2017. 9. 20 Wednesday : SSB and パターンプラクティス

SSB
13:00~13:50 3 students
14:00~14:50 3 students

図書館などでは電話をサイレントモードにするように
案内がありますねʕ •ᴥ•ʔ
Put your phone on silent/ mute.

図書館で大声で話していれば、こんな風に注意されそうです
Don’t bother the others, please.
「他の人達に迷惑をかけないで」
ということで1コマ目は命令文のレッスンでした。
命令文は相手に命令を下す意味だけでなく、提案の意味も持ち
ます。
自分には分からないから図書館員さんに尋ねるように
提案するなら↓
Ask the librarian.

次は驚きの表現です ʕ •ₒ• ʔ
What a fast swimmer he is!
冠詞+形容詞+名詞のパターンから。
複数の名詞なら冠詞は必要ありません!
What fast swimmers they are!

How fast he is!
この場合は形容詞を取っていますが
How fast he swims!
このように副詞を伴う事もあります。
助動詞を加えて表現にバリエーションを加えると
How fast he can swim!

15:00~15:50 2 students

オーソドックスな質問から始め
Q:When is your birthday?
A:My birthday is on ………

曜日の表現とすぐ未来のある曜日なのか次の週なのかを
確認する練習にʕᴥ· ʔ
Q:Are you available on Tuesday?「火曜は空いてる?」
A:Do you mean this Tuesday or next Tuesday?

Thank you for your attendance!
See you<3

広告

2017. 9. 13 Wednesday : SSB and パターンプラクティス

SSB
13:00~13:50 2 students
14:00~14:50 2 students

絵で見たサンデーマーケットの様子から
Each vendor sells different goods.
次に、都市の様子を
Each building is in a different color and style.
each=それぞれと考えます。先週学んだeveryは集合の中の個々
と見ていましたね。似ていて非なる表現なのでじっくり時間をかけました!

I stopped at each of the shops.
初めの文ではeachの後に単数の名詞が続いていましたが、この文では
名詞が複数になり、更にその前には前置詞と冠詞が並んでいます!(^^)!
ある特定の複数の物の内のそれぞれを指し、「それぞれのお店に立ち寄った」
の意味になります。

each of the shopsを再び言葉にするのであればeach of themに変えること
が可能です。

パターンプラクティス
15:00~15:50 4 students

決心が着かない時はこんなフレーズで
I just don’t know.
I’m not sure about that.
I can’t make up my mind.
お茶を濁してみましょう( ;∀;)

何に関して決心がつかないのかを付け足してみますね
I can’t make up my mind what to drink.(何を飲むか)
He can’t make up his mind where to go.(何処にゆくか)

決心がなかなかつかない人を急かすのなら
Can’t you make up your mind?

Thank you all for your attendance!
See you next time<3

2017. 9. 6 Wednesday : SSB and パターンプラクティス

SSB
13:00~13:50 4 students
14:00~14:50 5 students

前々回に学んだall of ….と使い方に注意しつつ、意味が似ている
everyをたっぷりと練習することから始めました(^^)/

All of the students are here.
Every student is here.
everyに続く名詞は単数のみです。そして、Be動詞も単数ですね(‘ω’)
冠詞を付けることも出来ませんのでご注意くださいね!

前半とは異なる用法のeveryを引き続き
I get a hair cut every month.
every month = 毎月
単位を小さくするとevery week, every dayとできますね。
every two monthsだと「2カ月置きに」の意味となります。
monthsの”s”に気を付けましょう。

パターンプラクティス
15:00~15:50 6 students

Where is …….?
を始め
Can you point me to …….?
Can you tell me where ……. is?
といった表現で、どこに何があるかを質問。

知らないことを尋ねられたのなら
(I’m) sorry I don’t know for sure.
(I’m) sorry I don’t know where it is.
「残念だけど、知りません。/どこにあるのか知りません」
I can’t help you.
「手助けできません」という表現も。

これだけだと少しぶっきら棒なので
I don’t live here.
I am a visitor myself.
という文で「地元の人でないから」と添えると感じが良いですね!

Thank you for your attendance!
See you shortly.

