12/5(Thu.) Maiko

●ゼロから★
7:00pm-7:50pm 0 student

●F1★
8:00pm-8:50pm 1 student

今日からひっそりと、ゼロから★とF1★をはじめました!
11月から★レッスンが大幅に減っていたので、特に少人数でゆっくり勉強したい方にはおすすめです!

●ゼロから★

本日は0名でした!
少人数のゼロからクラスでは、個別にレベルに合わせたレッスンの進め方もできますので、
この時間帯ぜひ活用してみてくださいね。

●F1★

本日は1名生徒さんがおられました!
年末ということで、干支の話や家族の話などをしました。

干支はちなみに英語でChinese zodiacといい、動物の名前の言い方や意味の違いも紹介しました。

丑年
ox – 雄の牛のこと

辰年
dragon –

兎年
rabbit – うさぎ
hare – 野うさぎ(ピーターラビットみたいな見た目のうさぎ)

猪年
boar –
pig –

今日はのF1クラスでは、使用しませんでしたが
「話が続けられない」という悩みを持つ方に向けて、特別な練習用の自分ネタ帳シートを準備しています。

質問事項は、
・あなたの名前の由来
・時間が空いた時にすること
・最後に映画館でみた映画
など、単純な内容のものですが、
そういった簡単な内容の話を膨らます事が出来るよう、レッスン内で言いたいことを英語にするお手伝いをし、自分の言葉にできるように練習していきます。

F1を受けたことがない方も気軽に参加してみてくださいね♪

Thanks again and I hope to see you soon!

Maiko🐟💨

11/13(Wed.) Maiko

●ゼロから
18:00pm-18:50pm 0 student

●G1(単語編)
19:00pm-19:50pm 1 student

●G1
20:00pm-20:50pm 0 student

1時間目の、ゼロから
3時間目の、G1
は参加者0名でした!

実は急ではございますが
昨日(11/12)から私のクラスの★が一時的に取れることになりました・・🙇‍♀️

お会いできたかたに今お伝えしているところですが、
私の11月の1、2週目のレッスンがもともと★レッスンだったのですが
11/12から急に変更が決まった為、11/1~11/9の間の私のレッスンを受けた方は
★レッスンカウントをしなくていいことになりました。

いつもただでさえスケジュールが動きやすいレッスンに
毎回時間を合わせて来ていただいているにも関わらず度重なる変更ですみません🙇‍♀️
煩雑なのでお会いできた方、いつでもお気軽に質問ください。

●G1(単語編)

今日は動詞編、【1~210】の総復習回でした。

9月からスタートしたG1(単語編)が終わったなんて日が経つのが早いですね。
なかなかvelcoにはテストがあるクラスはあまりなく、少し特殊なクラスでしたが、
初めから毎回かなり復習をしてくてくださっていたおふたりが最終的には
最善を尽くして受験してくださいました!

復習が大事なクラスのため、継続してくださったおふたりには感謝です。
お仕事の合間をぬっての勉強は本当に、本当に、大変だったと思います😖
結果おひとりは100問中8割、もうひとりは100問中6割りという成績を残してくださいました!

ささやかなお祝いですが、クリスマスブーツ🎅とチョコ🍫で少し癒されてください☃️

次回からは形容詞編を行いますが、今回やった結果、
初めからどのくらい伸びたかを可視化できた方がより達成感があると考えましたので、
少しレッスンの進め方もレベルアップしてきますね!
一緒に頑張りましょう!

Thanks again and I hope to see you soon!

Maiko🐟💨

11/7(Wed.) Maiko

●ゼロから★
18:00pm-18:50pm 1 student

●G1(単語編)★
19:00pm-19:50pm 2 students

●G1★
20:00pm-20:50pm 4 students

今日は久しぶりの顔ぶれとも会えて、嬉しい夜でした🌜

●ゼロから★

今日は②be動詞の肯定文・疑問文・否定文の回でした。

なかなか、G1レベルのクラスになると取り扱われない本当に基礎的なところを
ひとつひとつ混乱しないようゆっくり進めて行きました。

勉強し始めは何から手をつけたらいいかわからず結局自分での学習は何もせずとなることもありがちですが、
まずはレッスンを見直す時間を作ってもらうことが一番いいと思っています。
あと、1時間のクラスの中で1つ、2つでも覚えたことがあったら上出来!くらいの気持ちでいることは大事な気がしています。
あんまり追い詰めすぎず、ゆっくり、でもしっかり基礎固めを頑張りましょうね!

