2018. 9. 15. Saturday: TOEIC 600, SB

11:00-12:00: 3 students
12:00-13:00: 3 students
14:00-15:00: 2 students
15:00-16:00: 4 students

 

Thank you all for coming!

TOEIC

今日もいつもどおり、Part 1の問題を解いていただきました!だんだんPart 1に出てくるボキャブラリーが増えてきたと思います!canopy, awning等日本語訳を聞くとぴんとこない単語がいくつか出てきたと思いますが、Part 1は写真なので、(Part 1でない場合もそうなのですが)画像検索をかけて、実物を見、これがcanopy, awningかと思っていただくほうがいいと思います!

普段からなにか単語を調べるときも、日本語訳で覚えずにイメージで捉える意識で勉強していただければと思います!

SB

1時間目は、question tagsを学習しました。

ルールは覚えられても、なかなか会話の中で自然と使うには慣れないといけないので、どんどん会話の中で使って感覚をつかめるようになりましょう!

映画、ドラマ等では本当に会話の流れで自然と使われているので、それを参考にして勉強するのもとてもいいと思います!

2時間目は、ずっと話してましたね笑

出てきた重要表現だけ確認しておくので、復習しておいてくださいね!

see O Ving… OがVしているのを見る

prohibit O from Ving…OがVするのを禁止する

in the first place…そもそも、第一に

shear…(羊の毛など)を刈る

weird…変な

fermented…発酵した

rotten…腐った

これだけ見ると何の話ししてたんだってなりそうですね笑

I hope you enjoyed the lessons and learned something!

Have a great weekend, and  I’ll see you soon!

Kaz

広告

2018. 9. 14. Friday: TOEIC 600

19:00-20:00: 4 students
20:00-21:00: 4 students

Thank you all for coming today!

TOEIC 600

今日のブログは、「リスニングに対する考え方 」についてです!

Part 2の問題を解いていただきました!なかなか問題が解けない方は、「自分が使うとすればどういった状況で、どう使うか」を常に考えて英語を勉強することがコツです!

英語は言語なので、ある表現・文章が文脈に合っているか、適切な場所、状況で発信されているかという「空間性」が存在し、また英語を話しながら次に来る言葉を考えて文章を順番に作っていく「時間性」が存在します。「空間性」は比較的分かりやすいですが、「時間性」は分かりにくいかもしれません。簡単に言えば、日本語を話しているときには、あらかじめ文章を頭の中で練ってから発信せず、話しながら次に来る適切な言葉を考えながら発信していますよね。これが「時間性」です。

どうしても紙の上での勉強、特にTOEICなどのように、ある具体的な日常の場面から切り離された、既成の固定的な英文で英語を学習していると、英単語や文法などは勉強することができますが、その「時間性」を意識するのはなかなか難しいです。なぜこれが重要かと言うと、リスニングは人が話していること(つまり時間の流れを伴う)を理解するのがその趣旨なので、英語の感覚で、言われた順番に英語を処理し、解釈していくことが必然的に重要になってきます。この感覚を身につけるためには、日本語訳で英語を理解するのではなく、英語で英語を理解しようとする意識が必要になります。これはどうしても日常生活などある程度文脈を持った英語に普段から触れておく必要があるため、TOEICのテキスト、授業で出てきた表現や単語は常に「どう実際に日常の中で使われるか」ということを意識しなければなりません。しかしこの文脈と言うのも厄介で、必ずしも日本国内の場合のみを考えるのではダメで、他の国でどう使われるかを知らなければならないので、海外の文化を勉強することも英語の勉強の一つになってきます。英語が上達してくると、海外の文化(特にアメリカ文化、イギリス文化)を知らないと分からない表現、感覚が出て来るので。なので、海外のドラマ、映画を観たり、本を読んだりすることもとても良い英語の勉強ですよ!

