2018.8.8 Wednesday: SB、イディオム&ボキャブラリー強化

SB
19:00~20:00 12 students
20:00~21:00 8 students

たくさんの方に来て頂きありがとうございます!

1時間目は【時制】を意識してみました。
現在形(現在進行形)・過去形・未来系・現在完了形と最低限知っておけばなんとかなる時制はありますが、もちろん他にも色々ありますよね。
また、それぞれの時制には、やはり相性のよい副詞(時間表現)というのがあります。

例えばlately→現在完了形、almost everyday→現在形、this time next year→未来形、at the moment→現在進行形、などですね!

なので今回はまず副詞から見ていって、どういった時制とマッチするかという観点から考えてもらいました。
またby the timeのような、過去完了形と相性がよい表現もありますので、結構難しい時制ではありますが、取り上げてみました。

2時間目は久々にイディオムちっくなことをやりました!

have a good relationship = get on well, get along
decide = make up one’s mind
realise = find out
postpone = put off
stop = give up

このように、あることを表すのにひとつだけの表現を使うわけではないですよね~。
しかも難しい単語をひとつ覚えるより、簡単な単語を組み合わせてるだけっていうものも多いです。
どうしても決める=decideと覚えていると、なかなかmake up my mindとは出てこないので、意識して使う必要があります~!
ほんとにそんな表現するの?とたまに言われますが、ドラマとか見てるとむしろこっちの方が使うよ~というような表現もたくさんありますよ(^^)

 

イディオム&ボキャブラリー強化
21:00~22:00 5 students

本日も前回の復習から始まり、比較的シンプルなフレーズをぽんぽん見ていきました♪

今日は主に間違えやすい英語表現が多かったですね!

例えば「大丈夫?」と聞きたくて、What’s wrong?は有名ですが、
What’s wrong with you?という表現もメジャーです。
ただし、こちらの大丈夫?は「一体なんなん?」的なニュアンスを含んでいるので危険(゜ロ゜)

他にもThat’s goodが意外と冷たいこととか、
I’m broke, kill time <–> buy timeの表現なども紹介しました!

We had fun practicing these phrases!! Thank you ❤

 

 

広告

2018.8.11 Saturday: イディオムとボキャブラリー強化&多読トレーニング

イディオム&ボキャブラリー強化
14:00~15:00  4 students

Obon holiday has just started today!  There are some people who think it’s a good chance to concentrate on studying English without being disturbed.

I had 4 those students today for improving your idioms and vocabularies class and 6 students for reading class. Let’s give it our all today

1.don’t sweat

Mr. A: I have to prepare my presentation for new project ASAP.
Mr. B: Don’t sweat it. The deadline is next month. You have enough time to prepare.

“don’t sweat  =汗をかかないで“ って意味ですね、つまり「焦らないで」「落ち着いて」の意味や、「心配するな、思い悩むな」という意味にも使われます。Don’t worry about it. です。

ASAPはas soon as possible の略ですが、日常会話でもそのまま“エイエスエイピー”と発音されています。

2. my bad

Mr. A: My boss told me to attend a sales meeting on Monday. Did you know that meeting?Mr. B: Oh my bad. It’s actually on Tuesday, but I gave him the wrong date.

A: 月曜日の販売会議に出るようボスに言われたけど、そんな会議知ってた?
B: あちゃ~!私のミスだ!実は火曜日なのにボスに間違った日を伝えた~!

my badは深刻な失敗よりどちらかと言うと「単純なミス」を表す時に使われます。同僚間で使うのはOKですが、会議の席とかでは my mistake と言う方が良いでしょう。

3. do one’s homework

Mr. A: That president candidate didn’t know what he was saying about the immigration issue.
Mr. B: He needs to do his homework before he speaks in public.

A: あの大統領候補は移民問題について、自分が何を言っているのか分かってなかったよ。
B: 人前で話す前に準備しておくべきだね。

homewok = 宿題ですが、仕事や生活のあらゆる面における「準備」や「下調べ」を意味します。子供に向かって言うと、文字通り「宿題をしなさい」の意味です。

4. at the end of the day

A:The couple has been discussing their honeymoon for a whole month!
The bride wants   to go to Jamaica but the groom wants to go to Japan.
B:At the end of the day, he’ll back off.