2017. 8. 30 Wednesday : SSB and パターンプラクティス

SSB
13:00~13:50 2 students
14:00~14:50 2 students

前回の all of …., some of…., most of …. に引き続き
先ずはhalf of …から(^^)/

Half of the apple is rotten.
Half of the apples are rotten.
この二つの文章にどんな違いがありますか?
appleは加算名詞なので上の文は特定の一つのリンゴの半分が腐っている
を意味しています。だから、名詞が単数ですよね。
では、下の例文はどうでしょうか?
いくつかのリンゴの半分が腐っているを意味しているんですね。

そして、次は「誰一人として。。。ない」noneを。
None of my friends are/ is from overseas.
友達の一人も海外から来ていないの意味ですね。
noneは、複数でも単数でも扱えます。

パターンプラクティス
15:00~15:50 2 students

ある事柄を行うためにこの場にいますと伝えるには
I am here to order a cake.
疑問文なら
Are you here to change trains?
そして、相手の質問が正当なら
Your guess is right/ correct.
「推測は正しいよ」と伝えてみましょう(^^♪

もう少し変形させてみて
You must be here to change buses.
話し手の断定「違いない」加えてみたり
I’m guessing you are here to change trains.
「(こう)推測しているんだけど」に変えてみたりとバリエーション豊かに
練習しました(^^)/

It was so quiet today.
Thank you all for your attendance!
See you shortly<3

2017. 8. 23 Wednesday : SSB and パターンプラクティス

SSB
13:00~13:50 3 students
14:00~14:50 5 students

本日は、割合を表す副詞でした(^^)/

All/ most/ some of the students (in the class) have smartphones.
「全ての/大半の/いくらかの友達はスマホを持っています」
名詞friendsが冠詞theで限定されて「クラスの生徒」となっている事に気をつけて
くださいね!
All of students だと意味が変わり「全ての学生」つまり、一般的な「生徒」と捉えられる
んですね。

次に、主語と動詞の合意を見てみました。
All of the money on the desk is mine.
All of the coins on the desk are mine.
どちらもお金が自分の物だと主張していますが、注意する点があります。
moneyは抽象的にお金を意味するので不可算名詞なのはご存じですね?
それに対してcoinは数えられるので加算名詞です。
ということで、be動詞が異なるんですね(^^♪

パターンプラクティス
15:00~15:50 6 students

こちらを好みますの表現を沢山練習しました(‘ω’)
I prefer eating at a restaurant.
。。。にくらべてこちらを好むにするには
I prefer eating at a restaurant to picking up takeout.
同じ意味を異なる表現で
I prefer to eat at a restaurant rather than pick up takeout.

なんだか似ていてややこしいですね( ;∀;)
アウトプットを沢山して、口慣れるのがベストです!

Thank you all for your attendance!
See you shortly<3

2017. 8. 16 Wednesday : SSB and パターンプラクティス

SSB
13:00~13:50 6 students (★1 trial student)
14:00~14:50 5 students

今回も頻度の表現でした(^^♪

I wash my hair once a day.
He has time for his hobby twice a week.
She has time for a big breakfast three times a month.
twice以降はthree times, four timesと数を増やせばOKです!
“or”で繋げて、こんな表現も可能です↓
I have time for my hobby twice or three times a week.

この表現と前回のレッスンで学んだ頻度の副詞を使って
A: I skip breakfast 4 times a week.
B: So, you usually skip breakfast.
といった言い換えを沢山練習しました(‘ω’)

パターンプラクティス
15:00~15:50 5 students

今回は方法を少し変えてみました(^^♪

映画に行く予定の2人が使いそうなフレーズをふんだんに盛り込みました!

どんな映画を観たいかを尋ねるには
What movie should we see?
What movie would you like to see?

映画の評判が良いと伝えるには
I heard that <movie title> is great.
<Movie title> is getting great reviews.
<Movie title> is supposed to be great.

誰が出演しているのかを尋ねてみるには
Do you know who is in it?
Do you know who are the actresses?

学んだフレーズを上手に使いこなして会話もしていただきました=3

Did you have a good time during the Bon holidays?
See you soon!

