2018. 7. 14. Saturday: TOEIC 600, SB

11:00-12:00: 7 students
12:00-13:00: 7 students
14:00-15:00: 6 students
15:00-16:00: 6 students

Thank you so much for coming! I had a lot of fun chatting with you guys!

TOEIC 600

今日は2時間ともリスニングをしました!
今日授業でしたとおりに、ひとつのパッセージにかなり時間をかけてコツコツ問題をこなしていくことも英語力向上に効果的なので、ぜひ家でも実践してくださいね!

今日の重要なポイントの一つは、「参考書なしでも英語を勉強できる理論」です笑
いいネーミングがあれば教えてください笑

普段何も参考書などを持っていなかったり、手元にスマートフォンや紙等がなくても、頭の中だけで完結して英語力を格段に向上できるという自己流の勉強法を紹介しました!実際僕も英語を勉強していたときは、ドラマや映画、論文や雑誌等で読んだり、ネイティブと会話していて使えそうだとおもった表現は必ず覚え、「次英語で話しているときにこういう話をしたらこの表現・単語をつかってみよう」と具体的に自分が話しているところを想像していました!そのときにすらすらと流暢に言えるように、どこでも頭の中で何度も何度も復唱していました。

なので、どこかで読んだり、聞いたりした表現はメモをあえて取らず、頭の中で色々応用して復唱すると、英語力がかなり伸びるのでおすすめですよ!!

SB

一時間目は、代名詞をひたすら練習しました。日常会話の中で、なかなかすべての代名詞をheやshe、それに対応する目的格や所有格の形にしてすらすらというのはかなり慣れが必要だと思います。どうしてもつまってしまったり最初はするのですが、普段から意識して練習をすると必ず慣れてくるので、普段話しているときにも、代名詞にしっかり注意して話すと言いたいことが伝わりやすくなりますよ!

二時間目は、might/must/might have/must haveを使って「推測」する練習をしました。

会話で「~かも」や「~にちがいない」というとき、どうしてもmaybeを使ってしまいがちなのですが、この表現を使うと表現の幅がかなり広がるのではないかと思います!

また、相手の言ったことに対して、自分なりに推測を働かせて「絶対こうだよね」や「こうかもしれないね」というと、会話を円滑に進めることができるので、会話でどんどん使ってみてください!

I’ll see you guys soon!!

Kaz

広告

2018. 7. 13. Friday: TOEIC 600

19:00-20:00: 2 students
20:00-21:00: 2 students

リスニングの授業は、音読を中心に、文法や単語を解説しました!

来週レビューテストで単語や文法、そしてディクテーションの問題を作るので、解答冊子p20に書いてあるwords & phrasesと、本文の内容を復習して何度も音読しておいてくださいね!

リーディングの授業では、今回はシングルパッセージの問題をまとめて数問解きました。

リーディングで特に重要なのはtime allocationで、すばやく的確に解いていかないといけないのですが、普段は精読や音読を通じて英語の型に慣れ、それから速読をするようにしていきましょう。最初から速読をして回答し答えあわせをしてしまうと多くのことを吸収できないので、文型や文法を見て、正しく意味を把握できるようにしておきましょう!

See you guys next week!!

Kaz

2018. 7. 7. Saturday: TOEIC 600 & SB

11:00-12:00: 4 students
12:00-13:00: 4 students
14:00-15:00: 6 students
15:00-16:00: 5 students

Thank you for coming today!

TOEIC 600

リスニングの授業は、音読を中心に行いました!

何度も音読をしていると、どの音が消えやすくてどの音がどうつながる、とうの法則がだんだんわかってくるかとおもいます!今日解説したポイントや、発音方法、また文章全体のリズムや抑揚等を意識して繰り返し音読すると、次に同じ表現が出てきたときにすっと頭に入ってくるようになるので、おすすめですよ!

リーディングの授業は、トリプルパッセージの問題に挑戦しました!
内容は難解で、英語を理解する以上のことが求められるので、600点を目指すのにそれほど熱を入れて勉強する必要はありませんが、思考のプロセスであったり、解答の導き方はほかのパートにも応用がきくので、ぜひ覚えておきましょう!