A:あのカップルは丸一ヶ月もハネムーンについて話し合い続けてる! 新婦はジャマイカ、新郎は日本に行きたくてね。
B:最終的には、新郎が折れることになるんだろうね。

“at the end of the day = 一日の終わり” には何事も結着をつけなければならないことから、「結局は」「最終的には」の意味で使われます。

back off: 後ろに下がる、後ずさりする 他に似た表現で、 back out : 手を引く、約束を破る、back down ; (主張・意見などの)取り消し,撤回., (議論での)敗北を認めること,手を引くこと

具体的な使い方として、

I will back off from that business. その商売から手を引く。

You can’t back out of your responsibilities. 責任から逃れようことはできない。

It’s too late now. You can’t back down. もう手遅れだ.あとには引けないよ。

 

We still have a lot more to learn, but let’s call it a day.

 

多読トレーニング
15:00~16:00  6 students

France bans smartphones in school.と題された記事を読みました。
今やスマートフォンやI-Padは学校の教育で使われる所もあれば、逆に今日の記事のように学校での使用を法律で禁止する国もあるようです。子供の携帯端末の私用にはその長所短所を大人達がよく理解して使用させる事が大切でしょうね。

Vocab for today.
ban, lawmaker, overwhelmingly, device, addiction, campaign promise, public health crisis, phenomenon, disabilities, curricular, publicity stunt, cyber addiction, sleep disruption, bullying, opponent, backward step.

 

Enjoy your summer holiday and see you next Saturday.

 

 

 

2018.8.4 Saturday:イディオムとボキャブラリー強化&多読トレーニング

イディオム&ボキャブラリー強化
14:00~15:00  3 students

相変わらずの猛暑ですが、今日も頑張って~~!

a: Did she really get them to agree to give her a 30% discount?
b: Yes. I don’t know how she managed to talk them into it.

海外旅行の楽しみの一つがショッピングですね。国に拠っては買い物の際に値段の交渉は当たり前という感じの所も多くあるようですが、今日はこのto talk into から。

意味は、persuade one to do or take part in something. (何かをするよう誰かを説得する)。

a: 彼女本当に30%割引してもらう事を納得させたの?
b: そうそう。どうやってお店の人達を説得したのか分からないんだけどね。

となります。

 

Talk out of:
to talk someone out of something is to persuade them NOT to do something.
人を説得して、それをするのを思い止ませる。(to talk into)の反対の意味になります。

e.g.
Is there any way I can talk him out of resigning?
彼が辞職しないよう説得出来る術は何かないのか?

 

Rip off:
something that is not worth what you pay for it.
名詞では、支払った金額に見合わない事(搾取、ぼったくり)、動詞では、人から法外なお金をとる(ぼったくりする)

海外旅行先によっては気を付けないとダメですよ!

e.g.
Did you really pay $300 for that shirt? That’s a complete rip off.
That shop really rips its customers off.

本当にそのシャツに300ドルも払ったの? 完全なボッタクリじゃない!
そのお店は本当に客からぼったくるね。

 

Hit it off (with):
have a good relationship from the first time you meet a person.
人と良い関係を持つ。人と仲良くする。そりが合う(with)

My new assistant hit it off with other staffs.
新しい秘書は他のスタッフ達と上手くやってくれた。

Did you make any friends when you moved to London to study English?
Yes, I did. On the first day, I hit it off with a student from Thailand. Now we are good friend.

ロンドンに英語の勉強に行った時友達は出来た?
うん出来たよ。最初の日にタイから来た学生とソリが合って。今では親友だよ。

A new student took part in my lesson today. I hope she will hit it off with other students. That will make her study at VELCO fun  Good luck!

 

多読トレーニング
15:00~16:00  2 students

Over half of British people take tea bags with them when they leave Briton to go on holiday or go on a business trip. Do you believe it?