●G1(単語編)★

今日は動詞編、【181~200】の範囲でした!

9月からスタートしたG1(単語編)は、

11/13(水)はついに全ての範囲の学習が完了することになるので、
レッスンの最後の時間で動詞210語の総復習テストを行います

もちろん途中からの参加も、力試しでもたくさん参加されているので、
合格者にはちょっとしたお祝いもしたいと思っています〜💪
お気軽に参加してみてくださいね〜🌼

●G1★

今日は
受け身を用いた感情表現
を勉強しました。

日本語と英語の発想の違いでおもしろいのは
英語では自分がとある感情になる時、
それは外から与えられたものとみなされるため
表現を受け身に変えて表す必要があります。
そのあたりの感覚についてもゆっくり話しながら理解していきましたね!

It was a tiring day.
「昨日は疲れる日でした。」

be tired – 疲れている
tiring – 疲れさせる

I was touched by her words.
「私は彼女の言葉に感動しました。」

Her speech was touching.
「彼女のスピーチは感動的だった。」

be touched – 感動する
touching – 感動させる

Thanks again and I hope to see you soon!

Maiko🐟💨

10/30(Wed.) Maiko

●ゼロから★
18:00pm-18:50pm 1 student

●G1(単語編)★
19:00pm-19:50pm 2 students

●G1★
20:00pm-20:50pm 1 student

●ゼロから★

今日は①自己紹介の回でしたので、
初対面の方とのちょっとした会話のやり方のレッスンを進めました。

名前の聞き方も、シチュエーション別にいくつか紹介しましたね。
What’s your name?
May I ask your name?
I’m ____, and you are?

よく使われる、
「はじめまして!」の言葉も勉強しました。
Nice to meet you.
Nice to meet you, too.
相手に返すときは”too”を後ろにつけてくださいね。

また、
ポジティブに「はい!」や「お願いします!」「ぜひ!」と返事する際に便利な

Sure!
も発音や使い所の練習をしました。

また、少し発展して
自分の出身地を紹介する方法も紹介しました。

I am from <場所>.
「わたしは<場所>から来ました。」

I was born in <場所>.
「わたしは<場所>で生まれました。」

I was raised in <場所>.
「私は<場所>で育ちました。」

生まれも育ちも同じ場所の時は、

I was born and raised in <場所>.

生まれと育ちの場所が違う時は、

I was born in <生まれた場所> and raised in <育った場所>.

など、決まってよく使われる表現の言い方を紹介しました。

●G1(単語編)★

今日は動詞編、【161~180】の範囲でした!

9月からスタートしたG1(単語編)は、
・動詞編
・形容詞編
・副詞編
と分かれており、今は動詞編を取り扱っています。

初めに単語リストをお渡しし、
毎週20語ずつ1時間の中で学習しています。
その後各自で自習して覚えて、
次の週の初めの15分程度でテスト・答え合わせをするという形式の他とちょっと違ったクラスです。

11/13(水)はついに全ての範囲の学習が完了することになるので、
レッスンの最後の時間で動詞210語の総復習テストを行います‼️

もちろん途中からの参加も、力試しでもたくさん参加されているので、
合格者にはちょっとしたお祝いも用意したいと思っています!
お気軽に参加してみてくださいね〜🏆💪

●G1★

今日はなんとプライベートレッスンでしたので、
ratherを使った便利表現を一緒に勉強しました!

「〜する方がいい」「むしろ〜したい」を伝える
I’d rather + 動詞原型~.

I don’t want~よりも遠回しに「したくない」を伝える
I’d rather not + 動詞原型~.

※”I’d”には”would”が隠れています!

