2018. 11. 16. Friday: TOEIC 600

19:00-20:00: 4 students
20:00-21:00: 3 students

Thank you for coming!

今日のポイントはskimming, scanningです!

はじめに日本語の本を3分で読んでいただいて、大まかな内容をつかんでいただきました!みなさん目次や各章のタイトルをはじめに読んでおられたと思います。

TOEICの問題、英語のパラグラフリーディングでもこのように構成を意識したリーディングがとても大切です。

英語の文章を読む場合(段落がある文章ですが)、まずタイトルを確認して、各段落の1行目を読み、全体の大意を読むといいでしょう。TOEICの問題を解くときは、はじめに設問文を確認して、どのように文章を読むのか、どの情報を見つければよいのかを考えて読むと効果的に読めますよ!

自学をするときにも、全体の構成や各段落の要旨、全体の文章の大意を意識して読むと、理解度も上がってくるので、是非毎回意識してみてください!

I’ll see you next week!

Kaz

広告

2018. 10. 27. Saturday: TOEIC 600, G2

11:00-12:00: 2 students
12:00-13:00: 2 students
14:00-15:00: 2 students
15:00-16:00: 2 students

TOEIC 600

少し授業で触れた、skimming, scanningの練習は改めてしたいと思います!パラグラフリーディングもかなり重要なので、他の文章を読むときに意識して読むようにしましょう!

次回の授業から、リーディングのテクニックやコツを徹底して練習していきたいと考えています!skimming, scanning, paragraph reading, predicting, slash reading等々リーディングの勉強法はかなりあるので、一回一回の授業でひとつのテクニックに焦点をあて、それぞれのテクニックを使う宿題をしていただくという形式にしようと考えています。

また詳細は次回の授業で連絡します!

G2

今日紹介したボキャブラリーを掲載しておきます!

<Vocabulary>
symptom…症状
fail to…~するのに失敗する
ragweed…ぶたくさ
be allergic to… ~に対してアレルギーである
vocal chord…声帯
hay fever…花粉症
fossil…化石
cricket…こおろぎ
grasshopper…バッタ
admission fee…入場料

今日扱った文法も会話でよく使われるので、次話す機会があればどんどん使ってみてくださいね!

Kaz

 

2018. 10. 27. Friday: TOEIC 600

11:00-12:00: 5 students
12:00-13:00: 6 students

Thank you for coming!

今日はリスニングの勉強法としてTED Talksを紹介しました!

TED Talksとウェブサイトで調べて実際に見ていただくのが一番はやいのですが、このサイト(アプリもあります)では様々な著名な人がプレゼンテーションをしている動画が無料で見ることができます。トピックは政治、ビジネス、心理学、政治、哲学等多岐にわたり、自分の興味ある分野についてのとても興味深いプレゼンを聞くことができます。動画にもよるのですが、日本語字幕、英語字幕などを表示することができるので、聞き取れなかったとしても字幕をみて意味をとってもとても英語の勉強になります。

僕がTEDを聞いて、実践していたリスニング勉強法を解説します。リスニングの勉強をするときは反復がとても大切なので、比較的短い動画(最初は3~5分くらいのもの)を選びましょう。

①まず、字幕なしで5~6回聞いて、聞き取れる部分と、何を言っているのか全く分からない部分を確認します。

②次に、英語字幕を表示して、聞き取れなかった部分、意味が分からなかった部分の文章の意味を考えます。ここで知らない文法や単語はじっくり調べましょう。そして、1文1文の意味を掴み、全体としてどのような意味かを把握しましょう。

③次に、日本語字幕を表示して、自分の解釈とあっていたか確認します。

④すべて意味の確認ができたら、今度は字幕なしで英語だけをひたすら繰り返し聞きましょう。何回、何十回と聞いていると日本語に訳さずとも意味が取れるようになってきます。

⑤声に出して真似をしましょう。そのスピーカーの話し方、イントネーション、ジェスチャー、トーン、スピードまですべて完璧になるくらいまで練習を重ねます。英語も、字幕やスクリプトを見ずに同じスピードで言えるようになるまで繰り返し繰り返し練習します。

ここまでくると、プレゼン内で使われていた単語や表現、文法が体に染みついていると思います。これを続けていくと、細かいニュアンスの差や英語での情報処理能力がどんどんついてきて、リーディングやリスニングの速度向上、理解度向上などかなり英語に対する感覚が磨かれてくると思います。

何度も何度も同じものを聞くのは飽きると思いますが、一度何十回と繰り返し聞いてその効果を実感していただきたいです!あいにく授業内では時間がないのでできませんが、リスニングの勉強法で迷っている方は、簡単な文章からでもこの勉強法を実践するととてもいいですよ!

Kaz

2018. 10. 20. Saturday: TOEIC 600

11:00-12:00: 3 students
12:00-13:00: 3 students
14:00-15:00: 2 students
14:00-15:00: 5 students

Thank you so much for coming!

TOEIC 600

今日は少し辞書のことについて触れたので、「英英辞典」について書こうと思います!