来週は、リスニングを2時間ともつかって徹底的に練習したいと思います!おそらく、聞こえ方が変わるのがなんとなくつかめるかと思うので、一度試してみます!

SB

一時間目は、動名詞しか目的語に取れない動詞を解説しました!
-ingの形は、過去志向で、「具体的にある行動が想起されている」場合に使います。例としては、stop, postponeなどですが、すべてある特定の行動がすでに行われているからこそ「辞め」たり、「延期したり」することができるわけですよね。
toはそれに対して、未来志向です。これは、もともとtoのイメージが「~へ向かっていく」というニュアンスがあるからです。

このポイントを押さえておいてくださいね!

二時間目はwould haveを解説しました!

基本的なイメージは、「~しただろうに」と、実際には行っていないことを表現するときに使われます。
今日の例文の中で便利な表現や会話でよく使われる表現をいれたので、ぜひwould have以外にもおぼえていただいて、会話でどんどん使っていただければと思います!

Anyway, thank you for coming today, and I’ll see you soon!

Kaz

2018. 7. 6. Friday: TOEIC 600

19:00-20:00: 4 students
20:00-21:00: 4 students

Thank you for coming!!

リスニングの授業では、ディクテーションと発音を中心に授業を行いました!

今日は音の繋がりや消滅を意識しながら入念に音読をしました。1回2時間ともリスニングにしようと思ってるんですけど、どうですかね?笑

1時間みっちり発音練習と音読を繰り返して、全文覚えてしまうくらいまですると聞こえ方も変わってくると思うので、来週か再来週くらいに2時間ともリスニングをしようかと思います!で、次の週は2時間リーディングっていう風にしようかなと漠然と考えてます笑

今月末のTOEICを受験される方が多いので、これまでは文法や解答の解説を中心にやってきましたが、来週と再来週くらいは実践的なテクニックや解法、問題を解く流れを中心に説明しようかと思います。

家で復習される場合は、今日のように正しい発音で文章を何度も音読して、最終的には何も見ないで暗唱できるくらいまで繰り返すとかなり力になりますよ!注意点は、日本語訳を覚えるのではなく、実際の状況をイメージしながら、自分が話している感覚で音読することです。「次に英語を話しているときにこのような状況になったら、この文章を真似しよう」という意識で英語を読むと吸収も速くなって英語力がグーンと伸びるのではと思います!

リーディングの授業では、ダブルパッセージの問題を解いていただきました!

少し余談でしたが、typoglycemia(タイポグリセミア)という現象についても説明しました。

タイポグリセミア現象とは、単語の始めと終わりの文字さえ合っていれば、たとえ真ん中のスペリングがめちゃくちゃでも読めてしまうということです。

Yuo’re albe to raed tihs, rihgt?

普通に見るとぐちゃぐちゃですが、ちゃんと読めてしまいますよね。

僕は、この現象が英語を読むときにも起こりやすいと思います。つまり、語順がどうであれ、文章に出てくる単語や表現や、それに関する自身の経験に基づいて文章の大意がなんとなく推測できてしまうんですよね。こまかい語順はわからないけど、なんとなくこういう意味だということは分かる、というのは英語を始め外国語を勉強する時によくあることです。ただ、英語の意味を正しく解釈するためには、やはり正しい語順で、英語のイメージを掴んで読むということが重要です。やはり複雑な文章になるにしたがって、正しい語順や文法を踏まえて英語を読まないでいると重要な勘違いをしてしまうことがあります。僕も英語を習いたての頃はなんとなくで分かるという状態で試験に臨み、一つの文章の解釈を間違えてそれ以降間違えた解釈で文章をさらに読み進めてしまって不正解が多発、、ということがよくありました。笑

このようにならないためにも、一見「そんなの習わなくてもいいのでは?」と思う文型や品詞等は、言語学習者にとってとても重要です。文法は本当に面倒くさくて難しいと感じますが、ある一点を越えてしまうと「これの何がわからなかったんだろう」と感じるようになるので、文法の勉強は是非頑張ってください!