I’d rather eat out tonight.
「今夜は外食する方がいいなあ。」

I’d rather not live in the big city.
「都会に住みたくないなあ。」

I’d rather watch movies than go out.
「出かけるよりは映画を観たいな。」

I’d rather walk than drive.
「車で行くより歩いていきたいな。」

S__337190915.jpg

Maiko🐟

10/26(Sat.) Maiko

●G1★
12:00pm-12:50pm 6 students
●G1★
13:00pm-13:50pm 6 students
●ゼロから★
14:00pm-14:50pm 4 students

●G1★

今日の1時間目は
形容詞・副詞の最上級
をメインに、文法の勉強をしました。

クラスでは
形容詞・副詞の比較を表す
原級→比較級→最上級
の活用の紹介もしましたね。

例えばイレギュラーな活用では
以下を紹介しました。
good – better – best
well – better- best
bad – worse – worst

This is the best present I’ve ever got/gotten.
「これは今までもらった中で一番嬉しいプレゼントだ。」
※get – got – got/gotten
Getの動詞の活用形で、過去分詞型は2種類ありますね。

It was the worst headache I’ve ever got/gotten.
「それは私が経験した中で最もひどい頭痛でした。」

2音節以上の形容詞・副詞の最上級は
The + most + 形容詞・副詞
となることも重要なポイントのひとつです。

He was the most talkative person I’ve ever met.
「彼は今まで出会った人の中で最もおしゃべりな人だ。」
※talkative – しゃべり

2時間目は
受け身を用いた感情表現
を勉強しました。

受け身表現というのは
be動詞 + 過去分詞型
の形をとる表現のことです。

日本語と英語の発想の違いでおもしろいのは
英語では自分がとある感情になる時、
それは外から与えられたものとみなされるため
表現を受け身に変えて表す必要があります。
そのあたりの感覚についてもゆっくり話しながら理解していきましたね!

G1ではまず日常でも出てきやすい基礎的な表現を用い勉強しました。

I was tired last night.
「私は昨晩疲れていました。」

It was a tiring day.
「昨日は疲れる日でした。」

be tired – 疲れている
tiring – 疲れさせる

I was very disappointed with the food.
「食事にがっかりしました。」

The food was disappointing.
「食事はがっかりでした。」

be disappointed – 失望している
disappointing – 失望させられる

I’m worried about the weather.
「私は天気が心配です。」

●ゼロから★

今日は全12回レッスンの最終回
⑫疑問詞の回」でした!

今日参加の受講者みなさんが全てを順番に受けられたわけではなかったので、
ひとつひとつ思い出しながらゆっくり進めていきました。
(※ですので、全12回制ですが途中から参加いただくのも大丈夫です✿)

復習した基本的な考えとしては、同じ疑問詞を使った疑問文でも、それぞれ
・疑問詞 + be動詞の疑問文
・疑問詞 + 一般動詞の疑問文
となることから、意味によって使い分けする必要があることです。

中でもWhoを使った疑問文については、
Who + ~? の形をとるケースについてはもう一度よく復習しました。

My mom ate strawberries. /肯定文
「私の母はいちごを食べました。」

Did your mom eat strawberries? /一般動詞の疑問文
「あなたの母はいちごを食べましたか?」

Who did ×she× eat strawberries? /Whatを使った疑問文
「誰が彼女がいちごを食べましたか?」

→ ここでsheを入れたら、誰が食べたのかを聞いているのに誰が食べたのかを知っていることになるのでおかしい!このため主語に当たるsheは入れません。
同時に助動詞は主語(I, we, they, he, she, we)がないと使うことができません。

答え:
Who ate strawberries?
「誰がいちごを食べましたか?」

レッスン中では他にもいろいろな例文を紹介しながら理屈ではなく感覚も知ってもらえるよう練習をしました!

生徒さんからよく聞く悩みとして、「会話が続かない」は本当に多いですが、
疑問詞を使った疑問文の作り方の基礎をマスターすれば、会話のキャッチボールに重要な質問する力が鍛えられると思いますので、基礎的なことから復習したい方はぜひご参加くださいね〜!

image.png

ハロウィンらしいお菓子を食べました、この季節の雰囲気はすごく好きです👻👌

Thanks again and I hope to see you soon!

