2018. 4. 21. Saturday: TOEIC 600, SB

11:00-12:00: 3 students
12:00-13:00: 3 students
14:00-15:00: 7 students
15:00-16:00: 8 students

Thank you all for coming!!

TOEICの授業では、受け身のバリエーションを学習して、リスニングとリーディングの問題を解きました!

1.助動詞と組み合わせる形

〈主語+助動詞+be動詞+過去分詞形(+by) ~.〉

→助動詞の意味に、受け身形が加わる

・You will be invited to the party.

あなたはそのパーティに招待される(受け身)だろう(will)

・A lot of money must be spent.

多くのお金が使われ(受け身)なければならない(must)。

・The computer had to be repaired.

そのコンピューターは修理され(受け身)なければならなかった(had to)。

・I want to be woken up at 6:30 tomorrow.

わたしは明日6時半に起こされ(受け身)たい(want to)

Practice 1

  1. A decision must be made by tomorrow.
  2. My smartphone had to be repaired.
  3. Following the speech, dinner was served.
  4. The document needs to be referred.
  5. A large conference is going to be held tomorrow.
  6. Unusual animals can be seen in the zoo.
  7. The wall has to be painted by next Monday.

2. 受け身の現在進行形

〈主語+be動詞+being+過去分詞(+by )~〉

The room is being cleaned by him.

その部屋は(今現在)彼によって掃除されているところである。

Practice 2

  1. The wall is being painted now.
  2. I think we are being followed by someone.
  3. The copy machine was being repaired.
  4. The furniture was being moved.
  5. A new building is being built there.
  6. My car is being washed.

リスニングでは現在完了形のhave been/ has beenと、受け身の現在進行形のare being/ is beingの聞き取りが難しいという話をしました!文脈で判断しなければいけない場面もあると思うので、意味をしっかりと把握しておいてくださいね!

 

SBの授業では受け身の現在進行形と受け身の現在完了形、仮定法の慣用表現について学習しました!

仮定法 「~がなかったら」

慣用表現

If it were not for=Were it not for,  But for, Without 「もし~が(今)なければ」

  1. If it were not for music, this world would be very dull.
  2. If it were not for his advice, this project would not succeed.
  3. If it were not for water, no living thing could live on this planet.
  4. But for his help, I could not finish this work.

It it had not been for=Had it not been for, But for, Without 「もし~が(あの時)なかったら」

  1. If it had not been for his help, this project would not have succeeded.
  2. Had it not been for the accident, we could have been in time for school.
  3. If it had not been for the snow, the plane would not have been delayed.
  4. If it hadn’t been for the two men who rescued me, I’d probably have drowned.

Practice!!

  1. (          ) the traffic jam, I wouldn’t have been here on time.
  2. (          ) John, we couldn’t have survived that.
  3. If it had not been for his advice, I (          ) lost a lot of money.
  4. (          ) beer, I would (         )

複雑な表現で、なかなか日常会話ですらすらといえるようになるのは時間がかかると思いますが、使えば使うほど慣れていくので、どんどん使ってみましょう!

I really enjoyed talking with you!

Kaz

広告

2018. 4. 14. Saturday: TOEIC 600 & SB

11:00-12:00: 3 students
12:00-13:00: 3 students
14:00-15:00: 4 students
15:00-16:00: 5 students

Thank you for coming today!
I hope you enjoyed today’s lessons and learned something new!

TOEIC 600

1時間目はPart 2の問題を解きました。重要表現がたくさん出ていたので、以下に載せておきます。復習して忘れないようにしておきましょう!

account 取引、顧客
due 期限が来て
in charge of ~の担当である
better than S expected Sが期待していたよりも良い
invitation 招待状
paperwork 事務書類
a variety of  様々な
reputation 評判
significant かなりの
concerning ~に関して
related to ~に関係している
find O C OがCだとわかる、思う

Readingの時間は、時制を学習しました!

・現在形:広くあてはまること、現在の習慣

  1. I play soccer.
  2. She is a student.
  3. He likes strawberries.

・現在進行形:今この瞬間に進行していること、最近していること

  1. I am studying English.
  2. She is drinking water.
  3. I am living in Osaka now.
  4. I think my cat is dying.
  5. He was snoring noisily all night.

