6/22 (Sat.) Maiko

●G1★
11:00pm-11:50pm 3 students
●G1★
12:00pm-12:50pm 7 students
●ゼロから★
13:00pm-13:50pm 3 students

●G1★

今日の1時間目のメイントピックは
間接疑問文」と言う分野を取り上げました。
中でも日常で使いやすい、

Do you know S + V~…?
あなたは〜か知っていますか?

というフレーズをメインに、文法の勉強をしました。

この間接疑問文では、疑問詞以下が
S + V
になるため、通常の疑問文とは違った語順になるところが注意点です✏️

Do you know who he is?
「彼誰かわかる?」
※通常はWho is he?だが、間接疑問文のためhe isの語順。

Do you know where the station is?
「駅がどこかご存知ですか?」

Do you know where I can get a map?
「地図はどこでもらえるかご存知ですか?」

Do you know why he is upset?
「なんで彼が怒っているのかわかる?」

2時間目のメイントピックは
比較級表現を使った
日常でよく使われる「〜したい」「〜がいい」を表すことのできる表現を勉強しました。

I’d rather A than B.
私はBするよりはAしたい。
(I’d = I would)

ポイントは、
ratherの後ろに動詞を置くときは「原型
否定形は「I’d rather not …」であることです!

I’d rather eat spaghetti.
「私はスパゲティが食べたい。」
※意外とpastaはイタリア語だから通じないことも多いですよ!

I’d rather go out than stay at home.
「家にいるよりは外に出たい。」

I’d rather walk than drive.
「車を運転するよりは、歩く方がいい。」

I’d rather not.
「できればしたくない。」

I’d rather stay up late than wake up early.
「早起きするよりは夜更かししたい。」
※stay up late – 夜更かしする
※wake up early – 早起きする

早起きが好きな人、夜更かしな人結構いつも分かれますね〜🌚🌞

●ゼロから★

今日は「⑥Whenの回」でした!
疑問詞をゼロからクラスで取り扱う時は、
それぞれの文章が
be動詞の文章なのか、一般動詞の文章なのか
に特に気をつけて勉強をしています。

[be動詞の疑問文]
When + <be動詞> ~?
~はいつですか?

Her birthday is on 9th April. /be動詞肯定文
Is her birthday on 9th April? /be動詞疑問文
When is her birthday? /whenを使ったbe動詞疑問文

[一般動詞の疑問文]
When +<do/does/did> + <人> ~?
はいつ〜しますか?

They work on Tuesday. /一般動詞肯定文
Do they work on Tuesday? /一般動詞疑問文
When do they work? /whenを使った一般動詞疑問文

※主格(〜は)の人称代名詞

私 ー I
あなた ー you
彼 ー he
彼女 ー she
それ ー it

私たち ー we
あなたたち ー you
彼ら/彼女ら/それら ー they

ゼロからのレッスンでは、人称代名詞が間違っていないかも丁寧に確認し、指導します💨

最後に、When~?の疑問文でよく会話に使用される表現も勉強し、アウトプットの時間も作りました!

When do you usually~?
あなたはいつよく〜しますか?

When do you usually study?
「あなたはいつよく英語を勉強しますか?」

I usually study in the morning.
I usually study in the afternoon.
I usually study in the evening.
I usually study at night.
「私はよく朝に/昼に/夕方に/夜に勉強します。」

朝に、昼に、夕方に、夜に
の表現も勉強しました🌄

「ゼロから」は特に少人数のクラスなので、
何度も同じ文章を忘れた頃に口頭作文してもらいました💨

忘れがちな3人称単数の「s」も細かく訂正し、
ついつい忘れているところを再度確認していきましたね〜!

今の世の中、たくさんわかりやすい英語学習動画や教材がありますが、
自分の気がつかないうちにしてしまう間違い、直接訂正してもらう機会は英会話教室ならではのいいところなのかな、と思っています💭

また「なるほど〜!」と思ってもらえるようなちょっとした便利な表現を持ってきますね💼

Thanks again and I hope to see you very soon!

Maiko🐟

広告

6/20 (Thu.) Maiko

●G1★
7:00pm – 7:50pm 8 students

●G1★
8:00pm – 8:50pm 5 students

きょうはかなり暑かったですね。
木曜日のお仕事終わり、おつかれの中一緒に勉強をすすめました!
●G1★

1時間目は
「There構文」を使った文章を、可算名詞、不可算名詞に気をつけながら勉強しました。
他の曜日に受け持っているG1よりもアウトプットの多いレッスン中に、there構文はたくさん出てくるのですが、
なかなかぱっと文章を作るイメージがわかないという生徒さんが数名いらっしゃったため、取り上げました。


There is ~. – 可算名詞(単数形)
There are ~. – 可算名詞(複数形)
There is ~. – 不可算名詞


There isn’t (any)~. – 可算名詞(単数形)
There aren’t (any)~. – 可算名詞(複数形)
There isn’t any ~. – 不可算名詞


Is there (any)~? – 可算名詞(単数形)
Are there any~? – 可算名詞(複数形)
Is there any~? – 不可算名詞

anyをつける場所や形についても話しました。
また、教室で実際に使えそうなフレーズも勉強しました!