Maiko🐟💨

7/16 (Tue.) Maiko

ゼロから★
6:30pm – 7:20pm 2 students
トラベルプラクティス★
7:30pm – 8:20pm 7 students
パターンプラクティス★
8:30pm – 9:20pm 6 students

●ゼロから★

今日は「⑩Howの回」でした!
疑問詞をゼロからクラスで取り扱う時は、
それぞれの文章が
be動詞の文章なのか、一般動詞の文章なのか
に特に気をつけて勉強をしています。

[be動詞の疑問文]
How + <be動詞> ~?
~はどうですか?/~はどのようですか?

I am great. /be動詞肯定文
Are you great? /be動詞疑問文
How are you? /howを使ったbe動詞疑問文

※How is は How’s と縮めて発音できる。

[一般動詞の疑問文]
How + <do/does/did> + <人(主格)> ~?
<人(主格)>はどのように〜しますか?/〜しましたか?

I come to school by train. /一般動詞肯定文
Do you come to school by train? /一般動詞疑問文
How do you come to school? /howを使った一般動詞疑問文

※主格(〜は)の人称代名詞
<単数>
私 ー I
あなた ー you
彼 ー he
彼女 ー she
それ ー it
<複数>
私たち ー we
あなたたち ー you
彼ら/彼女ら/それら ー they

ゼロからのレッスンでは、人称代名詞が間違っていないかも丁寧に確認し、指導します。

How do you spell it?
「どのような綴りですか?」

How do you pronunce that?
「それはどうやって発音するのですか?」

How do you say 地下鉄 in English?
「地下鉄は英語でどのように言いますか?」

How is the weather?
「天気はどうですか?」

●トラベルプラクティス★

今日は
一通り注文が終わった後のレストランでの過ごし方と、お支払い
というシチュエーションを想定して、それに関連して使いやすいフレーズを学びました。

Please give our compliments to the chef!
「シェフに美味しかったと伝えてください!」
compliments – 賞賛,褒め言葉

Could we have the bill, please.
「請求書をいただけますか。」

※意味はどちらも勘定書、請求書の意味になる
bill (UK)
charge (US)

Is the service fee included?
「サービス料は含まれますか?」
※「チップ」は地域やお店によって色々な言い方をされる。
tip
gratuity
service fee
include – 含む

You can keep the change/rest.
「残りはとっておいてください。」

⚫︎パターンプラクティス★

今日は
I’ve always wanted to + 動詞.
I’ve always wanted + 名詞.
ずっと〜(動詞)したいと思っていた。
ずっと〜(名詞)が欲しいと思っていた。
という表現はピックアップして練習しましたね!

I’ve always wanted to go to Miyako-island!
「ずっと宮古島に行きたいと思っていました!」

I’ve always wanted to meet you!
「ずっとお会いしたいと思っていました!」

I’ve always wanted a new one!
「ずっと新しいのが欲しいと思ってたんだよ!」

I’ve always wanted to study abroad.
「ずっと留学したいと思ってたんだよね。」

I’ve always wanted to ride a Segway.
「ずっとセグウェイに乗ってみたいと思ってたんだよね。」

目で追いながら見れば、「わかる、わかる。」となりますが、
実際声を出して発音してみるとなかなかうまくいい回せないことが多いです😖
クラスではできるだけたくさんの時間、フレーズを繰り返して少しでも感覚で覚えてもらえるよう工夫していきます!
またたくさんシチュエーションやフレーズを持って行きますね💨

Thanks again and I hope to see you very soon!