・過去形:過去のある一時点に起こった出来事

  1. I was pretty smart as a child.
  2. I fell off a bicycle yesterday.
  3. She bought this really expensive wallet and is bragging about it.
  4. He nodded off in the class three times and got scolded.
  5. John came to my house yesterday to hang out with us.

・現在完了形:過去のある出来事が今に影響を及ぼしている

  1. I have eaten pickled eggs.
  2. She has been to the United States.
  3. I have lost my wallet.
  4. I have been studying for a long time.
  5. He has seen a ghost once.

・過去進行形:過去のある時点に進行していた出来事

  1. I was taking a shower when you came back.
  2. He was having dinner with his family when I visited his house.
  3. She was living in Osaka back then.
  4. She was being nice at the party.

・過去完了形:過去のある時点に、それまでに起こった出来事が影響を及ぼしている

  1. I had finished my homework when she called me.
  2. She had lost her wallet when I met her.
  3. He said he had studied English but it turned out he hadn’t.

・would/ used to 過去の習慣

  1. I would come to this park when I was a child to play hide-and-seek.
  2. He would often go fishing.
  3. I used to hate yakisoba.
  4. She used to be very arrogant.
  5. There used to be a hotel here.

 

SB
1時間目はmindの使い方、2時間目はmustの使い方について学習しました!

mindは、「気にする」という意味です。requestするときに使えるmindを使った表現をいくつが取り上げました。

Would you mind if ~ ~してもいいですか(もし~すると気にしますか。)
e.g.) Would you mind if I smoke here? ここでたばこを吸ってもいいですか?(もし私がここでたばこを吸ったら気にしますか?)
—Yes. (気にします。) No. (いいえ、気にしません。)
どうぞ吸ってくださいという場合は、Noという返答になるということを覚えておきましょう!

Would you mind my ~ing? 私が~したら気にしますか?
e.g.) Would you mind my smoking here?

Would you mind ~ing?  ~してもらえませんか?
e.g.) Would you mind turning the music down? (音楽の音量を下げてもらえませか?)

この表現を覚えてどんどん使ってくださいね!

2時間目はmustの使い方を学習しました!

MUST

・Be obliged to; should (expressing necessity)

  1. You must come home by 10 pm, and if you don’t, we won’t let you in.
  2. My boss is very private about his office, so you must get ahold of him in advance if you want to visit his office.
  3. I must study English from 8 to 10. My parents will be super mad if I don’t!

・Must not: used to express that something is forbidden.

  1. You must not plug it out that way! You will lose all your data.
  2. Students must not use their smartphones during the class.
  3. We must not run here.

・Expressing an opinion about something that is logically very likely.

  1. Oh you passed the exam? You must be relieved!
  2. Did you run from Hankyu Umeda Station here? You must be tired.
  3. The weather forecast says that the temperature will reach 25 degrees during the day.

Thank you for coming today, and I will see you soon!!

Kaz

2018.4.11 Wednesday: SB, イディオム&ボキャブラリー強化

SB
19:00~20:00 7 students
20:00~21:00 9 students

※月曜日の内容と同じです

今日は形容詞をピックアップしてみました。

結局英語ってどうやって単語覚えていけば良いの??という質問をたまに受けますが、
新たな単語を1から覚えるよりも、そりゃ既存の単語の派生型を覚えた方がはるかに楽です!
英語にはたくさんの種類の接尾辞、接頭辞がありますが、
たとえ意味がわからなくてもそれで意味や品詞を推測したりすることはできるわけですね。
逆に言えば、cultureという名詞は知っていても、文化の、と形容詞で言いたい時はどうしたらいいんだろう?と考えたときに、traditionはtraditionalだから、cultureもculturalかな?と推測できたら相当優秀です。

というわけで今日は代表的な形容詞の接尾辞を見ながら、たくさんの名詞→形容詞の例を見ていきました!

-al, -y, -ic, -ful, -less, -ous…たーくさんありそうですね!

