(自分に対して)「鏡で見たほうがよく見えるな〜」

Thank you!

Maiko🐟

2/21 Thu (Maiko)

●【G1】

19:00-19:50  2 students
20:00-20:50  3 students

今日は楽しくのんびりレッスンしましたね、みなさん来てくださってありがとうございました!

今日は初めにちょっとした情報で、新しい言葉を覚えなくても簡単に使える表現を紹介しました〜

Thank you!

表情のつけ方と、アクセントでいろいろと使えます😀

たとえば、誰かに「こちらこそ!」といいたいシーンが良くあると思いますが、
これはThank you!の「you」を強調して発音することで表すことができます!

私はいつも生徒さんにThank you!と言ってもらえますが、私も来てもらえたことが嬉しいので、Thank ”you”!になるというわけです。

簡単で使いやすいフレーズなので使ってみてください。
1時間目の文法では、
不定詞の用法で「程度」を表す表現をやりました。

tooにはいろいろな意味があって、

Nice to meet you, too. – 「自分も」の意味

以外にも、

too + <形容詞/副詞>
<形容詞/副詞> すぎる

ただこの場合、基本的にtooは「常識の範囲を超える」というマイナスな意味として捉えられます。

※ただし、日本語でもあえてマイナスな意味を用いた程度を表す表現を使って、いい表現をすることもあるので、絶対ではないのですが・・・!
例:You’re too kind!

2時間目の文法では、
Wantを使った3種類の表現を勉強しました。

wantの使い方①「〜したい」

I want to eat Thai food.
タイ料理が食べたい。

ついでに、国の言い方も勉強しました。

国名言い方 – 国籍の言い方

Japan    –    Japanese
Korea    –    Korean
Romania    –    Romanian
India    –    Indian
Turkey    –    Turkish

オランダはややこしくて、
国名はthe Netherlandsで、国籍はDutchと言います。

wantの使い方②「〜しようか」

Do you want 人 to 動詞?
→ 〜しようか?

May I~? と似たような表現として日常会話で良く使われています。
– Do you want me to drive?
運転しようか?

– Do you want me to leave?
1人にして欲しい?

– Do you want me to pick you up?
迎えに行こうか?

Do you want me to turn off the AC?/heater?
エアコン/ヒーター切ろうか?

簡単で使いやすいので、使ってみてくださいね!
Thank you for coming! Hope to see you very soon!

Maiko🐟

2/19 Tue (Maiko)

●【ゼロから】
18:00-18:50  –  3 students

●【トラベルプラクティス(TP)】
19:00-19:50  –  5 students

●【パターンプラクティス(PP)】
20:00-20:50  –  5 students

こんにちは!
今日は雨の中、レッスンにお越しいただきありがとうございました!
どんなことをやっているか、それぞれのレッスンの内容をお伝えします。

自分の通いやすいレッスンを探してみてください🌷

 

●【ゼロから】

今日は自己紹介のやり方のレッスンを進めました。

まずはよく使われる、「はじめまして!」の言葉

Nice to meet you.
Nice to meet you, too.

の復習をして、思い出してもらった後には

強調の「very」「so」の言葉を足して
It’s very nice to meet you.
It’s so nice to meet you.

少し言い方の違う表現

I’m glad to see you.
をやりました。

また、
ポジティブに「はい!」や「お願いします!」「ぜひ!」と返事する際に便利

Sure!

も発音や使い所の練習をしました。

また、少し発展して
自分の出身地を紹介する方法も紹介しました。

I am from <場所>.
「わたしは<場所>から来ました。」

I was born in <場所>.
「わたしは<場所>で生まれました。」

I was raised in <場所>.
「私は<場所>で育ちました。」

生まれも育ちも同じ場所の時は、

I was born and raised in <場所>.

生まれと育ちの場所が違う時は、

I was born in <生まれた場所> and raised in <育った場所>.

など、決まってよく使われる表現の言い方を紹介しました。

 

●【トラベルプラクティス(TP)】

今日は、レストランでお店の人に不満を伝える方法を勉強しました。

まずは日本語での「クレーム」は、英語のclaimと少し違っていること、また、似たような英単語を紹介して、ボキャブラリーを増やしました!

claim – 請求項目、申請
complaint – 苦情
compliment – 褒める

また、お店の人を呼び止める時に便利なフレーズを紹介しました。

Excuse me, ….
I’m sorry to bother you but …

一番は表情や、言葉のトーンですが、前につけると丁寧な印象になりますよ。

レストランでの不満に対して、丁寧に状況を伝えられるフレーズを勉強しました。

Excuse me, the food was quite cold. Could you warm it up for me?
「すみません、料理が冷めてて・・・。温めてもらえませんか?」

Excuse me, this isn’t what I ordered.
「すみません、これ、注文してません。」

あとは、海外では日本よりもお持ち帰りできる場合が多くあります。
もったいないのでお持ち帰り用の入れ物をもらうのはおすすめです。

I’m so full, can I have a box to go?
「お腹いっぱいなので、持ち帰り用の入れ物もらえませんか?」

 

●【パターンプラクティス(PP)】

パターンプラクティスでは、
日常で無意識によく使うなんか」を表す英語表現を3パターン練習しました。

Something to <動詞>
 → 何かVするもの

Do you have something to drink?
「なんか飲むもの持ってる?」
be something wrong with <名詞(人やもの)>
 →<名詞> に何か問題がある
        <名詞> が壊れている
        <名詞> が何か変

There’s something wrong with my laptop.
「なんかノートパソコンが変。/調子が悪い。」

この表現はモノだけでなく、体調にも使えますよ。
throat – のど
tongue – 舌
back – 背中や腰

something A(形容詞)
 → 何かAなこと・もの

I saw something small and black moving so fast!
「なんか黒くて小さいものが早く動くのを見ちゃった・・・」

パターンに当てはめるだけなので、会話の中でチャンスがあったらたくさん使ってみてくださいね。

 

Thank you for coming! Hope to see you very soon!

Maiko🐟