Maiko🐟

6/29 (Sat.) Maiko

●G1★
11:00pm-11:50pm 6 students
●G1★
12:00pm-12:50pm 8 students
●ゼロから★
13:00pm-13:50pm 4 students

●G1★

今日の1時間目のメイントピックは
日常で使いやすい、
「〜しようとしたけど〜しなかった。」
というフレーズをメインに、文法の勉強をしました。

[主語] tried to [動詞] but [主語’] [動詞’]
「[主語]は[動詞]をしようとしたが、[主語’] [動詞’]しなかった。」

I tried to prepare food but I was too lazy.
「ご飯の用意をしようとしたがダラダラしていた(からできなかった)。」

I tried to fix my cellphone but I couldn’t.
「ケータイをなおそうと思ったが、できなかった。」
fix – 修理する
修理する機会がありそうな家電をいくつか英語で考えてみましたね💨
ノートパソコン – laptop
(lapとは膝という意味があります)
ドライヤー – hair dryer
洗濯機 – washing machine
電子レンジ – microwave

I tried to go to bed earlier but I couldn’t.
「早く寝ようと思ったが、できなかった。」

Do you know why he is upset?
「なんで彼が怒っているのかわかる?」

2時間目のメイントピックは
助動詞で忘れられがちな推量の用法を使った
日常でよく使われる「〜に違いない」「〜かもしれない」
という表現を勉強しました。

[主語] must be ~
「[主語] は〜に違いない。」

You must be tired!
You must be exhausted!
「疲れたでしょう!/クタクタでしょう!」
※exhaustという単語自体には、使い果たすという意味がある。

It must be raining outside.
「外は雨だろう。」

He must be her son!
「彼は彼女の息子に違いない!」

It must be fun!
「それは面白いだろうね!」

[主語] could be ~
「[主語] は〜かもしれない。」

He could be at home.
「彼は家にいるかもしれない。」

She could be at her desk.
「彼女はデスクにいるかもしれない。」

Could be better.
「あまり良くないかも知れない。」
※Couldn’t be better! → これ以上いいことはない(=最高)

ポイントは、
どうしても
must →「〜しなくてはならない」
could →「丁寧な疑問文で使用する」
というイメージが強いですが、物事を推測する表現でも用いられるということです。

会話の相槌でも使いやすいので、ぜひ覚えてフリートーキングクラスで使ってみてくださいね。

●ゼロから★

今日は「⑦Whereの回」でした。
疑問詞をゼロからクラスで取り扱う時は、
それぞれの文章が
be動詞の文章なのか、一般動詞の文章なのか
に特に気をつけて勉強をしています。

[be動詞の疑問文]
Where + [be動詞] ~?
「~はどこですか?」

VELCO is in Osaka. /be動詞肯定文
Is VELCO in Osaka? /be動詞疑問文
Where is VELCO? /whenを使ったbe動詞疑問文

[一般動詞の疑問文]
Where + [do/does/did] + [人(主格)] ~?
「はどこで〜しますか?」

He works in Japan. /一般動詞肯定文
Does he work in Japan? /一般動詞疑問文
Where does he work? /whenを使った一般動詞疑問文

どこ〜?の質問に答えるときによく使う前置詞も一緒に勉強しておきました。

Where are you now?
– I am in a taxi.
「今どこなの?」
「今タクシーの中だよ。」

Where is the food?
– It’s in the fridge.
「食べ物はどこ?」
「冷蔵庫の中だよ。」

Where are you now?
– I am on the 4th floor.
「今どこなの?」
「4階にいるよ。」

フロアの数え方も簡単な部分だけ触れました。
1st floor
2nd floor
3rd floor
12th floor
11th floor
22nd floor
31st floor

Where is he?
– He is on the couch.
「彼はどこなの?」
「彼はソフアの上だよ。」

以上、復習に役立てば嬉しいです💨

Thanks again and I hope to see you very soon!

Maiko🐟

6/25 (Tue.) Maiko

●ゼロから★
6:00pm – 6:50pm 4 students

●トラベルプラクティス★
7:00pm – 7:50pm 7 students

●パターンプラクティス★
8:00pm – 8:50pm 5 students

最近日が長くなってきて、教室で授業をしていたら西日がまぶしいです!
もう、夏ですね🍨

●ゼロから★

今日は「⑦Whereの回」でした。
疑問詞をゼロからクラスで取り扱う時は、
それぞれの文章が
be動詞の文章なのか、一般動詞の文章なのか
に特に気をつけて勉強をしています。

[be動詞の疑問文]
Where + [be動詞] ~?
~はどこですか?