訳語というものの本質は、様々な場面において様々な意味で使われる単語に対して、一番普遍的・一般的な言葉を当てはめたものに過ぎません。言語というものはもっと流動的なので、より多くの例文、用例に接し、ある言葉に対する感覚を磨いていかなければなりません。なので、辞書の意味で覚えるのではなく、できるだけ多くの使用例に接して、その核となるイメージを掴む意識で勉強することが英語力を上げる第一歩です。また、やはり言語は人によって話されるものなので、実際の発音も知らなければなりません。これを一番効率よく習得する方法が、「真似をすること」だと僕は思います。たくさん真似をして、リズムやイントネーションを掴んでいくことで、リスニング力も上がってきます。ただ、正しい発音方法は聞いただけでは分かりにくいので、誰かに正しい発音方法を教えてもらうか、インターネット等で検索したり本を読んだりしてコツコツと試行錯誤しつつ練習するのが一番の近道です。

これらのことを普段の勉強で意識するだけでも、英語に対する考え方が少し変わってくると思うので実践してみてください!また授業でもどんどん質問していただければ、どんどん答えるので、是非気軽に聞いてくださいね!

Good luck!

Kaz

2018. 9. 8. Saturday: TOEIC 600, SB

11:00-12:00: 4 students
12:00-13:00: 4 students
14:00-15:00: 6 students
15:00-16:00: 7 students

Thank you for coming!

TOEIC 600

Listening

今日もリスニングPart 1の問題を解いていただきました!

そろそろwear とput onの違いは覚えていただけましたか?(笑)

来週以降もこの2つは出していくので、かならず覚えておいてくださいね!また金のフレーズのパート1重要語100も予習して備えておいてくださいね!

Part 2の質問は日常会話でも使うものが多いので、実際に使ってみる練習をこれからどんどんしていこうと思っています。家でもpart 2の問題を解くときは、「どう使えるか」、「どうこたえるか」を頭の中でシミュレーションしておいてくださいね!

Reading

今日もPart 5の問題を解いていただきましたが、解説は精読を中心に行いました。普段から、主語動詞目的語を把握して、文章全体の構造を把握して、全体として自分が納得するまで読み込むと、英語力が上がるので、精読の時はじっくり1文1文に時間をかけるようにしてくださいね!

また宿題は添削くして来週返却します!

SB

1st lesson

未来進行形をしました!

  1. I’ll be studying in the library tomorrow morning.
  2. She’ll be boarding around this time tomorrow.
  3. I’ll be taking a shower at three p.m. tomorrow.
  4. Ken will be driving his car this evening.
  5. It’ll be raining at eight p.m. tomorrow.
  6. I think I’ll be having dinner when you come home today.
  7. He’ll be sleeping when you get home.
  8. I’ll be working in Tokyo at this time next year.
  9. I’ll be waiting in front of TSUTAYA.
  10. She’ll be working out at the gym, so you won’t be able to get ahold of her.

例文を掲載しておくので、ちゃんと意味がわかるか復習しておいてくださいね!

日常会話では、「明日の~時は勉強してるよ」「じゃあここで待っておくね」というように未来の一時点で進行していることを表現する際に使います。今日授業で練習していただいた通りなので、その状況になったらぜひ未来進行形を使ってみてくださいね!

2nd lesson

関係詞の非制限用法というものを学習しました。

I have a daughter who is a doctor.

I have a daughter, who is a doctor.

この違いはもうわかりますよね!

日常会話では、「情報を付け足す」ときに用いられます。

My mother, who is in her sixties, is a doctor.

このように、思い出したように情報を付け加えるイメージで使えるのでとても便利ですよ!

関係代名詞の知識も必要なので、また復習しておいてくださいね!

Have a good weekend, and I’ll see you soon!

Kaz

2018. 9. 7. Friday: TOEIC 600

19:00-20:00: 6 students
20:00-21:00: 6 students

Thank you all for coming!

Listening

Part 1の問題をまた解いていただきました!

ポイントは、写真を先読みすることでしたね!何度も問題を解いていると、同じパターンに出会ってだんだん慣れてくるので、できるだけ多くの問題に触れるようにしましょう!