英国人の紅茶好きは有名ですが、海外旅行の際には英国人の半数以上の人が紅茶のティーバッグを持参するって、信じられます?

紅茶のティーバッグなんてどこでも手に入りそうなもんですが、それでも持参される人が多いのには何か拘りでもあるのでしょうかね? 記事にも書いてありましたが、全般的に英国人は旅行の際にスーツケースが荷物で一杯になる傾向があるみたいです。

今日参加された生徒さんにも旅行に行く際に必ず持参する物が有るか、有ればそれは何?って事でchatしましたが、結果は常備薬でした。これは納得でしたね。

 

Take good care of yourself. Hope to see you next Saturday.

 

 

 

2018.8.1 Wednesday: SB、イディオム&ボキャブラリー強化

SB
19:00~20:00 9 students
20:00~21:00 8 students

受身を使って国を当てるという、楽しく学べるゲーム回でした!
知らないネタもたくさんあったと思うので、いいトリビアにもなったのではないでしょうか(^^)

イディオム&ボキャブラリー強化
21:00~22:00 5 students

I was going to ~ / I was supposed to~ / I was planning to~ / I was about to~
quite a bit/ quite a few
payback

 

2018. 7. 28 Saturday: イディオムとボキャブラリー強化&多読トレーニング

イディオム&ボキャブラリー強化
14:00~15:00  3 students

今日は少し風もあって暑さもましかな?っと思ったら、台風がとんでもない動きをしているとか!地震、大雨と続いて台風、、、どうか皆さんも気を付けていて下さいね!

今日のレッスンの最初は、「任せない~!」です。少し前に芸人のネタでもありましたが、この「任せなさい」。
社内で上司から頼まれた仕事に対しては、「私に任せて下さい。」
You can count on me.count on me (私を頼りにする) が一般的に使われます。他にも、Leave it to me. も使えますね。
もっと自信を持って強く主張する言い方として、
Consider it done. 直訳すると「終わったものと考えて下さい」=「私に任せて下さい」という意味に使えます。

肝心な事は、自信をもった口調で “Count on me.”と言い切る事ですね。

a little bird told me :
said when you don’t want reveal the source of your information..
話(情報)の出所を隠す時に使われる表現で、「小耳にはさんが話なんだけど」といったニュアンスに使えます。
e.g.
I know your great news because a little bird told me. I’m glad to know that you’ve been promoted.

A little bird said so.
A little bird whispered to me.
A little bird tweeted to me.
でもO.K.です。

a cold fish:
someone who seems unfriendly and who does not share their feelings.
よそよそしくて感情をあまい出さない人。取っ付きにくい人。打ち解けない人。という意味になります。

e.g.
He rarely talks to his colleagues. He’s a cold fish.
(not being friendly)程度の理解で良いと思います。

小説の中だと、most dreadful cold fish (血も涙も無い人)といった表現も出てきます。

 

be like a fish out of water
to feel awkward because you are in a situation that you have not experienced before or because you are very different from the people around you
直訳すると、「陸に上がった魚のよう」→「勝手が違う」=「場違いな気分、よそものの気分」という意味で使われます。
e.g.
Nori stood there in his rented tuxedo, looking like a fish out of water.
実体験で、とあるギャラリーのパーティーで借り物のタキシードを着て参加していたのですが、場違いな気分満載でした。lol

 

多読トレーニング
15:00~16:00  2 students

Ms.〇〇〇 という表現が、Miss, Mrs,で女性だけ独身、既婚を区別する表現を無くす為のものという事はご存じかと思います。

では、Mx.という表現は如何ですか?

今日の多読のテーマはこのMx.について書かれた記事を読みました。

People who were transgender or non-binary are choosing the gender-neutral title “Mx,” which is legally recognized in many countries across the world.

世界は既にここまで来ているんですね。
性同一障害、生適合障害の人達への差別を無くすべく、男性、女性を区別するタイトルMr.やMs.という男女の分る使い分けをやめて、すべてMx.で統一するという事です。

Mx.: /mɪks/ : A title used before a person’s surname or full name by those who wish to avoid specifying their gender or by those who prefer not to identify themselves as male or female.