余談でしたが、英語学習を進めるうえで誰しもがつまずくポイントだと思うので、頭の片隅にでも置いておいてください!笑

Have a good weekend, I’ll see you soon!

Kaz

2018. 6. 30. Saturday: TOEIC 600, SB

11:00-12:00: 4 student
12:00-13:00: 4 students

14:00-15:00: 4 students
15:00-16:00: 4 students

Thank you for coming!

It’s freakishly hot and humid outside, so make sure you drink lots of water to prevent dehydration!

TOEIC 600

リスニングの授業はPart 4の問題を解いていただきました!飛行機のアナウンスの問題でしたが、単語や文章が少し難解だったと思います。しっかり復習して飛行機のアナウンスの問題がTOEICで出てきたときにはしっかり答えられるようにしておきましょう!

リーディングの授業はPart 7のダブルパッセージの問題を解いていただきました!

かなり難易度も高かったので苦労したと思いますが、重要単語をしっかりおさえて、次同じような表現が出てきたときには意味を取れるようにしておきましょう!

解答冊子に書いてある単語はすべて覚えているように復習しておきましょう!

SB

一時間目はbarelyの使い方、二時間目は冠詞をがくしゅうしました!

BARELY

・ほとんど~でない(否定的なニュアンス)

  1. We barely know each other. ______________________________.
  2. Her voice was barely audible. ____________________________.
  3. The apartment was barely furnished, so __________________________.
  4. I barely slept last night, so _____________________________.
  5. I can barely hear the TV, so would you ______________________________?
  6. I can barely use _________________.
  7. I can barely see the road in the fog. ______________________.
  8. They have barely enough to pay the rent for this month.
  9. There was barely enough room for the two of them.
  10. He was so dizzy so he could barely stand.

日常会話でもよく出てくる単語なので、ニュアンスをしっかりつかめるようにできるだけ多くの例文に触れましょう!

二時間目は冠詞について学習しました!

もう一度おさらいしておくと、

a+名詞…初めて話題に出るモノ、不特定の一つ、話し手と聞き手が同じものを共有していないときについて、モノに言及するときに使います。

the+名詞…一度言及されたもの、状況・文脈などから一つに決まるもの、一つしか存在しないもの、話し手と聞き手が同じものを共有しているときに使います。

補足としては、冠詞なしの複数形は一般的なあるものについて言及するとき(”犬が嫌い”のときの”犬”)に使い、the+複数形は、ある特定のグループのモノを言及します。また、後者は「すべて」という意味も含むことが多くありますが、それは「一つに決まるグループ」、つまりその複数のもの全体を指すからです。

この冠詞を間違うと、ときに混乱を招くことが多くあるので、普段から意識して使い分けておくことがスムーズなコミュニケーションをするときに大切です。英語を読んでいるとき、ネイティブの話を聞いているときなど、冠詞の使い方に注意をするととても面白いと思いますよ!

Have a good weekend, and I’ll see you soon!!

 

 

2018. 6. 29. Saturday: TOEIC 600

19:00-20:00: 1 student
20:00-21:00: 1 student

Thank you for coming in this heavy rain today!

リスニングの授業は、発音練習をしてから問題を解いていただきました!

今日の発音は、日本語で「ア」と書かれる発音です。英語では、この「ア」の発音のバリエーションが多くあるので、違いを聞き取れるように、また自分が話す時にもきちんと発音できるようにしておきましょう!自分が普段から違いに気をつけて発音をきちんとしているとリスニングの時にも聞き違いをすることがなくなります!できるだけ「ア」という発音の概念は捨てて、英語の発音方法で正しく発音できるように練習しておきましょう!単語を調べるときもできれば発音記号を見て正しい発音で覚えるようにしましょう!