まずは、英英辞典を使う利点についてですが、第一に「単語のニュアンスを掴みやすい」ということが挙げられます。英和辞典を使うと、日本語訳が出てくるのですが、その単語のニュアンスまでは書かれていません。また、英語と日本語では単語が一対一で対応しているわけではないので、誤解が生まれることがあります。

例えば、金のフレーズでも出てきたと思いますが、correspondenceという単語を英和辞典で調べると「対応」という訳が出てきます。一口に日本語で「対応」といっても、「ある状況に対応する」ときの「対応」や、「この数字にはこの数字が対応する」といった意味での「対応」もありますよね。英語ではこの二つの「対応」は、別の単語を使います。このように、日本語訳を調べてしまうとその単語のカバーする範囲が日本語と英語で違うため、詳しく例文を見たり用例を調べたりしない限り、誤解が生まれることも多々あります。

また、日本語で調べるほうがかえってわかりにくくなる場合もあります。これは、日本語と英語で語順が違うため、日本語にするとかなり分かりにくい訳になってしまうからです。このような場合も英語で調べたほうが意味、使い方がわかりやすく書かれているのでおすすめです。

第二に「英語のボキャブラリーのネットワークができる」ということです。日本語で意味を調べてしまうとどうしても話すときに頭の中で日本語から英語に、英語から日本語に直してしまいますが、英語で調べることで頭の中に英語の思考回路(英語脳)ができます。これは、日本語に頼らずに単語を覚えるため最初は少し心許ない感じがします。しかし多くの単語を英語で調べていくと、英語のネットワークが頭の中に形成されるので、だんだん英語でものを考えられるようになってきます。これは速読やリスニング、またスピーキングにもかなり重要なので、英英辞典を使うことを強くおすすめします!

Collins Dictionaryには、英語学習者用の英英辞典があり、英語を勉強している人向けにとても平易な単語を使って意味が説明されているので、これを使うといいですよ!最初はいちいち英語を読まなければならずしんどいと感じると思いますが、英和辞典を使うよりも確実に効果があるので是非英英辞典を使ってみましょう!

G2

今日は、be supposed to という表現と、仮定法を解説しました!

文法書等では難解な単語を使って解説されていると思いますが、仮定法は特になぜ過去形、過去完了形になるかを理解したうえでとにかく積極的に使っていくことをおすすめします。

僕もはじめ英会話を練習していた時は仮定法がなかなか難しく、すらすらといえるようになるまでかなり時間がかかりました。ですが、何度も何度も意味を踏まえて音読を繰り返していると、徐々に形が身についてきてすらすらと言えるようになってきました。

どうしても理解するだけだと話すときに即座に口から出てこないと思うので、とにかく文章を即興で作る練習をすると、すらすら出てくるようになってきますよ!

今日はなかなかいろいろな文章を作る練習をする時間は取れませんでしたが、復習をして形を覚えておきましょう!

Have a good weekend!

Kaz

2018. 10. 19. Friday: TOEIC 600

19:00-20:00: 2 student
20:00-21:00: 3 students

Thank you for coming!

今日もリスニングとリーディングをしました!

今日のポイントは、「無理やりでも学んだことを使う」ということです。

僕が英語を勉強していた時、ネイティブとの会話やレクチャー、プレゼンなどを聞いて、使えそうなフレーズや言い回し、文法、単語等はメモを取り、次に同じ話題が出たときはその表現を真似して使うようにしていました。plagiarismをするわけではもちろんなく、英語の表現を何ワードかセットでメモを取っておくわけです。そして、学んだ表現は音読して覚えておき、隙あらば無理やりにでも使うようにするととても頭に残るので、かなりおすすめの勉強法です!

TOEICというとリーディングとリスニングですが、勉強する際にはアウトプットもかなり重要なので、普段から書いたり話したりしてできるだけ多く使うようにするといいですよ!また詳しい勉強法は授業で共有しますね!

Have a great weekend, I’ll see you soon!!

Kaz

 

2018. 10. 13. Saturday: TOEIC 600 & SB

11:00-12:00: 4 students
12:00-13:00: 4 students
14:00-15:00: 3 students
15:00-16:00: 3 students

Thank you all for coming!

TOEICに授業では主に関係代名詞を扱いました!

ポイントは、前から読む練習をしておくということです!

TOEICでは特に時間も限られているため、読むスピードを上げられるようにするためには英語のままで理解することが求められます。

ここで重要なポイントは「情報を補っていく」ということです。関係代名詞は特にそうなのですが、先に名詞を言ってしまって、後から情報を補足していくという意識が重要です。この語順になれると、英語をそのまま理解できるようになってくるので、普段からもできる限り頭の中で訳さないようにしましょう!

G2は、前置詞と関係代名詞を学習しました!

文法をうまくつかいこなすコツは、具体的な例文に多く触れるということです。

どうしても紙面上での例文は限られているので、できるだけ自分が使えそうな例文に触れて感覚を養うのがとても大切です。そうすることで、その感覚と文法が結びつくので、感覚的に文法が使えるようになってきます。

なかなか根気の要る作業ですが、英語を話すためには地道な作業が必須なので、普段からできるだけ多くの用例に触れる意識をしましょう!