また、例えばangryは知っていても、意外と名詞のangerは知らない方も多いのではないかと思います。
でもこういった関連づけていく学習法ならば、一石二鳥で両方の形を覚えていくことができますね♪

びみょーに時間が余ったのでちょっと難しめな句動詞ゲームをしてみましたが、
こちらはまだ手ごたえあったのではないでしょうか?笑
これだけは!っていうやつだけで

Thank you for coming 🙂

 

イディオム&ボキャブラリー強化
20:00~21:00 5 students

今日も先週の復習を軽くしてから、今日は共感・同調・同情系のあいづちフレーズをみていきました!

I feel for you.
I feel you.
I hear you.
I know how you feel.

こんなにシンプルな言葉で表すことができるわけですね~。

出そうで出ない。まさにそういったフレーズだと思います。

A: I totally failed that exam…
B: I know how you feel. (私も絶望的だったから笑)

A: Why do I always have to suffer?
B: I hear you, but that’s life my friend.

相手に寄り添う気持ちって大事ですよね~。
一言「そうだよねー」というあいづちが打てるだけでも、
相手に与える印象って変わると思います。

ぜひこのフレーズをあいづち引き出しにプラスしてくださいね(^^)

 

2018.04.10 Tuesday: SB/BF

19:00-19:50 7 students
20:00-20:50 6 students

LESSON 1 SB
April Fool’s Day!!

みなさん、嘘ついてますか~??
嘘をつかないという生徒さんが多くてですね、驚いている嘘常習犯のわたくしです。
さて、嘘にも色んな種類があります。レッスンでは使うシーンも想定しながら、いくつかご紹介しました。

a white lie    罪のない嘘

It’s just a little white lie, don’t worry about it too much.
嘘をついて後悔している人を励ましてあげる時に使えますね!

a big lie    大嘘

It was a big lie.
それは大嘘だったと。完全にだまされたと!
lieは人をだますことを目的にしてつく嘘を意味するので、これを使うときは結構シリアスなシーンです。歴史上の出来事が大嘘だったとか、婚約者の経歴がでたらめだったとか・・・

a complete lie / a total lie  真っ赤な嘘
完全な嘘という意味ですね。使うシーンは上のbig lieとそう変わりません。

a pack of lies   うそ八百

He told a pack of lies.
lieは嘘という可算名詞です。数えられるんですね。たくさん嘘を言う人は、複数形でliesです。

tell a lie    嘘をつく
tell lies    嘘を(いつも)つく

てな感じです。ちなみに動詞としても使えます。I lied about my test score. 試験の成績について嘘をついたですね。!!!話が逸れました。うそ八百は、その名の通り800個くらい嘘つくわけですから、嘘をパックしちゃってa pack of lies ←複数形です。

残りの時間は、実際の会話でlieを使うのかどうかという話をしました。
あんまり使いません!!!

え!?せっかく習ったのに!!??

嘘です。面と向かってはあまり言わないという意味です。日本語の嘘も、あんまり本人目の前にして「うそつかないでよ」とか言わないですよね。英語も同じです。そんなときは・・・

No way!
You must be joking / kidding.
You are not telling the truth.

を使ってみてください!

LESSON 2 BF

We asked each other random questions about like hobbies or plans for weekend and made quick self-introduction to the trial students we had tonight.
Then, we leant a new idiom and expressions.

IDIOM
blew me away   =  I was very impressed by it.

EXPRESSIONS
I’m impressed.
I’m brown away.
I blew my mind.
I was moved to tears.

QUESTION
Have you ever been blown away by something or someone?