Part 2のポイントは、ひっかけ問題に気を付けることですね!100%とは言いませんが、質問文に入っているものと似た発音の単語、同じ単語が入っている選択肢はほぼ間違いです。また、簡単に連想できてしまう単語の入っている選択肢も間違いの場合が多いので、怪しみましょう!

Reading

Part 5の問題は選択肢を先に読んで、何を問われているか確認してから空欄の前後を読み、正解を選びましょう!

また語彙の問題もかなり出題されるので、普段から単語集を読み込んで語彙力を上げておきましょう!

また、文型、関係代名詞、分詞など、文章構造を把握する練習も、復習とともにしておくとどんどん読解力が上がってくる素地ができるので、復習は必ずしておきましょう!

Have a good weekend!

Kaz

2018. 9. 1. Saturday: TOEIC 600, SB

11:00-12:00: 4 students
12:00-13:00: 4 students
14:00-15:00: 7 students
15:00-16:00: 6 students

Thank you all for coming!!

TOEIC 600

Listening

初めにまたPart 1の問題を解いていただきました!金のフレーズや、テキストで出てきた表現を中心に出題しているので、必ず復習しておいてくださいね!

来週もまた問題を作ってくる予定で、金のフレーズやテキストで出てきた表現、単語を入れようと思っています。Part 1の問題もパターンがあって、よく出てくる単語等もかなりあって点数が上げやすいので、次回の本番ではPart 1を全問正解できるように普段から勉強しておきましょう!

Reading

Part 5の問題を解いていただきました!

最初のほうの問題は特に、全文を読む必要はなく、選択肢と、空欄の前後もしくはキーワードのみを見て即答できるものはしてしまいましょう。これも多くの問題に触れるとだんだんわかってくるので、Part 5の問題が苦手な方は普段から問題集等で練習しておくことをおすすめします。Part 5は文法の問題で、中には難しいものもあるので、TOEICの問題のみを解くのではなく、わからない部分があれば文法書などで調べつつこつこつと文法の知識を蓄えましょう。

SB

1時間目は、英語のことわざを学習しました!このようなことわざも、日常生活でや映画で出てきたり、ほかの表現(early birdie special等)に使われたりもするので、覚えておくといいと思います!

今日出てきたas S do(es) 「Sがするように」という表現のように、知らなかったものは覚えておくようにしましょう!

2時間目は、助動詞を一通り網羅しました!

don’t have to とmust notの違い、mayとmightの違い等、ややこしいものは整理して日常会話で使えるようにしておきましょう!今日は授業の最後に、couldの使い方を練習していただいたのですが、いろいろな文脈で出てきたりするので、普段から助動詞を使うように意識するといいと思います!

could have, should have, might have, must have等、助動詞とhave が組み合わされる形もよく日常会話で耳にするので、意味をしっかりイメージできるように練習しておくことをお勧めします!

Thank you for coming today, I’ll see you soon!

Have a good weekend!!

Kaz

 

2018. 8. 31. Friday: TOEIC 600

19:00-20:00: 1 student
20:00-21:00: 1 student

Thank you for coming!

Listeningはまた新しい問題を解いていただきました!頻出の単語、表現を入れるようにしているので、必ず覚えておいて、Part 1を解くときに予想できるくらいまで繰り返し復習しておきましょう!

写真を先読みするときはかならず、「あの表現が出てきそうだな」という風に心づもりをしておくとかなり余裕がでますし、点数も上がってくるようになるので普段から練習しておきましょう!

ReadingはPart 5の問題を解いていただきました!

Part 5の問題は必ず選択肢を先に読むようにしてください!そして、何を問われているのかを確認して、何を文中で確認すれば答えが導き出せるかを予測できるようになりましょう!

多くの問題を解いているとパターンがなんとなくわかってくると思うので、普段から日常的に問題に触れているようにしましょう!

Kaz

2018. 8. 25. Saturday: TOEIC 600, SB

11:00-12:00: 4 students
12:00-13:00: 4 students
14:00-15:00: 6 students
15:00-16:00: 5 students

Thank you for coming!!