Kaz

 

2018. 10. 12. Friday: TOEIC 600

19:00-20:00: 1 student
20:00-21:00: 2 students

Thank you for coming!

今日のポイントは、前置詞をイメージで捉えるということでした!

前置詞を辞書で調べると何十個と訳がでてくると思うのですが、どの訳もひとつの核となるイメージから派生したものなので、そのイメージを正確に把握しておく必要があります。

中にはイメージしづらいものもありますが、多くの英文を見聞きして、できるだけ多くの前置詞に触れて感覚を磨いていくことが重要です。前置詞を見れば必ずイメージを思い出して、なぜその意味になるのかを丁寧に考えていくことが英語をマスターする近道です。

また来週も前置詞を扱おうと思うので、今回カバーした前置詞は復習をしておいてくださいね!

Have a good weekend!

Kaz

2018. 10. 6. Saturday: TOEIC 600, G2

11:00-12:00: 4 students
12:00-13:00: 4 students
13:00-14:00: 6 students
14:00-15:00: 6 students

Thank you for coming!

TOEIC 600

今日も通常通り、リスニングとリーディングの問題を解いていただき、解説して実際に使っていただく練習をしました!

リーディングは特に詳しく文法や単語、表現等を説明したのですが、普段自宅で学習する時にも、かなり時間をかけて精読を行うことをおすすめします。ひとつひとつのパッセージを完璧に理解し、そこで出てきた文法や単語を逐一たくわえていくと、今使っている問題集を終える時にはかなりの力がついていると思います!

ただ、TOEICの問題は様々な文法項目がランダムに出てくるので、TOEICの問題を解いていてわからない部分があれば参考書や文法書、単語帳などで体系的に英語を勉強していくこともとても重要です。例えば、分詞構文などがPart5で出てきましたが、これはそれ以前に分詞等の知識が必須なので、TOEICの問題だけを解いているとなかなか理解しにくい部分かなと思います。なので、分からない文法が出てくれば、文法書等を見て、基礎的な部分に立ち返って勉強していくというのが一番いいと思います。

SB

1時間目はsomeとanyの違い、2時間目は提案や申し出等の表現を、文法を解説しながら紹介しました。かなり多くの表現を紹介したので、日常生活やベルコに来た時、また外国の方と話す機会があればその時に積極的にこれらの表現を使って、徐々にボキャブラリー、使える表現の幅を広げていきましょう。

英語の表現の幅を広げたいのであれば、無理やりにでも会話で使うととても頭にのこるのでおすすめです。普段勉強しているときに使えそうな表現、単語があれば、それを使った自分がよく使いそうな文章を作り、使える状況が来れば積極的に使っていきましょう!

授業の最初に聞いた質問を掲載しておきます。

  1. What is the best purchase you’ve ever made?
  2. What would your last meal be?
  3. What is some stereotypes about your prefecture/city etc?

I really enjoyed chatting with you guys!

Have a good weekend, and I’ll see you next week!!

Kaz

 

2018. 10. 5. Friday: TOEIC 600

19:00-20:00: 1 student
20:00-21:00: 3 students

Thank you for coming!

今日のポイントは、「全部読まない」ということです。

問題を多く解くとだんだんと慣れてくるのですが、始めに設問文、また選択肢に目を通して何を聞かれているかを判断し、答えに必要な情報をピンポイントで見つけるということが大切です。

全ての文章を丁寧に読んでいると時間がないので、できるだけ多くの問題に触れて英語の文章構成に慣れ、どこに何の情報が書かれているかをできるだけ早く判断する練習もしておくと点数も上がってきます。そのためには、接続詞や目的を表す表現など後にどんな内容が書かれてあるか予測がつく表現に慣れておく必要があります。これも多くの英語の文章に慣れ(もちろん日本語で訳さずに英語を英語で理解する練習が必要ですが)、英語を前から読む訓練をしておきましょう!

Kaz

2018. 9. 28. Friday: TOEIC 600

19:00-20:00: 1 student
20:00-21:00: 2 students

Thank you for coming!

今日は、Part 3, Part 6の問題を解いていただきました!

問題を解いていただいた後はいつも精読の時間をとっていますが、普段勉強するときもすぐに日本語訳を見ずに自分で文法や単語から意味を考え、精読することをおすすめします。

すぐに日本語訳を見てしまうと、どうしても分かった気になってしまうので、自分ですべての文章を詳しく読み込んで文章全体の意味を把握し、それから答えを確認して自分の解釈と合っているかどうかを確認しましょう。

間違った解釈をしてしまっている場合は、単語の意味を履き違えているか、文章の意味を自分なりに解釈してしまっているので、正確な文法を踏まえたうえで英語の認識にあわせていく、チューニングのようなものが必要になってきます。これをするときにもまずは自分でしっかり考えるという過程が必要なので、是非普段の勉強にも精読を取り入れましょう!

Kaz