Thank you!
-CHIKO

 

2018.4.9 Monday: SB、多読トレーニング、TOEIC800

SB
14:00~15:00 5 students
15:00~16:00 6 students

A group of nice ladies! haha

今日は形容詞をピックアップしてみました。

結局英語ってどうやって単語覚えていけば良いの??という質問をたまに受けますが、
新たな単語を1から覚えるよりも、そりゃ既存の単語の派生型を覚えた方がはるかに楽です!
英語にはたくさんの種類の接尾辞、接頭辞がありますが、
たとえ意味がわからなくてもそれで意味や品詞を推測したりすることはできるわけですね。
逆に言えば、cultureという名詞は知っていても、文化の、と形容詞で言いたい時はどうしたらいいんだろう?と考えたときに、traditionはtraditionalだから、cultureもculturalかな?と推測できたら相当優秀です。

というわけで今日は代表的な形容詞の接尾辞を見ながら、たくさんの名詞→形容詞の例を見ていきました!

-al, -y, -ic, -ful, -less, -ous…たーくさんありそうですね!

また、例えばangryは知っていても、意外と名詞のangerは知らない方も多いのではないかと思います。
でもこういった関連づけていく学習法ならば、一石二鳥で両方の形を覚えていくことができますね♪

勉強になったーと言っていただけで何よりです!

びみょーに時間が余ったのでちょっと句動詞ゲームをしてみましたが、
こちらは激ムズでした笑
でも覚えてねーといったやつだけで大丈夫ですよ!!

Thank you for coming 🙂

 

多読トレーニング
18:00~19:00 5 students

今日は絵文字についての記事を読んでみました。
ガラケーの初期の頃の絵文字を覚えてますか?
機種依存するため、他社のケータイに送ると変に変換されてしまうやつ。
昔はメールをいかに絵文字を使って可愛く見せるかなど、雑誌でひたすら読んでました。
(もちろん当時の私は日本にいなかったので、絵文字なんて使えるわけないですが)

そんな絵文字も今ではemojiと英語になっているぐらい、メジャーなものですよね〜。
男性陣はやはりあまり絵文字を使わない傾向にありますが、
そもそも統一化された絵文字の由来は?誰が絵文字のリストを決めるの?などなど、
知らないことばかりで勉強になりました〜

今は専らLINEがメジャーとなってしまったので、絵文字だけでなくスタンプが皆さんには人気だと思うしどんどん進化していっているのもわかりますが、あの20年前の少ないピクセル数でいかにその対象物を表すかという絵文字、結構好きです笑

 

TOEIC800
19:00~20:00 4 students
20:00~21:00 4 students

今日はリスニングから始めてみました!
土曜日のクラスでも思いましたが、やはりリスニング対策ももう少し入れた方がいいかもですね〜。
またレッスンだけではどうしても聞く量が不十分なので、
ご自宅でも復習をするように(そしてちゃんと真似して音読!)意識することが大切かと思います。
リーディングに関してはトリプルパッセージの解き方も詳しく説明できました。
必ずふたつを照らし合わせて答える質問が1つは2つ隠れているので、しっかり注意してくださいね♪

 

2018. 4. 7. Saturday: TOEIC 600, SB

11:00-12:00: 2 students
12:00-13:00: 2 students
14:00-15:00: 1 student
15:00-16:00: 1 student

Thank  you all for coming!!

TOEICで今日カバーしたボキャブラリーや文法を掲載しておきます!来週はここから復習テストを作ってくるので、ここに掲載している内容と今日の新出単語は必ず復習して覚えておきましょう!

ディクテーションの答えは、解答冊子のp109, p110, p113, p115, p123に載っているので、聞き取れなかった部分は復習しておきましょう!

  1. raise  (資金を)集める、募る
  2. depart  出発する、旅立つ
  3. an estimate for A  Aの見積もり
  4. contemporary 現代の
  5. tip コツ
  6. search A for B A(場所)を、Bを求めて探す  e.g.) I searched my room for my smartphone.
  7. be supposed to ~することになっている(これは以前配布したハンドアウト、もしくはブログを参照してください。)
  8. refund on/ for ~に対する返金
  9. A way for A to do~ Aが~するための方法
  10. have a problem with A Aに問題がある
  11. be allowed to do  ~することを許可されている
  12.  have O p.p  Oを~してもらう e.g.) have the whole exterior of my house painted 自宅の外装全体を塗装してもらう
  13. 数学の勉強をしている学生 a student studying math
  14. その地震によって引き起こされた停電  a blackout caused by the earthquake
  15. 昨日発売されたばかりのスマートフォン a smartphone that has just been launched yesterday
  16. 私がよく勉強している図書館 a library which I often study at/ a library at which I often study/ library where I often study
  17. 昨日水族館に一緒に行った友達 a friend who I went to the aquarium with yesterday
  18. If you’ve spent any time obsessing about photos of your life, business, wardrobe, pet, or the last cupcake you ate, on Instagram, you understand the rush of excitement that comes when “Likes” pop up on your feed.