Pronunciation
æ… cat/ hat/ at/ clap/ plan/ active
ʌ… cup/ hungry/ honey/ tub/ club
ə… ago/ about/ attack/ sofa
ɑ… hot/ top/ rock/ lock/ bottom

以下は、今日の問題文中に出てきた、「ア」の発音を含む単語です。違いを意識しながら何度も本文を音読するとリスニング力があがりますよ!日本語の視点から見ると全て「ア」で些細な違いだと思われるかもしれませんが、英語ではこの発音の差が意味の違いを生むので、それに普段から気をつけるようにしておきましょう!

shoppers/ anniversary/ a/ canned/ vegetables/ stop/ can/ want/ available/ at/ thank/ our/ loyal/ customers/ past/ continue/ come

リーディングの授業では、前回の分詞構文の復習テストを解いていただいた後、問題を解いていただきました!今回は時間制限は設けず、全ての問題に対して根拠もじっくり考えた上で論理的に回答を導く練習をしていただきました!もちろん制限時間内に問題を解いたり、速読をして問題を解くことも非常に重要ですが、今回のように練習問題を解くときはじっくり精読した上で、しっかり論理的プロセスを経て回答するということも重要です。この二つを並行して普段から問題を解いておくとリーディングの力も上がるのではないかと思います!

精読を行う時は、かならず主語や動詞、目的語などを明確化した上で、その語順どおりに(たとえ日本語として不自然であっても)意味を取ることが大切です。最初からなんとなく意訳をしてしまうと英語の基礎が身につかず複雑な文章になると意味が分からなくなってしまうので、初めは品詞や語順に忠実に解釈し、それを踏まえたうえで大意を把握するというプロセスを必ずたどるようにしましょう!
来週の復習テストは、今回重点的に解説した比較的複雑な文章をそのまま抜粋して訳していただくので今回分からなかった、もしくは難しかった文章についてはしっかり復習してきましょう!

Kaz

2018. 6. 23. Saturday: TOEIC 600, SB

11:00-12:00: 4 students
12:00-13:00: 4 students

14:00-15:00: 6 students
15:00-16:00: 8 students

Thank you for coming! Sorry for the late post!

TOEIC の授業はまず発音練習をしてから問題をどんどん解いていただきました!また、軽くTO不定詞にも触れたので、復習して完璧にしておきましょう!文型を把握するうえでも大切なので必ずマスターしておきましょう!

tʃ – dʒ

tʃ: watch, stretch, which, check, chalk, each, speech
dʒ: jacket, joke, just, jump, edge, schedule, orange

Grammar; to不定詞
3つの用法(形容詞と副詞の役割を思い出しましょう!)
名詞的用法 To figure out a solution is always challenging.
形容詞的用法 I have many books to read over the weekend.
副詞的用法 I am taking the course to learn more about programming.

Vocabulary
excerpt… An excerpt is a short piece of writing or music which is taken from a larger piece.
assign… If you assign a piece of work to someone, you give them the work to do.
go through…If you go through a list, story, or plan, you read or check it from beginning to end.
draft… A draft is an early version of a letter, book, or speech.

来週もこの英語の定義をもとに復習テストを作ってきます!

リーディングは短いスピーチのあと、問題をどんどん解いていただきました!なんとなく解き方は掴んでいただけたかなと思いますチャット形式の問題にも慣れておくため、繰り返し解くことをお勧めします!
来週のスピーチのテーマは”What makes a good presentation?”です!

SBの授業は、1時間目に先日の地震に関する記事を読み、2時間目に主語と動詞の一致について解説しました!
ハンドアウトの内容を再度載せておくので、復習としてもう一度解いて答え合わせしておきましょう!とにかくイメージが大切ですよ!
1. I sent invitation cards to George and Chris but neither of them have replied.

2. Both of his parents are from Gifu.

3. Every students have to submit this assignment by next Monday.

4. Two thirds of the total floor of the building have already been occupied.

5. The number of immigrants entering the country illegally are increasing.

6. A large number of people was present at the party last night.

7. Either he or she are teachers here.

8. All the food served was pretty tasty.

9. All the people at the conference from Osaka.

10. No one knows the truth.

11. Bread and butter are my favorite breakfast.

12. Not only you but your ex are invited to the party.

13. Neither of my sisters speak Japanese.

14. Have any of my suggestions help you?

15. None of my children have blonde hair.

16. One of my friends is going to go to Kyoto tomorrow.

17. Mathematics is the subject I hate the most.

18. Two hundred dollars is just enough to get this ticket.

19. The people enjoys nature and spends most of their time outside.

20. Your wife as well as you are invited to the reception.

みなさん地震大変そうでしたが、無事でなによりでした!日頃から準備しておくことも大切だなとみなさんと話していて改めて感じました笑 良い防災グッズなどあればまた教えてくださいね!