There isn’t any sugar in the jar!
「砂糖入れにお砂糖がない!」

There aren’t any teabags in the box!
「箱にティーバッグがない!」

There isn’t any hot water in the kettle!
「ポットにお湯がない!」

Are there any mugs?
「マグカップはありますか?」

使えそうな表現も紹介しました。

Is there a bank around here?
「この辺に銀行ありますか?」

2時間目は
「until」「till」の使い方を、日常でも使える表現を使いながら混乱しないように練習しました。

until
~まで ”期間”
◎ある時からある時まで状況が続くこと

by
~までに ”期限”
◎ある時に至るまでの時間のこと

I slept until noon!
「12時までねちゃった!」

I have to finish this by Friday.
「金曜までにこれ終わらせないとだめなんだ。」

I played the piano until I was 12 years old.
「私は12歳までピアノを弾いていた。」
※untilは前置詞以外にも接続詞としての使い方があるため、後ろにS+Vをつづけることができる。

He’s not available until 8.
「彼は8時まで不在(対応できない)です。」
※availableの表現についても勉強しました。

There構文は、いろんな形に変化させて幅広い状況で使えることもあって、
勉強になる部分が多いトピックだったと思います🙂
VELCOで使いやすい表現いっぱいご紹介したので、ぜひ使ってくださいね!

Thanks again and I hope to see you very soon!

Maiko🐟

6/15 (Sat.) Maiko

●G1★
11:00pm-11:50pm 3 students
●G1★
12:00pm-12:50pm 3 students
●ゼロから★
13:00pm-13:50pm 1 student

今日は足元の悪い中お越しいただきありがとうございました!
少人数でのんびりした午後でした🌼
途中晴れ間が見えたり、ふしぎなお天気でしたね〜☁

以下は今日の内容の概要です。
復習やクラスの様子見に役立てばうれしいです!

●G1★

今日の1時間目のメイントピックは混乱しがちな
tooenoughを取り上げました。

まずほとんどの方がレッスンで1回は聞いたり使ったりする
副詞のvery、tooの違いとして

very – ポジティブにもネガティブにも強調する表現
too – ネガティブに強調する表現

であることを再確認しました。

日常的に様々なシチュエーションで使われる構文ですので、かなり幅広い表現があるのですが、
まずはいくつかの基本的な表現に絞り、口頭英作文等をして練習しました。

S + V + too + + to ~…
Sはすぎて~…ない。

The shirt was too large (for me) to wear.
「そのシャツ/Tシャツは(私が)着るには大きすぎた。」

S + V + + enough to ~…
Sは~…するのに十分だ。

My son was not old enough to ride a roller coaster.
「息子はジェットコースターに乗る年齢に達していなかった。」

他にも遊園地関連で、身長制限のある乗り物が多いことから
身長の高い/低いの表現の仕方も勉強しましたね。

tall(背が)高い – short(背が)低い

ジェットコースターも、英語では

roller coaster

と表現されますよ!

2時間目のメイントピックは混乱しがちな「どのくらい」「いくら」の表現を
日常会話で頻出する
How much…?
How many…?
に絞って考え、練習しました。
同時に、分けて考えることはできない可算名詞や不可算名詞の話も交えました。

まずはmany, muchについて忘れがちではあるが大切なポイントをみなさんと共有することからはじめました。

many – 可算名詞の量を表す
much – 不可算名詞の量を表す

また、疑問文を作る際に忘れがちなbe動詞、一般動詞使い分けも細かく直しながら、口頭英作文をしました。
(※もちろんこれは文法レッスンなのでできるだけ細かく指摘をしましたが、恐れず話して自分で経験することが何より大切です🌼)

How many days are there in June?
「6月って何日あるっけ?(6月は何日ありますか?)」

How much time do we have for lunch?
「お昼の時間どのくらいあるっけ?(私達はどのくらいお昼の時間がありますか?)」

How much sugar do you need?
「お砂糖どのくらいいる?(砂糖はどのくらい必要ですか?)」

また、食べ物でも可算名詞、不可算名詞を勉強しましたね。
一部紹介します。

可算名詞:
フライドポテト – French fries, chips
ポテトチップス – Potato chips, chrisps

不可算名詞:
チーズ – cheese
アイス – ice cream
サラダ – salad

ブログ内では書ききれませんが、little/fewについても触れ、文法レッスンらしい授業だったのではないかと思います〜

また、疑問文を作るのは難しいと感じられる方も多かったので、
コツとして
①いちど肯定文を作ってみる
②Yes/Noの疑問文を作ってみる
③疑問詞を頭につけてみる
という順に追うことをおすすめしました!