SBの授業では、一時間目にwhat is ~ like?, what does ~ look like?という疑問文、二時間目にはso that 構文を学習しました!

What is ~ like? ~はどのようなものですか?
What does ~ look like? ~はどのようなもの(見た目)ですか?

という疑問文で、日常会話でよく使われるので、覚えておきましょう!
What is your boss like?で、あなたの上司はどんな人ですか?という意味に、
What does your boss look like?で、あなたの上司はどのような見た目ですか?という意味になります!

so that 構文は、二通り紹介しました!

・so ~ that S V… とても~なので・・・

  1. I am so tired that I can’t walk.
  2. The box was so heavy that I couldn’t even lift it.
  3. I was so busy that I couldn’t go with you.
  4. This book was so difficult that I couldn’t understand a word.
  5. I was so drunk that I can’t remember what I did last night.
  6. It was raining so heavily last night that I got drenched to the skin.

・so that S will/can/may V…  SがVするように(できるように)…

  1. She wears high heels so that she looks taller.
  2. I’ll go by car so that I can take more luggage.
  3. I made some sandwiches so that we can have a snack on the way.
  4. He watches a lot of TV during the day so that he doesn’t feel lonely.
  5. I am going to study abroad so that I can improve my English skills.
  6. I had a fifteen-minute nap so that I won’t nod off during the meeting.
  7. I’m wearing a surgical mask all day so I won’t catch a cold.

今日出てきた単語・表現を掲載しておきます!!
vet 獣医
rabies 狂犬病
bark 吠える
treaty 条約
ban/prohibit ~を禁止する
boss/order someone around (人を)こき使う、(人に)えらそうに命令する
~-wise ~の面で
information session 説明会

 

2018.4.4 Wednesday: SB, イディオム&ボキャブラリー強化

SB
19:00~20:00 8 students
20:00~21:00 9 students

今日は英語を話す上で個人的にとーーっても大事な要素だと思うもの、
【時制】を取り上げてみました!

もちろん細かく分けていくと、時制ってめちゃくちゃたくさんあると思うのですが、
会話において押さえておけば十分だと思うのは、

・現在形
・現在進行形
・過去形
・未来系
・現在完了形
・現在完了進行形

の6つのみです!一応メイン4つ+サブ2つみたいな考え方ですね。

特に現在完了、現在完了進行形は日本語ではなかなか説明しづらい感覚があるとは思います。

なので今日はそれぞれの時制のイメージをおさらいしながら、
この話をしたい時はどの時制を使えばいいのか?とたくさん練習していきました。

次他の生徒さんにどのくらい英語勉強してるの?と聞きたいときは、
How long do you study English?ではなく、
How long have you been studying English?と聞くようにしてくださいね♪

※レッスンではHow long do you study English?といってもOKといいましたが、
その場合文法的にはOKでも、意味は変わってしまいます!
How long do you study English (every day? / usually?) などのように、
現在形=習慣的なイメージなので、
1日何時間勉強してるのー?の長さを聞いているように感じます。

どのくらい(の期間)英語勉強してるんですか?はやはり
How long have you been studying English?がベストです!

Thank you for coming 🙂

 

イディオム&ボキャブラリー強化
21:00~22:00 4 students

We covered 3 phrases!

  • Let me sleep on it.
    日本語でも「一晩考えさせて」とあるように、Let me think about itの別パターンです

 

  • I’m tied up.
    日本語では「手が離せない」といった表現がありますが、英語では「縛られてる」という表現の仕方になります。
    She’s tied up in a meeting.
    I’ve been tied up with work lately.