Kaz

2018. 6. 22. Friday: TOEIC 600

19:00-20:00: 2 students
20:00-21:00: 2 students

Thank you for coming today!

Listeningの授業では、Part2の解き方を主に解説しました!

今日のポイントは、

1.似た発音の単語、もしくは簡単に連想できるような単語・表現の入っている選択肢はひっかけの確率が高い

2.質問文に直接答えていなくても自然な受け答えになっている選択肢を選ぶ

ということです!テクニックにはなるのですが、この考え方で、聞き取れなくても正解の選択肢を選ぶ確率は高くなるので、問題をどんどん解いて慣れましょう!

Readingの授業は、分詞・分詞構文を解説して、実際に問題を解いていただきました!この分詞の考え方がいろいろなところで活きてくるので、復習してこの考え方をマスターしておきましょう!

分詞

・現在分詞を用いて名詞を修飾する

  1. sleeping baby
  2. interesting book
  3. baby sleeping in the sofa
  4. book interesting to read online
  5. A festival celebrating town’s heritage
  6. a president heading several small pharmaceutical companies
  7. an amateur athlete looking for a challenge
  8. crepes filled with delicious fruit
  9. a company working in collaboration with ABC Industry.
  10. a firm focusing on educational activities

・過去分詞を用いて名詞を修飾する

  1. broken watch
  2. stolen watch
  3. watch broken by my friend
  4. watch stolen in Spain
  5. box closed in front of people
  6. a lot of accidents caused by dangerous driving.
  7. a study conducted by the Center for Management Development and Assessment
  8. an important decision made in the board meeting
  9. skills required to apply for the job

Practice

  1. surprising discovery
  2. an exhausting journey
  3. the food served by the catering company
  4. customers using a credit card
  5. the computer repaired by my friend
  6. an audio file (attaching, attached) to this e-mail
  7. an order (placing, placed) after 5 p.m.
  8. a company (establishing, established) in Chicago in 2005
  9. a building conveniently (locating, located) near a subway station
  10. This company provides competitively (pricing, priced) solutions

分詞構文

When I saw the pictures, I recalled my childhood memories.

=Seeing the pictures, I recalled my childhood memories.

(その写真を見た時、子供の時の記憶を思い出した。)

理由・原因

Because I was busy, I couldn’t go to the aquarium with them.

=Being busy, I couldn’t go to the aquarium with them.

(忙しかったので、彼らと一緒にその水族館へ行けなかった。)

付帯状況(ある状況に、他の状況が追加して説明される)

I was studying in the classroom while I was listening to my favorite music.

=I was studying in the classroom, listening to my favorite music.

(大好きな音楽を聴きながら、わたしはその教室で勉強していた。)

A friend of mine came to my house two days ago, and said that he finally got married.

=A friend of mine came to my house two days ago, saying that he finally got married.

(2日前に友達の一人が私の家にやってきて、ついに結婚したと言った。)

条件

If you use this device, you can watch movies, read books, and listen to music

=Using this device, you can watch movies, read books, and listen to music.

(このデバイスを使えば、映画を観たり、本を読んだり、音楽を聴いたりできます。)

結果

The big typhoon hit my hometown, and (as a result) it destroyed more than two hundred houses.

=The big typhoon hit my hometown, destroying more than two hundred houses.

(その大きな台風が私の地元の街を直撃し、200戸以上の家を破壊した。)

慣用表現

Generally speaking (一般的に言えば)

Generally speaking, a strawberry is a fruit.

Judging from (~から判断すると)

Judging from the place where strawberries grow, they are vegetables.

Speaking of  (~と言えば)

Speaking of fruits, did you know a strawberry is a vegetable?