例:
The painting is 30 euros. /be動詞肯定文
Is the painting 30 euros? /be動詞疑問文
How much is the painting? /疑問詞の疑問文

I want milk. /一般動詞肯定文
Do you want milk? /一般動詞疑問文
How much milk do you want? /疑問視の疑問文

慣れないうちはこうすることで、適切な動詞を忘れずいれることができます。
最初はゆっくりで大丈夫です🌼

●ゼロから★
今日は「疑問詞 what」を使った回でした。
これまで勉強して来た、be動詞/一般動詞の疑問文は、引き出せる答えがYes/Noに限られていましたが、
今回勉強した疑問詞を使うことで、もっと具体的な答えを聞くことができるようになります。

ゼロレベルでは、比較的他のレッスンではあまり触れられない、混在しやすいbe動詞を使った文章と一般動詞を使った文章をゆっくり頭で組み立てながらレッスンを進めています。

(be動詞肯定文) Her name is Hanako.
(be動詞疑問文) Is her name Hanako?
(疑問詞を使った疑問文)What is her name?

(一般動詞肯定文) My mother drinks green tea every morning.
(一般動詞疑問文) Does she drink green tea every morning?
(疑問詞を使った疑問文)What does she drink every morning?

最後に、疑問詞の後ろに名詞をつけることで、意味の幅を絞った簡単な質問がたくさん作れますので、いくつか紹介しました。
What color do you like?
What sport do you like?
What size do you wear?
What color do you want?

少人数クラスなので、何度も同じ文章を忘れた頃に口頭作文してもらい、
「文章の組み立てを考えて発言する」
という段階から、
「ひとつの言葉として口で覚えていく」
にしていく努力を生徒さんと一緒にしました。

やっぱりどうしても英語が死活問題にならない限り、アウトプットの機会は限られてしまうので、VELCOにいる間はいっぱい話して、間違いを知って、少しでも成長が感じていただけるようまたレッスンを用意して参りますね!

Thanks again and I hope to see you very soon!

Maiko🐟

2/21 Thu (Maiko)

●【G1】

19:00-19:50  2 students
20:00-20:50  3 students

今日は楽しくのんびりレッスンしましたね、みなさん来てくださってありがとうございました!

今日は初めにちょっとした情報で、新しい言葉を覚えなくても簡単に使える表現を紹介しました〜

Thank you!

表情のつけ方と、アクセントでいろいろと使えます😀

たとえば、誰かに「こちらこそ!」といいたいシーンが良くあると思いますが、
これはThank you!の「you」を強調して発音することで表すことができます!

私はいつも生徒さんにThank you!と言ってもらえますが、私も来てもらえたことが嬉しいので、Thank ”you”!になるというわけです。

簡単で使いやすいフレーズなので使ってみてください。
1時間目の文法では、
不定詞の用法で「程度」を表す表現をやりました。

tooにはいろいろな意味があって、

Nice to meet you, too. – 「自分も」の意味

以外にも、

too + <形容詞/副詞>
<形容詞/副詞> すぎる

ただこの場合、基本的にtooは「常識の範囲を超える」というマイナスな意味として捉えられます。

※ただし、日本語でもあえてマイナスな意味を用いた程度を表す表現を使って、いい表現をすることもあるので、絶対ではないのですが・・・!
例:You’re too kind!

2時間目の文法では、
Wantを使った3種類の表現を勉強しました。

wantの使い方①「〜したい」

I want to eat Thai food.
タイ料理が食べたい。

ついでに、国の言い方も勉強しました。

国名言い方 – 国籍の言い方

Japan    –    Japanese
Korea    –    Korean
Romania    –    Romanian
India    –    Indian
Turkey    –    Turkish

オランダはややこしくて、
国名はthe Netherlandsで、国籍はDutchと言います。

wantの使い方②「〜しようか」

Do you want 人 to 動詞?
→ 〜しようか?

May I~? と似たような表現として日常会話で良く使われています。
– Do you want me to drive?
運転しようか?

– Do you want me to leave?
1人にして欲しい?

– Do you want me to pick you up?
迎えに行こうか?

Do you want me to turn off the AC?/heater?
エアコン/ヒーター切ろうか?