VELCO is in Osaka. /be動詞肯定文
Is VELCO in Osaka? /be動詞疑問文
Where is VELCO? /whenを使ったbe動詞疑問文

[一般動詞の疑問文]
Where + [do/does/did] + [人(主格)] ~?
はどこで〜しますか?

He works in Japan. /一般動詞肯定文
Does he work in Japan? /一般動詞疑問文
Where does he work? /whenを使った一般動詞疑問文

どこ〜?の質問に答えるときによく使う前置詞も一緒に勉強しておきました。

Where are you now?
– I am in a taxi.
「今どこなの?」
「今タクシーの中だよ。」

Where is the food?
– It’s in the fridge.
「食べ物はどこ?」
「冷蔵庫の中だよ。」

Where are you now?
– I am on the 4th floor.
「今どこなの?」
「4階にいるよ。」

フロアの数え方も簡単な部分だけ触れました。
1st floor
2nd floor
3rd floor
12th floor
11th floor
22nd floor
31st floor

Where is he?
– He is on the couch.
「彼はどこなの?」
「彼はソフアの上だよ。」

●トラベルプラクティス★

今日は
レストランでオーダーする際に、料理の量やついてくるサイドディッシュ等を確認する
というシチュエーションを想定して、それに関連して使いやすいフレーズを学びました。

How big are the portions?
量はどのくらいなんですか?

この聞き方をすると、1オーダーにつきどのくらいの量がくるのかを聞くことができます。
結構海外でお食事をした際、メインよりも大量のジャガイモが来たりびっくりな経験も多いと思うので、おすすめフレーズとして紹介しました!

What does each order come with ?
それぞれの注文に何が付きますか?
※ついてくる – come with A

Is it spicy?
「辛いんですか?」

また、お食事の間に追加オーダなど声を掛けられた際、
どんな返しをすればいいか簡単なものをご紹介しました。

I’m full, thanks.
「お腹いっぱいです、ありがとうございます。」

Enjoy your meal!
Will do!
「お食事楽しんでくださいね!」
「そうします!」

Enjoy the rest of your day!
Thanks, you too!
「残りも一日楽しんでくださいね!」
「ありがとうございます、そちらも楽しんでください!」

こういった呼びかけに対する回答は日本語であまりないので
いざ言われるとどきっとしてしまうかもしれませんが、
その状況に備えて上記の返答をイメージしておけば、必ず自然と返事を返すことができると思います!

●パターンプラクティス★

今日は
「知り合いの癖の話をする」
というシチュエーションを想定して、それに関連して癖を説明するときに使いやすいフレーズを学びました。

学んだフレーズ:
[S] can’t stop ~ing.
~がやめられない。

[S] is always ~ing…
いつも〜している。(※ネガティブな響きで使用されることも多い)

I can’t stop biting my nails.
「爪を噛むのがやめられない。」

He is always tapping his foot.
「彼はいつも足をぽんぽんしている。」

I can’t stop playing with my phone.
「携帯をいじるのがやめられない。」

She’s always rubbing her eyes.
「彼女はいつも目をこすっている。」

身近な動作表現、意外と知らないものも多いですよね。
知っていると状況を説明する際にも言葉が出てきやすいのでおすすめです。
自分が動作をしたとき、「そういえばこれ英語で〜っていうんやったなあ!」
と心で思い出しながら楽しく習得してもらえればいいと思っています💨

Thanks again and I hope to see you very soon!

Maiko🐟

6/22 (Sat.) Maiko

●G1★
11:00pm-11:50pm 3 students
●G1★
12:00pm-12:50pm 7 students
●ゼロから★
13:00pm-13:50pm 3 students

●G1★

今日の1時間目のメイントピックは
間接疑問文」と言う分野を取り上げました。
中でも日常で使いやすい、

Do you know S + V~…?
あなたは〜か知っていますか?