Considering  (~を考慮すると)

Considering how smart you are, you must have known that a strawberry is a vegetable.

 

ルール

元の文章のWhen, if, whileで始まる節の主語と、主文の主語が一致していること

分詞構文の作り方

Because I lifted it quickly, I felt a sharp pain on the lower back.

  1. まず、主語が同じことを確認する
  2. 接続詞・主語を消去
  3. 動詞をing形に

Lifting it quickly, I felt a sharp pain on the lower back.

・Practice

  1. 母が部屋にやってきて、勉強しなさいと言った。
  2. 私はコーヒーを楽しみながら本を読んでいた。
  3. テレビをみながら、兄にコーヒーを買ってくるよう頼んだ。
  4. Because this book is written in plain English, it is very easy to understand.

Homework

  1. Talking to strangers, I always feel nervous.
  2. Seeing a policeman, the thief ran away.
  3. Seen from the plane, the island looked like a whale.
  4. Supported by his large staff, he finished the presentation successfully.
  5. The man, shocked at the news, couldn’t speak a word.
  6. Not having time, I didn’t read the magazine this morning.
  7. Having read the novel, I already knew the ending of the movie.
  8. Having finished the work, I have nothing to do now.
  9. Having spent all her money, she walked home from Umeda.

 

withを使った付帯状況の表現

with A V-ing/V-ed  AがVしている(された)状態で

・withのイメージ…一緒にある

with my parents/ with my friends/ mix A with B/ agree with/ compare A with B

with my mouth full/ with my friends sitting next to me/ with the book closed/ with her legs crossed

Homework

  1. The dog was there with his tongue hanging out.
  2. He was sleeping with his arms folded.
  3. He left the car with the engine running.
  4. She was sitting on the chair with her eyes closed.
  5. Don’t talk with your mouth full.
  6. She was standing with her coat on.
  7. He sat on the sofa with his legs crossed.
  8. He waited for two hours with his bag opened.
  9. I made a speech in front of 100 people, with my heart beating.
  10. He stood against the wall with his hands in his pockets.
  11. With your children away, you must have a lot of free time.

Homeworkと書かれた部分はできれば何度も解いて練習しておきましょう!日常会話でもよくつかわれるものなので、100%理解しておくようにしておいてください!

See you guys soon!

Kaz

2018. 6. 16. Saturday: TOEIC 600, SB

11:00-12:00: 3 students
12:00-13:00: 4 students
14:00-15:00: 3 students
15:00-16:00: 2 students

Thank you for coming today!!

TOEIC 600

リスニングの授業は、発音と、part2を解くコツを解説しました!

ここに掲載しておくので、もう一度確認して復習しておきましょう!

Pronunciation
p… power, pot, peel, pan, paper/ upon, open, kept, speak/ hope, tap, mishap, clap
b… be, ball, baby, book/ about, suburb, hamburger, husband/ grab, tab, cab, club

tips

できるだけはじめは息を強めに出して発音練習しましょう!音読をするときも、できるだけ正しい発音でするようにするとリスニング力がとてもあがるのでおすすめですよ!

Part 2 解き方
1. ひっかけ問題について
出てきた単語が書いてある選択肢は疑う、ということを覚えておいてください!

2. 聞くポイント
文頭(疑問詞)を聞き逃さないように気をつけましょう!

リーディングの授業は文型を復習しました!正しい意味をとるために文型の知識は欠かせないので、はじめは文章を読むときは必ず文型を意識して忠実に訳して解釈するようにしましょう!

5文型

 

第1文型 S+V
Everyone laughed.
Years passed.
He runs every morning.
The conference ended at four p.m.
The sun is shining brightly.
He is running at the park.
M(Modifier)がなくても文章が成立します。

第2文型 S+V+C S=Cの関係が成り立ちます。
The dog is very cute.
She is a teacher.
He kept calm during the meeting.
She remained silent.
She became quite friendly.
I got older.
The milk has gone bad.
The leaves have turned red.
She looked pretty surprised.
Peaches taste sweet.
The perfume smells great.