2017,8,12; BF

BF
18:00~18:50 4 students
19:00~19:50 5 students

今日は久しぶり?のTruth or Falseゲームでした。
みんなだんだん嘘が上手になってきてます。
ちょっと今度は趣向を変えてみます♡

2時間目は自分が引いたカードに書かれたテーマに関して話してもらいました。
これもテーマ総入れ替えでリニューアル予定(^^♪
こうご期待♡

Thanks for coming tonight! See you next time~

 

2017.8.11; リアルな日常英会話/パターンプラクティス/BF

リアルな日常英会話
15:00~15:50 5 students
20:30~21:20 5 students

今日のリアルはお掃除がテーマでした。
普段何気に使ってる掃除道具、みなさん英語で言えますか?
ほうき、ごみ箱、ごみ袋、掃除機などなど。。。

単語の次はそれを使っての文章作り♪
「ほうきで床をはく。」「流し台を磨く」とか、普段みなさんがおうちでやっていることを英文にしましたよ。掃除するたびに思い出してくださいね~☆彡

パターンプラクティス
16:00~16:50 6 students

今日はお休みが始まっている方も多いみたいで、めずらしい生徒さんにもたくさん来てもらえました♪ 楽しかったです~

テーマは”Do you have any plans for Obon holiday?”
この質問に”I am thinking of~”と”I am going to ~”の2パターンを使って答える練習をしました。I am thinking of~は「~しようと思ってるんだ」、つまり、まだ定かではないというニュアンスが含まれてるのに対してI am going to~「~するよ」にはもう決めているというニュアンスが含まれる、ということでしたね。

まさに今使えるフレーズです♪

BF
18:30~19:20 6 students
19:30~20:20 7 students

今日は”Personality”をテーマとしたペアワークでした。
正直今日のテーマは少し難しかったです!!

”What kind of people do you get along well with?”
“What personarity trait would you like to develop?”

こんな感じの質問が7つも。。。多すぎたね、ごめんね。。。でもみんな本当に素晴らしい出来でした♡(^^♪

Thanks for joining and working hard! Have a lovely holiday….

2017. 8. 9 Wednesday : SSB and パターンプラクティス

SSB
13:00~13:50 3 students
14:00~14:50 3 students

<always, usually, often, sometimes>
といえば頻度の副詞ですね(^^♪
日常生活でのアクティビティの頻度を表現することから始め=3

I always eat breakfast.
He usually eat lunch at cafeteria.
She often listens to music after dinner.

動詞の後ろに配置するのが一般的なので、まずはこの順列に
慣れてくださいね(‘ω’)

次は<seldom, rarely, never>日本語に訳すと否定の意味を含む
頻度の副詞です。

I seldom watch TV.
He rarely drinks water.
She never eat meat.

おそらく皆さんにお馴染みのneverは「決して、絶対に~ない」
の意味です!(^^)!

never > rarely > seldom
neverよりもrarely方が頻度があり、rarelyよりも頻度が上がるのが
seldomとなります☆彡

パターンプラクティス
15:00~15:50 4 students

「なぜ、…できない/ならないんだ?」と表現するには
Why can’t you ….? が使えます!(^^)!
例えば
Why can’t you come here on time?
遅れがちなバスの不平を言うのなら
Why can’t buses come on time?

同意を表して
That is a good point! 或いはYou have a good point!

このpointを違う使い方で用いて話相手に話の要点或いは意味
を問うには↓
What is the point?
自炊する意味が何なのかを尋ねるのなら
What is the point of cooking at home?
となります(^^)/

Thank you for coming !
See you shortly.

2017. 8. 2 Wednesday : SSB and パターンプラクティス

SSB
13:00~13:50 3 students
14:00~14:50 4 students

This train a slow train.
名詞”train”を形容詞”slow”が補足して「遅い列車」。
This train runs fast.
動詞”run”を補足出来るのは副詞なので”fast”とすると
「この電車は速く走る」となりますね。
今回は様態を表す副詞を形容詞を用いた文章と対比して
学びました☆

次に
I drove carefully.
I carefully drove.
動詞の前後どちらにも置ける副詞から始め、
「大変、気の毒に思います」
I’m deeply sorry to hear that.
「彼女は酷く怪我をした」
She was badly injured.
など、決まったフレーズにマッチする副詞を
ランダムに使ってみました!
パターンプラクティス
15:00~15:50 5 students

I believe you love beer.
「あなたはビールが好きよね」
“think”よりも強く確信のある”believe”を用いてた
表現を。

「私が好きなのはビールではなくてワイン」
と伝えるには
I love not beer, but wine.
自分ではなくjaneがビールを好きなら
Not I but Jane loves beer.
ビールだけでなくワインも好きならば
I love not only beer but also wine.
“not only, but also”懐かしい構文ではありませんか!?

Thank you for your attendance!
See you shortly<3