Everyone, please take care.  See you next Saturday.

 

2018.7.21 Saturday: イディオムとボキャブラリー強化&多読トレーニング

イディオム&ボキャブラリー強化
14:00~15:00  1 student

What a boiling hot day ! I admire the student who has such a strong will to keep studying.

I again picked up some phrases we might need in case of emergency such as an earthquake or a flood after days of downpour.

Earthquake:地震
A huge earthquake just hit Kansai region early this morning.
今日の早朝大きな地震が関西方面で起きました。

起きました:occur という表現でもOKですが、hit とか attack という言葉もよく使われます。どちらも災害が襲ってくるという感じです。

Don’t move. It’s still shaking. 動かないで。まだ揺れています。
shake: 地震などの揺れ。

Hide under the table. テーブルの下に隠れなさい。
Cover your head with blanket. 頭部を毛布で守って下さい。

Stay calm and don’t move until the earthquake stops.
地震が止まるまで落ち着いて動かないで。

Please be aware of aftershock (afterquake).余震に注意して下さい。
be awarebe careful と同じ「注意する」と理解して下さい。

 

Tsunami: 津波、landslide: 土砂崩れ、flood: 洪水
A tsunami is coming soon. Please evacuate to higher land.
津波が間もなく来ます。高台へ避難して下さい。

You must evacuate immediately. ただちに避難して下さい。
evacuate: 避難する escape from ~ ~から逃げて下さい。でもOKですね。
immediately: 直ちに

例えば土砂崩れの危険性が高い場所なら、そこに近づかないで!という意味で
stay away from ~ も使えます。

その他
There is an injured person. Call an ambulance. 怪我人がいます。救急車を呼んで下さい。

I’m missing my mother. 母親とはぐれました。
Help! I’m injured. 助けて!怪我をしています。
Don’t stay by yourself. Stay together. 一人にならないで、一緒にいましょう。
Don’t let the kids (children) be by themselves. 子供達だけにしないで。
Stay with someone near you. 傍にいる人と一緒に居て下さい。
Follow me.(Come with me.)Let’s go to the evacuation centre together.
ついて来て。一緒に避難所に行きましょう。

Evacuation centre: 避難所

これらを使う事が無いように願うばかりです。

 

多読トレーニング

15:00~16:00  2 students

今日の多読の内容も”The causes of floods” 「洪水の原因」と題された記事を読みました。

記事自体少し長く、難しい単語は少なかったものの各文章が少し長くて苦戦しましたが参加されたお二人とも”Well done!” でした!

Vocabularies;
only to ~, consequently, predict, potentialityとpossibilityのニュアンスの違い、be more likely to ~, saturated with, absorb, upstream, downstream, devastating, unleashed, debris, perfectの動詞。

A heat wave is sweeping over Japan. Please be sure to stay hydrated.

See you next Saturday. Chao!

 

 

2018.7.18 Wednesday: SB、イディオム&ボキャブラリー強化

SB
19:00~20:00 14 students
20:00~21:00 15 students

WOW!! So many students today!! :O
I was sweating like a pig lol
なかなかひとりひとりの生徒さんとお話することが難しくて寂しいですが、
こんなに大勢の方に来ていただいて感謝です!

今日は1時間目は【助動詞】をピックアップしました。
なかでも、「~してはいけない」「~するべき」「~しないほうがいい」などの、強制力のある助動詞です。
助動詞単体ではhave to, don’t have to, must, must not, should, shouldn’t, can’t, canなどのものがありますが、今日はこちらを使って国当てゲームという、実践的なアクティビティで進めました!

例えば…

You can’t buy or chew gum
You can’t get feed wild birds or cats
You can’t get through passport control if you are dressed really messily

さて、どの国のことでしょうか?

答えは…シンガポールです!

こんな感じで、雑学的なことも学びながら?色々学ぶことができました(^^)

2時間目は【使役動詞】、特に今日はgetとhaveをメインに進めてきました!