第3文型 S+V+O
I ate breakfast.
She studies English.
He drank a glass of milk.
I like to play the guitar.
He put his hands in his pockets.
He provided us with sufficient explanation.
The teacher explained the scientific theory.

第4文型 S+V+O1+O2
He gave me a word of advice.
She told her baby the story.
I showed her some of the pictures.
The company offers us many opportunities.
The woman teaches English at school.
Pass me the salt.
She bought her father a tie.
I will find you a vacant seat.
She got me a new bicycle.
It takes me an hour to commute.

第5文型 S+V+O+C  O=Cの関係が成り立ちます。
I named the cat John.
I made the room dirty.
I painted the roof blue.
He pushed the door open.
I dyed my hair green.
I call her Sally.

SBの授業は、一時間目は関係副詞、二時間目はevenについて学習しました!

関係副詞は、前置詞+関係代名詞です!
単なる関係代名詞と間違えないように復習しておきましょう!関係副詞のあとは必ずフルセンテンスが来るので、気をつけましょう!

Evenのイメージは「平等、基準」です。

「ある基準、予想を超えている」イメージ(普通はこうだけど、それよりもさらに…)
The exam was too difficult! I heard that even Steve couldn’t answer most of the questions.
Convenience stores are open everyday, they’re open even on Christmas.
He loves Heat-tech so much, he even wears it in summer!
Even I understood what the teacher said.
Even though there was no one who I was familiar with, I enjoyed the party!

「ある基準、予想を下回っている」イメージ
My highschool teacher can’t even teach!
He is going to try skydiving, but he can’t even stand on a stool!
My daughter doesn’t even know how to walk yet, but he gave my daughter a pair of running shoes.

Evenを使った表現
even + 比較級
The movie was even better than the last one.
He is the tallest guy in the school, but his sister is even taller!
even out
She has far more candies than he has. We gotta even it out a bit.
Not even close
“Do you know which country has the biggest population?” “Taiwan?” “Not even close.”
We are not even close to being ready.

Practice!!
1. Even a little baby can

2. I’m so tired… I don’t even want to

3. We’ve been cycling for more than 10 hours… I can’t even

4. Even back when I was an elementary school student,

日本語訳で覚えるのではなく、英語のイメージで考えるようにすると、実践でも使えるようになると思います!

I really enjoyed chatting with you guys!! Have a great weekend and I’ll see you next week!

Kaz

2018. 6. 15. Friday: TOEIC 600

19:00-20:00: 2 students
20:00-21:00: 2 students

Thank you for coming!

今日はリスニングの授業は続きのpart 4の問題を実際に解いていただきました!

part 4 を解くにあたって、重要な点を解説したのでそれをここに書いておきます。part 4の問題を解くときは意識して問題を解くようにするとだんだん正答率も上がってくるのではないかと思います!

まずは、What is the purpose of ~?という問題です。基本的にどのような内容であれ、一番初めか二文目辺りに、全体の要旨に言及される場合がほとんどです。これは日本語でも英語でも同様ですが、今から話す内容を短く簡潔に冒頭で言うと思います。なので、問題を先読みした際に、この問題のように全体の要旨を問う問題があれば、冒頭部分は聞き逃さないようにしましょう。ただ、一番初めの部分が聞き取れなくても、その後の内容で推測が出来る場合がほとんどだと思うので、もし分からなくても続きに集中しましょう!

二つ目に解説したポイントは、問題番号と、出題される部分の順番は対応している場合が多いということです。つまり、一問目は本文の前半から、二問目は中盤から、三問目は後半からという風になっている場合が多いということです。

リーディングは、いつも通り短いスピーチを行っていただき、問題を解いていきました!

全体として意味はとても通っていたのでとても良かったです!補足的に紹介した表現、文法上のポイント等も、TOEICではよくでてくるので覚えておきましょう!

リーディングは、かなり端っこに書かれているところが答えの根拠になることもあるので、答えがなかなか見つからない場合は、全然注意していなかった箇所を見るといいとおもいます!

今日紹介した単語・表現は来週復習テストで出題するので、また覚えて来て下さいね!

Have a good weekend, and I’ll see you soon!

Kaz