TOEIC 600

Listening
今日はまず、作ってきたpart 1の問題を解いていただきました!
今日も話していた通り、ある程度パターンがあるのでできるだけ多くの問題を解いて慣れておくことがポイントです!

また来週も問題を3問作ってくるので、よく出てくる表現を金のフレーズの単語集で予習してきてくださいね!

Reading
Part 5の問題を解いていただきました!問題番号が後のほうなので語彙の問題が多かったですが、周りの単語のつながりや修飾の関係から推測して解く方法を少し解説したので、今度からPart 5をとくときはそれを意識して解いてみましょう!

また、出てきた単語で知らないものがあれば必ず覚えておきましょう!

SB

1st lesson

1時間目は、would have, could have, should haveを解説しました。

ハンドアウトの一部を掲載しておくので、復習として自分で文章を作ってみてくださいね!

Would have(もし…だったら)~だろうけれど。

  1. I would have come sooner, but
  2. I would have gone to your birthday, but
  3. I would have just ordered a salad because I’m on a diet, but
  4. I would have come to VELCO and taken your lesson, but
  5. I would have called you, but

Could have (もし~だったら)~できただろうけど

  1. I could have learned English while I was in the States, but
  2. I could have told you about this story, but
  3. I could have taken a long trip over the weekend, but
  4. I could have talked to her, but
  5. I could have asked him to fill in for me, but

Should have ~すべきだった

  1. I should have spend the holiday more effectively, but
  2. I should not have eaten that much, but
  3. I should have done all those things, but
  4. I should have taken a taxi last night, but
  5. I should have been more polite to him, but

would have/ could haveは、「ある一定の条件がそろえばこうしたんだけど、こうできたんだけど」という意味です。会話では、I would have, but…やI could have, but…とその前の内容を受けて「まあそうもできただろうけど」という意味で使います。

 

2nd lesson

2時間はSo that構文をしました!2種類解説したのを覚えておいてくださいね!

・so ~ that S V… 「とても~なので…」

  1. I am so tired that I can’t walk.
  2. The box was so heavy that I couldn’t even lift it.
  3. I was so busy that I couldn’t go with you.
  4. This book was so difficult that I couldn’t understand a word.
  5. I was so drunk that I can’t remember what I did last night.
  6. It was raining so heavily last night that I got drenched to the skin.

・so that S V… 「SがVするように」

  1. She wears high heels so that she looks taller.
  2. I’ll go by car so that I can take more luggage.
  3. I made some sandwiches so that we can have a snack on the way.
  4. He watches a lot of TV during the day so that he doesn’t feel lonely.
  5. I am going to study abroad so that I can improve my English skills.
  6. I had a fifteen-minute nap so that I won’t nod off during the meeting.
  7. I’m wearing a surgical mask all day so I won’t catch a cold.

例文を一つ丸暗記すると実際の会話で使えるので、おすすめです!

I hope I’ll see you soon!

Kaz

 

2018. 8. 24. Friday: TOEIC 600

19:00-20:00: 2 students
20:00-21:00: 2 students

Thank you for coming!

1時間目はPart 2の解き方を解説して、そのあと実際に問題を解いていただきました!

Part 2の解き方

①疑問詞に気をつける

まず大切なのは、文頭の疑問詞をしっかり聞き逃さずキャッチするという事です。
これによって、何を答えている選択肢が正答になるかがわかります。

なかには、yes/no疑問文、付加疑問文などバリエーションがあるので、普段からそれらの文章に聞きなれて瞬時に意味がわかるように練習しておく必要があります。

②ひっかけに気をつける

ひっかけのパターンを覚えておきましょう。

質問文と全く同じ単語が入っている選択肢にまず気をつけます。
これはほぼ間違いと思っていいと思います。質問文が全く聞き取れなかった場合は、全く同じ単語が聞こえてきた選択肢はcross outしましょう。連想しやすい単語がはいっているものも怪しんでいいと思います。

これに気をつけて解きましょう。

readingはPart 5の問題を解きました。

前回解き方を解説したとおり、

①選択肢を見て、なにを問われているかを確認

②何を問われているかに応じて、空欄の前後だけを読めば解けるのか、文章全体を読まないと分からないのか、特定の表現を探せばいいのかを判断して即答

という流れです。

文法は普段の勉強が必要なので、細かい点は確認しておいてくださいね!