というフレーズをメインに、文法の勉強をしました。

この間接疑問文では、疑問詞以下が
S + V
になるため、通常の疑問文とは違った語順になるところが注意点です✏️

Do you know who he is?
「彼誰かわかる?」
※通常はWho is he?だが、間接疑問文のためhe isの語順。

Do you know where the station is?
「駅がどこかご存知ですか?」

Do you know where I can get a map?
「地図はどこでもらえるかご存知ですか?」

Do you know why he is upset?
「なんで彼が怒っているのかわかる?」

2時間目のメイントピックは
比較級表現を使った
日常でよく使われる「〜したい」「〜がいい」を表すことのできる表現を勉強しました。

I’d rather A than B.
私はBするよりはAしたい。
(I’d = I would)

ポイントは、
ratherの後ろに動詞を置くときは「原型
否定形は「I’d rather not …」であることです!

I’d rather eat spaghetti.
「私はスパゲティが食べたい。」
※意外とpastaはイタリア語だから通じないことも多いですよ!

I’d rather go out than stay at home.
「家にいるよりは外に出たい。」

I’d rather walk than drive.
「車を運転するよりは、歩く方がいい。」

I’d rather not.
「できればしたくない。」

I’d rather stay up late than wake up early.
「早起きするよりは夜更かししたい。」
※stay up late – 夜更かしする
※wake up early – 早起きする

早起きが好きな人、夜更かしな人結構いつも分かれますね〜🌚🌞

●ゼロから★

今日は「⑥Whenの回」でした!
疑問詞をゼロからクラスで取り扱う時は、
それぞれの文章が
be動詞の文章なのか、一般動詞の文章なのか
に特に気をつけて勉強をしています。

[be動詞の疑問文]
When + <be動詞> ~?
~はいつですか?

Her birthday is on 9th April. /be動詞肯定文
Is her birthday on 9th April? /be動詞疑問文
When is her birthday? /whenを使ったbe動詞疑問文

[一般動詞の疑問文]
When +<do/does/did> + <人> ~?
はいつ〜しますか?

They work on Tuesday. /一般動詞肯定文
Do they work on Tuesday? /一般動詞疑問文
When do they work? /whenを使った一般動詞疑問文

※主格(〜は)の人称代名詞

私 ー I
あなた ー you
彼 ー he
彼女 ー she
それ ー it

私たち ー we
あなたたち ー you
彼ら/彼女ら/それら ー they

ゼロからのレッスンでは、人称代名詞が間違っていないかも丁寧に確認し、指導します💨

最後に、When~?の疑問文でよく会話に使用される表現も勉強し、アウトプットの時間も作りました!

When do you usually~?
あなたはいつよく〜しますか?

When do you usually study?
「あなたはいつよく英語を勉強しますか?」

I usually study in the morning.
I usually study in the afternoon.
I usually study in the evening.
I usually study at night.
「私はよく朝に/昼に/夕方に/夜に勉強します。」

朝に、昼に、夕方に、夜に
の表現も勉強しました🌄

「ゼロから」は特に少人数のクラスなので、
何度も同じ文章を忘れた頃に口頭作文してもらいました💨

忘れがちな3人称単数の「s」も細かく訂正し、
ついつい忘れているところを再度確認していきましたね〜!

今の世の中、たくさんわかりやすい英語学習動画や教材がありますが、
自分の気がつかないうちにしてしまう間違い、直接訂正してもらう機会は英会話教室ならではのいいところなのかな、と思っています💭

また「なるほど〜!」と思ってもらえるようなちょっとした便利な表現を持ってきますね💼

Thanks again and I hope to see you very soon!

Maiko🐟

6/18 (Tue.) Maiko

ゼロから★
6:00pm – 6:50pm 3 students
トラベルプラクティス★
7:00pm – 7:50pm 5 students
パターンプラクティス★
8:00pm – 8:50pm 5 students

●ゼロから★

今日は「⑥Whenの回」でした!
疑問詞をゼロからクラスで取り扱う時は、
それぞれの文章が
be動詞の文章なのか、一般動詞の文章なのか
に特に気をつけて勉強をしています。

[be動詞の疑問文]
When + <be動詞> ~?
~はいつですか?