 

  • I don’t buy that.
    I don’t believe that!というよりも、もっとカジュアルな「どうやろー?」ぐらいのニュアンスです。何か疑ってる気持ちを表すときの便利な表現ですね。

 

みなさん質問も鋭くて考えさせるものばかりなので、
このクラスは個人的にやりがいがあります笑

 

2018.04.03 Tuesday; SB/BF

19:00-19:50 SB 5 students
20:00-20:50 BF 4 students

LESSON 1 : SB
~後

I’ll start teaching SB in a few minutes.  数分にSBを教えます。

今を基点として未来に向かって何分後、何時間後という場合に使用します。
ポイントは、①未来形で使用すること、②具体的な時間の長さを示すことです。
inは【前置詞】ですので、a few minutesの前に来ます。

Chiko started teaching SB 15 minutes later. チコは15分にSBを教え始めました。

過去のある点からスタートして、何分後、何時間後という場合に使用します。
ポイントは、過去形で使用すること、②過去形なら具体的な時間の長さを示せることです。
laterは【副詞】ですので、15 minutesの後、文章の最後に来ます。

ちなみに過去形なら具体的な時間を示せると書きました!どういうことかと言うと・・・未来形でlaterを使うこともできますが、この場合は漠然と後でという意味でしか使えず、具体的名な長さを示すことはできません。

【OK】See you later.  また後で会おうね。 (未来+ laterのみ)
【NG】See you 20 minutes later.  20分後に会おうね。(未来+長さ+later)
【OK】I saw you 20 minutes later.  20分後に彼を見た。(過去+長さ+later)
【NG】See you in 20 minutes. 20分後に会おうね。(未来+in + 長さ)

I taught SB after free conversation.  フリートークのにSBを教えた。

afterは、ある出来事や行為の後の話をするために使用されます。一番使い勝手がよく、過去・現在・未来どの時制でも使用できます。時間の長さではなく、1つの出来事が終わった後に注目しています。

また前置詞、接続詞でもあるので、after the meetingのように名詞の前に置いたり、after the meeting is overのようにS+Vで文章を持ってくることも可能です。

LESSON 2 : BF

QUESTIONS

-What made you decide to try a business field of your current work?
-What would you redo if you were a university student again?
-What advice would you give to newly graduate students?

VOCAB.

job hunting   就職活動
job seekers    求職者
plan ahead    事前に計画する
seek (sought)  探す(過去形)
foreign-owned company   外資系企業
multinational company  多国籍企業
energy  エネルギー

 

 

 

2018.4.2 Monday: SB, 多読トレーニング、TOEIC800

SB
14:00~15:00 5 students
15:00~16:00 5 students

今日は英語を話す上で個人的にとーーっても大事な要素だと思うもの、
【時制】を取り上げてみました!

もちろん細かく分けていくと、時制ってめちゃくちゃたくさんあると思うのですが、
会話において押さえておけば十分だと思うのは、

・現在形
・現在進行形
・過去形
・未来系
・現在完了形
・現在完了進行形

の6つのみです!一応メイン4つ+サブ2つみたいな考え方ですね。

特に現在完了、現在完了進行形は日本語ではなかなか説明しづらい感覚があるとは思います。

なので今日はそれぞれの時制のイメージをおさらいしながら、
この話をしたい時はどの時制を使えばいいのか?とたくさん練習していきました。

次他の生徒さんにどのくらい英語勉強してるの?と聞きたいときは、
How long do you study English?ではなく、
How long have you been studying English?と聞くようにしてくださいね♪

Thank you for coming 🙂

 

多読トレーニング
18:00~19:00 5 students

オール男性陣+できる方ばかりで、私が教えてていいのか・・・?と思ってしまいました笑

本日の記事は子どもたちの筋力がipadなどのタブレットのせいで衰えていっている、という興味深い記事でした。
私たちからしたら、そもそも子どもの頃のお遊びといえばタブレットなどは一切使わなかったと思うのですが、今の子どもたちはタブレットを使って当たり前という子も多いみたいですね。

記事の難易度は比較的やさしめだったので、みなさんスラスラと理解していってくれました!
箸の持ち方などが気になるか?トークも面白かったです(^^)

 

TOEIC800
19:00~20:00 4 students
20:00~21:00 4 students

1時間目はとことんリーディングの回でした!
中でも、Part5で出そうなSVCの形には要注意ですね。

He kept quiet.
She stayed still.
It remained silent.