簡単で使いやすいので、使ってみてくださいね!
Thank you for coming! Hope to see you very soon!

Maiko🐟

2018.12.1 Saturday : G1

14:00-14:50 3 students

“leave”

leave me alone

leave the office / ;eave office

leave a message

leave me alone!

leave it to me

 

15:00-15:50 3 students

“work”

Don’t get worked up

work out

work on

work overtime

 

Best Regards

CHI

2018.11.21 Wednesday, ゼロ, G1, 英会話BAR

18:00-18:50 4 students 5W1H
19:00-19:50 5 students G1
20:00-20:50 7 students G1
21:00-21:50 2 students 英会話BAR

皆さん、こんにちは!(^^)
本格的に寒くなって来ましたね(T_T)

もう今年も残りわずか、体に気をつけてレッスンに来て下さいね😁
じゃないと僕の心が寒くて、会いたくて震えちゃいますからね☺
it’s time for 復習テスト
🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟
5W1Hの回
Howの回

1. どれくらいVELCO来てますか?

2. どれくらい昨日勉強したんですか?

🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟
G1
If の使い方

1. もし、来れるなら教えて!

2. ここ座ってもいいですか?

3. 良かったら、いてもいいですよ♪

🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟
さらにif の使い方

1. いけるかわからへん……

2. 彼にお腹すいてるか訊いてみて。

3. いや、今日暇か訊きたかっただけなんやけど。

さあ全部言えますか?(^^)

Thanks for coming!

See you on Friday!
Taka

2018.11.15 Thursday:G1単語編、G1テキスト編

19:00-19:50 3 students

20:00-20:50 2 students

Unfortunately it was my last day in Velco today 😦

最後のlesson は・・・単語編

顔の絵を見てもらって単語を答えてもらいました!

目・耳・あご・鼻・口・しわ・ほくろなどなど:)

テキスト編

For, during, while の違いについて

どれも期間・~の間という意味になりますが、微妙な違いがあります。

For:前置詞→For 2 weeks, For a year, For ages, For a while(期間)

During:前置詞→During summer holiday, During the meeting

Duringの後は、名詞がきます。

While:接続詞→While i was reading, While he is talking

While の後はS+Vです。

Thank you so much for everybody who joined my lesson ! I had awesome time 🙂

See you somewhere 🙂

2018.11.17 Saturday: G1

14:00-14:50       4 students

15:00-15:50       2 students

 

レッスン内容🌷G1

こんばんは!今日は代講で久しぶりにG1のレッスンなんです〜笑

今日はテキストを使わず「話法」の分野をしました!

話法の中でも直接話法を間接話法に言い換えたり、逆もしました。

そもそも話法とは…

Max said that he had been crazy about Sarah when he had been a junior high school student. マックスは中学生だった頃サラに夢中だったと言ってました。

Max said to me, “I was crazy about Sarah when I was a junior high school student.”

マックスは私に言いました、「僕は中学生だった頃サラに夢中だったんだよ。」

と、言っていた時の時制と一致させ引用するのが間接話法で、言われたままの時制で引用するのが直接話法です。

その後は英語の間違えやすい(ネイティブの方でも)同音異義語homonymsの穴埋め問題をしました〜

ではthank you all for coming !

\See you next week/

2018.10.18 Thursday:G1単語編、G1テキスト編

19:00-19:50 2 students

20:00-20:50 2 students

G1単語編

今回は結婚式の絵を元に単語を出していただきました。

bride(bridemaid), groom(groomsman), wedding ceremony, wedding reception, wedding party etc…  またhug, hold, embrace, cuddle, snuggleの違いについても説明しました!

G2テキスト編

助動詞(may, might)に関してやりましたね☆

may =30%の可能性  might=50%の可能性  この2つの使い方に関して特に大きな違いはありません。

また、許可としての使い方もあります。

May i borrow your phone ? このMay i ~の使い方はフォーマルな言い方で

あなたの電話をお借りしてもよいですか?

Can i borrow your phone ? このCan i ~の使い方はカジュアルな言い方で

あなたの電話を借りても借りてもいい?

okay,,,,, see you next week !

 

2018.11.10 Satureday : G1

14:00-14:50 5 students
15:00-15:50 6 students

stand
“what does ~ stand for?”

を使って、たくさん略語のお話をしましたね^^

stand by me

彼女目立ってるね
She stands out.

私の立場になってみてね!
try standing in my shoes!

 

break

break up with someone
(これは恋人など、恋愛関係でしか使えません!)

泣き崩れた
I broke down into tears ;((

My face is breaking out..(顔ぶつぶついっぱいの時)

A fire broke out. (家事が起こった!)

 

Best regards

CHI