Her birthday is on 9th April. /be動詞肯定文
Is her birthday on 9th April? /be動詞疑問文
When is her birthday? /whenを使ったbe動詞疑問文

[一般動詞の疑問文]
When + <do/does/did> + <人(主格)> ~?
<人(主格)>はいつ〜しますか?

They work on Tuesday. /一般動詞肯定文
Do they work on Tuesday? /一般動詞疑問文
When do they work? /whenを使った一般動詞疑問文

※主格(〜は)の人称代名詞
<単数>
私 ー I
あなた ー you
彼 ー he
彼女 ー she
それ ー it
<複数>
私たち ー we
あなたたち ー you
彼ら/彼女ら/それら ー they

ゼロからのレッスンでは、人称代名詞が間違っていないかも丁寧に確認し、指導します💨

最後に、When~?の疑問文でよく会話に使用される表現も勉強し、アウトプットの時間も作りました!

When do you usually~?
あなたはいつよく〜しますか?

When do you usually study?
「あなたはいつよく英語を勉強しますか?」

I usually study in the morning.
I usually study in the afternoon.
I usually study in the evening.
I usually study at night.
「私はよく朝に/昼に/夕方に/夜に勉強します。」

朝に、昼に、夕方に、夜に
の表現も勉強しました🌄

●トラベルプラクティス★

今日は
知らない土地で通りがかりの人に銀行の場所を聞く
というシチュエーションを想定して、それに関連して使いやすいフレーズを学びました。

Just keep walking straight!
「(ただ)まっすぐ行ってください!」

It’s just around the corner.
「すぐそこですよ。」
around the cornerすぐそこという意味で使えます。

I need to exchange some money.
「幾らかお金を両替したいんです。」
exchange「交換」「両替の意味があります。

便利フレーズとして、
Will do!
(相手の言葉に対する反応で)そうする!
を紹介しました。
カジュアルな表現で、以下は使えるシチュエーションの一例です🌼

Enjoy your stay!
「滞在楽しんでくださいね!」
– Will do!

Have a nice day!
「いい日になりますように!」
– Will do!

●パターンプラクティス★

今日は
会社に遅刻して、その理由を同僚と話す
というシチュエーションを想定して、それに関連して使いやすいフレーズを学びました。

Sorry, I’m running late!
「ごめん、遅れてる!」
※遅れてる最中電話やメールで相手に言う感じ。

Sorry, I’m late!
「ごめん、遅刻です。」
※完全に遅れた状況で、謝る感じ。

I took the wrong bus.
「間違ったバスに乗ってしまった。」

I got a flat tire.
「タイヤがパンクしちゃった。」

また、フレーズとしては
What’s ~…?
を使った日常的表現を紹介しました。

What’s wrong?
「どうしたの?」

What’s the matter?
「どうしたの?」

この2つの違いとしては、
同じ意味ではありますが説明するとすれば、以下の通りでご紹介しました✏️

What’s wrong?
は「wrong」を使っていることから自分から見て様子がおかしいと思って「どうしたの?」

What’s the matter?
は「the matter」を使っていることから、状況として何があったのかを質問する感じで「どうしたの?」

What’s new?
「最近どう?」

他にも、知っている単語の組み合わせでも、justやusuallyなどの副詞を挟むことで一気に自然な表現にできます。

 

レッスン後の復習は何より大切です。ですが、真面目に英語力向上を目指す方で「自宅での復習時間を多く取ろうと思いすぎて、逆に何から手をつけたらいいか混乱して時間が過ぎてしまう・・・」というお悩みをよく聞きます。

お仕事終わりに勉強される方も多くいらっしゃるので、本当に時間がないことは痛いほどわかります!

そんな方には、個人的アドバイスとして、自分のハードルを少し下げてみて、毎日ノート3行でもいいので、1コマのレッスンから1フレーズだけは覚えると決めたりして、ちょっとずつ続けてみる事をおすすめしています・・・。

それができないから、勉強は大変なので安易なアドバイスですが・・・!

今後そんな悩みを持つ方に対してサポート体制が夏以降どんどん整えられるようVELCOでも計画中なので、是非一緒にがんばりましょう!

Thanks again and I hope to see you very soon!

Maiko🐟