I find it difficult. のような、SVOC系も意識しておきましょう。

2時間目はTOEICで頻出する接続詞リストを見ていきました。
何度も解かれている方もいますが、定期的な復習は大事です♪
notwithstandingが思い出せなくて、アシストしてくれた生徒さんありがとうございました!笑

最後スッキリ!で終われて満足でした(^^)

 

 

2018. 3. 31. Saturday: TOEIC 600, SB, BF

11:00-12:00: 1 student
12:00-13:00: 2 students
14:00-15:00: 5 students
15:00-16:00: 9 students
18:00-19:00: 5 students
19:00-20:00: 5 students

Thank you for coming today!!

Those of you who are going to VELCO hanami party, enjoy!!

TOEICの授業は、1時間目はリーディングの本を使って問題をひたすら解き、2時間目はリーディング&リスニングのテキストのPart6の問題を解きました!今日紹介した文法項目は「分詞・分詞構文」です!

1時間目のポイントは、「英語の文章構造」です。TOEICのPart6や7では骨のある、論理的な文章が出題されることもあります。そのときに頭に置いておくといいのは、PREP法といわれる文章構造です。これは、point→reason→example→pointと論を進めていく書き方で、よく使われる構造です。

最初と最後の文章は基本的には要点、その間に理由と具体例が書かれています。その段落の文章構造自体が、その要点が書かれている文章と同じ構造になっていることも多いので、要点をしっかりと押さえて読み進めていくことが正しい解釈のために必要になります。

2時間目の分詞・分詞構文は昨日の分のブログを確認してください!来週はPart6の今日の問題からレビュークイズを出題します!

SBの授業は、1時間目は過去完了形のアウトプットを中心に学習しました。
When S V (過去形)~、S had p.p. (過去分詞形)~.
I had never p.p. ~ until S V (過去形)~.

この二つを覚えて使えるようにしておいてくださいね!

2時間目は、get toのいろいろな意味を紹介しました!

Get to

  1. have the chance to
    1. I got to meet a lot of celebrities at the party.
    2. I got to see the Northern Lights during the travel!
    3. She got to meet President Obama at the conference!
    4. I get to visit a lot of places around the world.
  1. be permitted to, have the privilege to
    1. My boss gets to come into work anytime in the morning.
    2. He got to go home early yesterday.
    3. You always get to eat expensive ones! It’s not fair!
  1. become enabled to
    1. She will be fine once she gets to know more people at our workplace.
    2. I got to understand what it feels like to be a foreigner when I went to the US。
  1. annoy
    1. This hay fever season really gets to me.
    2. Don’t let it get to you.
    3. Her attitude gets to me.

Practice!

  1. What do you get to do in spring?
  2. Choose any country/ prefecture you’ve been to. What do you get to do there, and what do you get to eat?
  3. Talk about any experience, using “I got to understand/know/see what it feels like to be/do~.”
  4. What annoys you? Talk about anything that gets to you.

 

In BF classes, we talked about holidays, and played “I doubt it” in English. I hope you had fun!

In the first class, we talked about what each student did in the last holiday and what they are going to do in the next holiday. Some of you guys are having hanami parties, and I’m so jealous!!

In the second class we played the game “I doubt it” in English, and discussed random topics like, “what is something that is popular now but annoys you?”

We ended up talking about so-called 歩きスマホ, which was pretty interesting because you guys all had different views toward 歩きスマホ, and because you guys do different things while walking!
I will be super careful not to bump into someone or something especially when I’m focused on the screen, and if I see one of you guys when I’m using the smartphone walking, I will immediately put everything into my pockets and pretend that I didn’t do anything while walking, lol

Anyway, thank you all for coming today, I really enjoyed talking with you!

See you next week, and have a great weekend!!!

Kaz