I got my nails done.
I had my nails done.

getとhaveの違いは色々とありますが、ひとつの違いはカジュアル度かと思います。
この2文の場合、getの方がカジュアルに聞こえます!

今日はどんな状況で使役動詞を使うかについてなるべくイメージしてもらえるよう、
リアリティのあるお店や場所などを取り上げてみました。

インタビュー形式で進められたので、この形をたくさん練習することができましたね♪

Thank you all for coming!!

 

イディオム&ボキャブラリー強化
21:00~22:00 6 students

今日はネイティブっぽい言い回しをどんどんピックアップしていきました!
今まで取り上げたことのある表現も多かったですね♪

・must-have, must-see, a must
・chill out, chillax, do nothing, hang out
・count me in/count me out
・screwed up, messed up
・seven-ish, 30-ish, childish
・period, full stop, the end, the end of the story

こう見ると普段よりかなりテンポよかったですよね!笑

カジュアルな表現ばかりですが、使えたらカッコイイですよね~。

 

2018.7.14 Saturday:イディオムとボキャブラリー強化&多読トレーニング

イディオム&ボキャブラリー強化
14:00~15:00  2 students

今日は本当に暑い日でしたね~汗 It was boiling hot today, wasn’t it?
皆さんも水分を補給して熱射病には気を付けて下さいね!Please try to drink lots of water in order not to get heatstroke.

今日は同じイディオムでも「色」colourと関連したイディオムをピックアップしてみました。

「赤」red
red eye
ここでビールとトマトジュースで作るカクテルを思い出した人、、、気持ちは分かります!lol.

実際の使われ方は、
I had to take a red eye flight back home.
家に帰るのに深夜のフライトに乗らざるを得なかった。
これは、夜行便に乗るとあまり寝付けず、寝不足で目が赤くなることから。red eye =夜行便という意味に使われます。

red tape:
その昔、多くの公的文書を赤いテープで縛っていたことから派生した表現で、お役所仕事、無駄な時間を費やす仕事、官僚的なお役所仕事といった意味に使われます。

There’s too much red tape in Japanese companies.
日本の会社では担当者レベルで物事を決定出来ず、常に稟議、稟議と上司の判断を仰ぐような状態の事ですね。

I tried to set up a business in Japan, but there was so much red tape I gave up.
外国籍の人が日本で会社を立ち上げる時に、役所に提出する書類の多さ、煩雑さ、まさにお役所仕事的な事がビジネスのスピード感を損なってしまい、せっかくのビジネスチャンスを逃す事が多かったようです。

If we want business to succeed in our country, we need to cut more red tape.
cut red tape (お役所的形式主義を止める)
cut through red tape (煩雑なお役所仕事を省く)
It is important to cut down on red tape as much as possible.
役所の繁雑な手続きはできるだけ簡素化する必要がある.
と不必要な規則を無くすといった場合には、「切る」を意味するcutという動詞を使うことが多いです。

これからも他の色についても少しづつ取り上げていきましょう。

Weekend’s here! It’s time to paint the town red!  ほどほどに、、笑

 

多読トレーニング
15:00~16:00  2 students

Foreign Accent Syndrome.(外国語アクセント症候群)!という極めて稀な症状が脳卒中の後遺症とか、脳障害が言語中枢に及ぼすことで起こる事があるという記事を読みました。

あるアメリカ人の女性が朝目覚めたら突然イギリスアクセントで英語を話しだしたりする症状の事だそうです。一度も韓国に行った事が無い日本人女性が突然韓国語を話したという症例もあったそうですが。語学を勉強している人からするとラッキーなようなそうでも無いような複雑は気分ですね!

Vocabularies for today.

Syndrome, blinding headache, perplex, to begin with, come to terms with, stroke, brain’s language center, neurologist.

Thank you very much for joining to my lesson today although it was terribly hot.
Please take good care of yourself.  And hope to see you next Saturday.

 

2018.7.11 Wednesday: SB、イディオム&ボキャブラリー強化

SB
19:00~20:00 11 students
20:00~21:00 12 students

※今週月曜日の内容と同じです

Wow so many students tonight!!
I felt very hot lol

And I didn’t get to talk enough with each of you…
Wish there’s more time next time!