I’ll see you soon!

Kaz

 

2018. 8. 18. Saturday: TOEIC 600, SB

11:00-12:00: 4 students
12:00-13:00: 4 students
14:00-15:00:
15:00-16:00:

Thank you for coming!

TOEICの分については、昨日と同じPart1, Part5を扱ったので、昨日のブログを参照してください!

Readingでのadditional vocabは、用例とともに詳しく解説したので、なんとなくイメージをわかっていただけたかなと思います!単語は意味だけを見て覚えるのではなく、実際の用例とあわせて覚えることで、よりイメージがわいて記憶に残りやすくなります。

普段わからない単語や表現が出てきたときは、用例、文章のなかでどのように使われるか、どんな単語と一緒に使われるのかをかならずチェックするようにしましょう!

来週Review Quizをしますので、必ず覚えてきてくださいね!また、Listening Part 1についても、問題を独自に作ってくる予定なので、とき方を必ず覚えておいてください!

SBの授業は、一時間目はBFみたいな感じで団地のことを語る回になり笑、二時間目はwhatの使い方を中心に学習しました!どちらもよく使われる文法なので、会話ですらすらと自分の考えをこの文法を使って言えるように練習しておきましょう!

1時間目は団地についての話を40分くらいしてましたね笑
出てきた表現をreviewしておきましょう!

cilantro パクチー
housing complex 団地
conveniently located 便利な立地にある
nearby 近くに
be supposed to ~することになっている

2時間目はwhatの使い方を学習しました!

  1. 私が誕生日に欲しいものは、新しい腕時計です。
  2. 彼が探しているものは、彼のUSBです。
  3. 私が将来にしたいことは、イギリスに住むことです。
  4. その教授が言ったことは、私たちがこの世界についてもっと知らなければならないということです。
  5. 必要なことは、よく事前に準備をしておくということです。
  6. What I want in the future is
  7. What I used to do in my childhood is
  8. What makes it difficult to study English is
  9. What I have to do next week is
  10. What is important in learning is
  11. What I like about summer is
  12. 小学校のときよくしていたこと
  13. 冬について好きなこと
  14. 小さい頃両親が許してくれなかったこと
  15. 週末にするのが好きなこと
  16. 夏について嫌いなこと

これらをもういちど完全な文章でいえるかどうか復習して、違った表現も練習しておくとかなり表現の幅が広がるので、おすすめです:-)

Hope to see you guys next week!!

Kaz

2018. 8. 17. Friday: TOEIC 600

19:00-20:00: 4 students
20:00-21:00: 4 students

Thank you all for coming!!

Listeningの授業は、Part 1の問題の解き方を詳しく解説してから問題を解いていただきました!

Directionは聞かないで写真を先読みする、選択肢の文章構造を頭に入れておく、などなど時間を効果的につかうのがpointなので、練習問題を解くときも普段から意識するようにしましょう!

また、知らない単語は、文章の中で覚えるのがポイントです。一つの単語のみで覚えてしまうとなかなか覚えられないですが、文章中でどのように使われるかを意識し、他の単語とフレーズのように覚えてしまうのが効率的で記憶にも残りやすいと思います!

Readingは、今日からadditional vocabularyを追加しました。これは、語彙がTOEICを解く上でかなり重要だからです。語彙数で点数が大きく変わるので是非日々新しい単語に触れるようにしてください!

また、Part 5の問題を解いていただきましたが、このpartについても、必ず解き方は意識しましょう!

今日学んだ単語や表現、文法は必ず復習して、どんどん使ってみてください!

語彙や表現、文法を覚えるのは、「どうやって自分が日常生活で使えるか、どんな場面で誰に対して使えるか」と具体的なシーンを想定して覚えるのがとても重要です。

これを意識して学習を進めていきましょう!

Kaz