今日は【接続詞】をテーマに、色んな接続詞の使い方を見ていきました!
見たことはあっても、意外と使い方を知らなかったりしますよねー。
あとunlessとかは、聞いたらなんとなくわかっても、自分で使ったことがない方も多いみたいです。
じゃあどうすればいいか…それは練習の積み重ねしかありません!!

単語レベルで意味を取り入れても実際の文での形を知らないままなので、
必ず文単位で取り入れるようにした方がよいです。
また日本語から訳そうとしてしまうと、出てこない接続詞も多いので、
シチュエーションベースで覚えた方がいいです。

月曜日はふたりしか生徒さんいませんでしたが、
今日は逆に多すぎてグループに分かれてビンゴをしてもらいました!
1グループはノービンゴになってしまいショック~(>_<)
もっとビンゴの時間割けばよかったw

 

イディオム&ボキャブラリー強化
21:00~22:00 9 students

Wow! Maybe a new record? So many students tonight!
It was hot once again lol

今日は先週の復習でだいぶ時間を割いてしまいましたが、
新しいフレーズとしてoff the top of my headという表現を紹介しました。

喉まで出てる=on the tip of my tongue
といったオススメの表現もありますが、
パッと思い浮かぶ=off the top of my head
は詰まった時のつなぎ言葉としてぜひ活用してほしいです!

A: Who are some teachers at VELCO?
B: Oh, that’s a good question. ←とりあえず言っとく
Umm, off the top of my head, T sensei, R sensei, A sensei…
Sorry, nobody else comes to mind.

Umm…とかUhh…とかも大事なつなぎ言葉なので、
とにかく無言でいることはやめましょうね!笑

 

2018.7.7 Saturday: イディオムとボキャブラリー強化&多読トレーニング

イディオム&ボキャブラリー強化
14:00~15:00 1 student

TV news said that many houses were washed away by the flood the record heavy rain caused. The weather forecast is still for torrential rain in all over Japan. Will you please stay safe!
記録的な大雨で起こった洪水で沢山の家屋が流された様子です。天気予報では相変わらず豪雨が続く様子。どうか気を付けて下さいね。

最近よく耳にする表現を幾つかピックアップしてみました。

No, I’m cool.
“cool” は「カッコイイ」という意味でよく使われるスラングで、既に皆さんもご存じかと思いますが、最近は同時に次ぎのような形でも使われる事を紹介します。

A: Would you like another beer?
B: No, I’m cool.

この場合は、I’m fine.の意味になり、飲み物等のお代わりを勧められても欲しくない時とかに使えます。カジュアルな表現にはなりますので、少しフォーマルな場合なら、I’m fine. Thank you. と応える方が良いと思います。

 

It’s killing me.
killing me は「死にそう・耐えられない・いらいらする」という意味で神経が参るような、耐え難い緊張やプレッシャーに押しつぶされそう、という感じです。

That noise is killing me. 騒音に耐えられない。
My toothache is killing me. 死ぬほど歯が痛い

逆にこんな風に使われる事もあるので、間違えないようにして下さい~!
I like your smile. Your smile is killing me. 笑顔が素敵だね。その笑顔にメロメロだ~!

豪雨が続き知人達と連絡を取り合う際には、
(get, keep) in touch (with someone) を使い、

I’m glad to know you’re safe. Let’s keep in touch.
無事だと分かって嬉しいわ。連絡を取り合おうね!
Hope to see you next Saturday.

 

 

多読トレーニング
15:00~16:00  1 student

ワールドカップロシア大会も終盤に入り寝不足から徐々に開放されつつあります。笑 そこで今日は “World Cup 2018”というテーマで、

1. Which countries are taking part?
2. How does the tournament work?
3. Who will be the stars?
4. What are the new rules?

夫々の説明を順番に読み、ワールドカップをより楽しめるようお役に立てたかと思っていたのですが、参加頂いた方が少なくて、、少し寂しかったです。笑

Anyway, I’ll try to find the topic for reading class you might be interested in.
See you on Saturday.